感じてるのに濡れない…その理由と潤うカラダの作り方5選
UPDATE:2019.08.27

感じてるのに濡れない…その理由と潤うカラダの作り方5選

オトナ悩み

大好きな彼とのエッチ!感じているし気持ち良いのになぜか全然濡れない…彼に申し訳ないし全然濡れないからちょっと痛くて心から楽しむ事ができない!そんな悩みを抱えている方はいませんか?

気持ち良いのに濡れない、感じているのに濡れを持続させる事ができないとエッチ中に悩んでいる女性はとても多くいます。この記事では気持ち良いのに濡れない理由と、膣の濡れを持続させて濡れやすい体を作る方法を紹介したいと思います。

彼とのエッチで濡れない理由って何?

いつもは濡れるのに今日は全然濡れない…パートナーとのエッチが多い人はたまにそんな日を経験する事がありませんか?女性がエッチ中に気持ち良いのに濡れない理由は様々なものが考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

まず第一に女性は濡れる為にはオキシトシンというホルモンを分泌させないといけません。キスやボディタッチ、前戯などでオキシトシンが分泌されて女性器を充血させる事で濡れるのです。ただしこのオキシトシンというホルモンは肉体的原因が理由で上手に分泌されない事が多々あります。

  • 仕事が忙しくて寝不足が続いている
  • 仕事でストレスが溜まっている
  • 過度の冷え性で血行不良に陥っている
  • 水分摂取量が極端に少ない
  • 生理前後でホルモンバランスが正常ではない
  • 更年期でホルモンバランスが低下している

このような女性ホルモンのバランスが通常通りでない時は、いくら肉体的に気持ち良いと感じても濡れが悪くなり、またその濡れを継続する事もできないと言われています。仕事とても忙しくて疲れている時はテンションもあがりませんので精神的にもエッチな気分になるのは難しいでしょうから、ホルモンバランスの影響+テンションが上がらないという理由で濡れにくくなっていくという訳です。

極度の緊張

リラックスしながら興奮する事で膣内は良い感じに濡れます。反対に初めての相手とのエッチであったり前のエッチから長い間期間が空いていて極度の緊張状態にある場合は交感神経が高ぶってしまいますので膣内が濡れにくくなってしまうのです。

交感神経が高ぶる事で濡れにくくなってしまう理由は、交感神経が働き血管が収縮してしまう事が要因です。彼の触り方が的外れ、彼の事を今では全く好きではないといった時にも同様の症状が発生しますので、全く濡れない…そんな時は交感神経が高まっていることが可能性としては考えられます。

空腹

「えっ…そんな事で?」と思ってしまうかもしれませんが実は結構多いのが空腹が原因で濡れないというもの。実はお腹が空いている状態でエッチをすると性欲よりも食欲が優先されてしまうので空腹が気になってエッチに集中する事ができず気分が乗ってこないという状態に陥る可能性があるんですね。

気分が乗ってこないという事はテンションが上がらずに興奮していないという事になりますから、そういった精神的理由から濡れないという連鎖に繋がるという訳です。空腹以外にもエッチ中にエッチ以外の事を考えていると集中できずに興奮できませんので濡れにくくなります。エッチをする時はそれだけに集中し、没頭する事をオススメします。

特に女性の場合は肉体的ではなく精神的な興奮がそのまま濡れルカ濡れないかに直結する場合が多いので、濡れない人は何か別の事を考えていて集中できていないのではないだろうかと言う事を見つめなおしてみるのが良いと思います。

彼のテク不足

女性側がどうこうできる問題ではありませんが、エッチをしている彼のテクニックが全くなく気持ちよくない為に濡れないというのも原因の一つにあります。「そこじゃなくてこっちを触ってほしいのになんで…」という事をエッチ中に考えているとそちらに意識を持っていかれて集中する事ができませんので濡れにくくなります。

テクニックがある彼であればそういうエッチ中に他の事を考える余裕なく没頭する事ができますから濡れる事ができるのですが、テクがない彼の場合は気持ちが盛り上がらずに萎んでいってしまうケースがとても多いので彼のテクニックはとても大切です。

しかしこれは女性側から指摘する事はできませんよね。彼に「前戯が上手じゃないね」なんて言えませんし、もしも言ってしまったら今度は彼のテンションが落ちてしまいますのでエッチそのものがなくなってしまうかもしれません。彼の気持ちを下げないように指摘する方法としては、可愛い仕草や言い方で「私はこっちを触ってもらいたいな…」なんて言い方や「そこが気持ち良い」などと言いつつ、自分で上手にコントロールしてあげるのが良いと思います。

濡れやすくする方法を紹介

気持ち良いのに濡れない理由や原因については以上で紹介したものが一般的ですが、それではここからは彼とのエッチを更に気持ちよくする為に、濡れやすくなる体を手に入れる方法を解説していきたいと思います。濡れを持続する事で挿入時も気持ちよく、彼も喜びテンションがあがります。そんな体を作るには一体どのようにすれば良いのでしょうか。

