かまってちゃん男の心理・特徴11個&上手な対処法を伝授♪
UPDATE:2019.07.30

かまってちゃん男の心理・特徴11個&上手な対処法を伝授♪

カップル人間関係

かまってちゃんというと女性に使われがちな言葉だと思われているような感じがありますが、でも実は男性の中にもかまってちゃんは凄く多いんです!この記事を読んでくださっているあなたも実はそんなかまってちゃん男に頭を悩ませている人の一人なのではないでしょうか?かまってちゃん男は「仕方ないな」「かわいいな」なんて思えてしまうところもあるものの、それも度を越してしまうとだんだん「めんどうくさい」「うざい」なんて気持ちになってきてしまいますよね。最初は気を使って構ってあげていたものの、徐々にかまってちゃん男のかまってちゃん度がエスカレートしてしまって…なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんなかまってちゃん男の心理や特徴、上手な対処法をご紹介していきたいと思います。かまってちゃん男に頭を悩まされてしまっているという人は是非この記事をチェックして、かまってちゃん男に上手に対処してみてくださいね。

付き合うと自分の時間を奪われる

上でもご紹介させていただいた通り、男性の中にもかまってちゃんって本当に多いんです。しかも、女性のかまってちゃんの場合打たれ強い人も多いものの、男性のかまってちゃんの場合メンタルが脆い事が多く、女性からすると「めんどくさい」となる可能性が高いいことも…。そんなかまってちゃん男と付き合ったことがあるというという人はわかるかもしれませんが、かまってちゃん男はとにかく大変!付き合うと振り回されることになります。何を隠そう、筆者もそんなかまってちゃん男と付き合っていた人間の一人。綺麗さっぱり別れて完全に過去の人になった今では「なんであんな面倒な人とずっと付き合っていたんだろう?」と不思議で仕方なく思ったものです。

かまってちゃん男の心理や特徴、上手な対処法についてはこの後の項目で詳しくご紹介させていただきますが、かまってちゃん男と付き合うととにかく自分の時間を奪われることになります。一人暮らしならまだしも、同棲をし始めたら彼のかまってちゃん度は更に増す事になるでしょう。そのうちに構ってもらえることが当たり前になり、構わないと不機嫌になるようになります。それに振り回されて自分の時間がなくなってしまうんです。「無視すればいい」と思うかも知れませんが、付き合っている時は正気を失っているので「それもかわいいな」なんて思ってしまいわがままを聞いてしまうことに…。

もちろんそんなかまってちゃん男な気質の男性全てが悪いという訳ではありませんが振り回されて大変な思いをする可能性は確実に上がるでしょう。ただし、そんなかまってちゃん男を上手にあしらうことが出来る、そんな人ならもしかするとかまってちゃん男との相性はいいと言えるのかもしれません。

かまってちゃん男の心理・特徴11個

それでは早速そんなかまってちゃん男の心理や特徴についてご紹介していきたいと思います。既に周りにかまってちゃん男がいるという人はその人の特徴と照らし合わせてみてくださいね。「もしかしたら気になるあの人はかまってちゃん男?」なんて思っている人も今回ご紹介させていただく内容を参考にしていただくといいかもしれません。

かまってちゃん男の心理・特徴その1「SNSのアイコン・プロフを頻繁に変える」

LINEやTwitterは今やほとんど全ての人がやっているといってもいいほどわたしたちの生活に浸透していますよね。かまってちゃん男はそんなLINEやTwitterなどのSNSのプロフィールやアイコンを頻繁に変える傾向にあるようです。普通ならLINEやTwitterのアイコンはなかなか変えませんよね。それでも頻繁に変えるというのは自分の存在をアピールし、構ってほしいと言っているんです。また、それと同時に周りの反応を確かめているところもあります。

かまってちゃん男の心理・特徴その2「電話やLINEが多い」

頻繁にLINEで連絡が来たり、電話がかかってきたりする場合もしかするとその男性はかまってちゃん男かもしれません。LINEが電話を頻繁にしてくるというのは間違いなくあなたに構ってほしいという証拠。構ってほしくなかったらそもそも連絡なんて面倒くさいしするはずがないのです。

このような男性の場合、こちらがなかなかLINEを返さなかったりすると怒ったり拗ねたり、なんで連絡くれないのと追及してきたり、「どうしたの?返事して」などと更にLINEのメッセージなどを送ってくる、もしくは再度電話してくる可能性もあります。こちらが「仕事が忙しくて」とちゃんとした理由を話してもそんなことはお構いなし。また、かまってちゃん男のアピール方法として可愛いスタンプを使ったり写真を送ったりして寂しさをアピールすることもあるようです。用があるなら何か文章で言えばいいものの、画像やスタンプだけを送ってくるという場合は特に内容があるわけではなく構ってアピールの可能性が高そうです。

かまってちゃん男の心理・特徴その3「不幸話をよくする」

かまってちゃん男は自分の不幸話をよく話しているようです。まるで不幸自慢かのように自分が大変だった時の話を延々と語り続けますが、これはかまってのサイン!自分の不幸話をすることで、自分は今まで苦労してきたんだぞ、かわいそうな人間なんだから構って当然なんだぞ、とアピールしているのです。そんな時は「苦労してきたんだね」と言ってあげるといいかもしれませんね。

かまってちゃん男の心理・特徴その4「弱音を吐く事が多い」

かまってちゃん男はやたら弱音を吐くことが多いようです。これはかまってちゃん男のみならず、かまってちゃんと呼ばれる人は男性も女性もこのような傾向があるのかもしれません。男らしい男性の場合は、なかなか弱音を吐くことはしませんよね。まして女性の前ならなおさら弱音を吐かないように努めるもの。しかし、かまってちゃん男の場合はその逆です。女性の前でもバンバン弱音を吐きますし、むしろ「この人に甘えられる」と認定した女性の前ではこれでもか!というほどに弱音を吐きまくります。弱音を吐くことで構ってアピールをしているのかもしれませんが、そう何度も弱音を吐かれてはこちらもかける言葉がなくなってしまいます。

だからといって適当な相槌を打つようなことをすると「どうせ俺なんて」と余計に面倒くさい事になってしまいます。全てのアドバイスを出し切ってしまった、そんなときは「前にも言ったけど、○○だよ」と「前にも言ったけど」と前置きしてから同じことをいいましょう。

かまってちゃん男の心理・特徴その5「嫉妬心が強い」

かまってちゃん男は嫉妬心が強い傾向にあるようです。負けず嫌いで嫉妬心が強く、自分だけを見てほしい…そんな風に思っているのがかまってちゃん男の特徴なのです。かまってちゃん男と付き合うようになると嫉妬心から男友達との付き合いも減るでしょうし、最悪の場合女友達との時間も減ってしまうことになるかもしれません。

かまってちゃん男の心理・特徴その6「束縛する」

かまってちゃん男は嫉妬心が強いですが、その嫉妬心から今度は束縛しようとしてくることがあります。しかも理不尽なのが、自分は束縛してくるのに自分が束縛されるのは嫌がるなど、かなりワガママな事もあります。束縛という行為自体が安心感につながっているのかもしれませんが、束縛される方は大変ですよね。

かまってちゃん男の心理・特徴その7「すぐ怒る」

かまってちゃん男はすぐに怒る人が多いようです。とにかく自分が一番。自分に構ってほしい。それが全てなので待つことが出来ないのです。自分中心にいかないとすぐに怒り始めます。怒りというのは誰かをコントロールしようとする行為です。怒ることで言うことをきかせようとしているんです。かまってちゃん男は怒りによって相手をコントロールしようとしている、そんな人なんです。

かまってちゃん男の心理・特徴その8「自分に自信がない」

そうまでしてどうして自分を一番に見てほしいのか?それはかまってちゃん男は自分に自信がないからです。だから、何をしていても不安になってしまう。そしてその不安を満たすには誰かに構ってもらわないとならない。だからかまってちゃん男になってしまうんです。

かまってちゃん男の心理・特徴その9「褒められたい」

かまってちゃん男は誰かに褒めてほしい。認められたいという気持ちが強いようです。よく聞くのが寝てないアピールではないでしょうか?睡眠というのは本来とても大切なもので、睡眠が不足するとパフォーマンスが低下することも科学的に証明されています。そのため、寝てないアピールは本来ならアピールすべき事ではありません。それなのになぜかまってちゃん男がこんなアピールをするかというと、「俺はこんなに忙しいんだぜ」ということを訴えて、褒めてもらいたいからなのです。

かまってちゃん男の心理・特徴その10「寂しがり屋」

かまってちゃん男は寂しがり屋で、誰と一緒じゃないと嫌だという人も多いです。寂しがり屋なので、家で一人で居る時でも彼女や友達に電話したりして寂しさを紛らわせています。

かまってちゃん男の心理・特徴その11「打たれ弱い」

かまってちゃん男は打たれ弱い場合が多いようです。何か指摘すると、こちらは良かれと思って言ったことでも、すぐに傷ついてしまい素直にその内容を受け入れることが出来ません。「指摘」を「意地悪された」「怒られた」などとらえることもあるため、かまってちゃん男に指摘するのはかなり悩むことになります。中でもプライドが高いかまってちゃん男には気をつけるようにしましょう。

かまってちゃん男への上手な対処法

このようなかまってちゃん男に一体どのように対処するのがいいでしょうか?

かまってちゃん上司の場合はいい頃合いで「あ、急ぎの仕事があったんだった!」とすっぱりと話を終了させるなどで対処するといいでしょう。かまってちゃん彼氏の場合は息子のような気持ちで接する、とことん聞く、「これはちょっと違うんじゃない?」という部分は指摘するなど様々な対処法があります。かまってちゃん男に振り回されるのではなく、あなたがかまってちゃん男をコントロール出来るようになればもう怖いものなしです!

まとめ

かまってちゃん男について如何だったでしょうか?一見大変なかまってちゃん男ですが、あなたが上手にコントロールすることができれば大丈夫!対処法を覚えて上手に対処してみてくださいね。

カップル人間関係