食生活の改善

エッチの時に濡れやすい体にする為には食生活を改善する事がとても大切です。上でも説明したように濡れやすい体にする為には女性ホルモンの分泌が重要であり、その為には女性ホルモンを作る素材を多く持つ食べ物を摂取するのが理想です。特にたんぱく質や、ホルモン分泌を活性化させる亜鉛が多く含まれているのが食べ物がオススメです。

  • アボカド
  • 牛ヒレ肉
  • 納豆

女性の性欲を上昇させる事ができると言われている上記3つの食べ物は特にオススメで、精力フードとも呼ばれています。以上3点をエッチ前に食べる事で、女性ホルモンの分泌を活性化させる栄養素を摂取する事ができ、エッチの時にいつもよりも濡れやすくする事ができるという訳です。

生活リズムを整える

生活リズムを整えるというのも女性ホルモンの分泌を活性化させる上でとても大切な事です。できるだけ規則正しい食事や睡眠を心がけることで女性ホルモンは安定してきますので、どれだけ忙しくても最低でも必ず6時間以上の睡眠を心がけ、就寝前のスマホ操作で脳を活性化させて寝つきを悪くするといった事もないようにしましょう。

寝つきの悪さや栄養吸収効率の悪さは女性ホルモンの分泌に多大な悪影響を与えますので、生活リズムを改善して整える事で濡れやすい体を作る事ができます。上でも紹介したように睡眠時間が短くてイライラしている精神状態ではエッチに集中できる体とは言えませんので、まずはその改善が必要不可欠であるという訳です。日々の生活リズムを整えて、きちんとエッチを楽しめる体作りを事前にしておく必要があるのです。

焦らない

彼とのエッチでいつも潤う体を作る為には焦ってはいけません。つまり精神衛生を安定させないといけないという訳です。「彼とのエッチ気持ち良いのにどうして濡れないんだろう…」とエッチの時に考えてしまうと、それがまた逆に濡れない要因になってしまう訳ですから、彼とのエッチ中に焦らず、頭を空にして彼とのエッチに没頭する事がとても大切です。

「焦らない」と常に頭の中で考えながら彼とのエッチに没頭できる精神状態を維持できるようにしましょう。そうする事でエッチを楽しむ事ができ、濡れよう…濡れよう…とあせる事で更に泥沼にはまってしまいますので、エッチ前にリラックスできる環境をつくっておくのがオススメです。

特に良いのは彼とのエッチ前に長い時間イチャイチャする時間を作るというものです。すぐに前戯に突入するのではなく、お互いの体をまさぐりながらキスをする時間を増やしたり、もしくはベッドの脇にリラックスできるアロマを置いたり、部屋もロマンティックな色合いにするのがオススメ。そうする事で自然とリラックスしてエッチに臨む態勢を作る事ができると思います。

ストレスを溜めない

上でも紹介しましたがこれもまた女性ホルモンの分泌に大きく影響を与えるものです。日常生活や仕事などでストレスを溜め込んでいるとエッチに没頭する事ができませんので心から楽しむ事ができません。つまりエッチの時に濡れにくくなるという訳です。

ストレスを体に溜め込まず、ストレスを解消してからエッチに臨む事で心から楽しむ事ができて濡れやすい体を作る事ができます。彼とのエッチ前に抱えている悩みを話してみたり、ストレスを発散する為に運動やカラオケや買い物を行ってみたり、常に体にストレスを溜め込まないようにするのが良いでしょう。

彼と話し合う

パートナーと話し合い自分がどういうエッチが好きでどういうエッチを臨んでいるのかをしっかりと話し合うのが良いと思います。彼のテク不足で濡れにくくなるという話を上でしましたが、それも普段から彼とエッチの話をしていないのが原因です。

女性からすれば自分の気持ち良いポイントを理解してほしいと思うものですが、男性からすれば言ってくれないとどこが気持ち良いのかはサッパリ分かりません。エッチは大切なコミュニケーションツールですからお互いにどこが気持ちよくて何をされるのが好きなのかはしっかりとお互いに理解しておく事がとても大切です。

彼と話し合って自分自身の快感ポイントと彼の好きな事、これからどういうエッチをしていきたいかを話し合い、濡れない原因をお互いで解決していくのが良いでしょう。一人で悩んでいるといつまでも解決できない問題でもありますので、彼と話し合い一緒に解決していく道を探っていくのが良いと思います。

まとめ

気持ち良いのに濡れない…それはエッチをする上ではとても悩む問題の一つですよね。彼とのエッチがうまくいきませんし、濡れない事でエッチが痛くなってしまいますからそれが原因でエッチが嫌いになってしまうかもしれません。

彼とのエッチを心から楽しむ為には潤う体を作るのが大切です。上で紹介したように女性ホルモンの分泌を活性化する為の日々の食生活や生活習慣の改善、精神面も気にしながら、潤いやすいカラダ作りをしていきましょう!

オトナ悩み