若いうちに早く結婚したい!早婚の5つのメリットと3つのデメリット
UPDATE:2019.09.18

若いうちに早く結婚したい!早婚の5つのメリットと3つのデメリット

カップル結婚

女性の社会進出が増えてきたという背景も相まって、近年日本社会は晩婚化が進んでいると言われています。昔は若いうちに結婚して家庭におさまるのが主流でありましたが、最近では30代を超えても結婚をせずにバリバリ仕事をこなしている女性が増えましたよね。

晩婚化が進んでいるからと言って全ての女性が若いうちに結婚したくないと思っていない訳ではありません。周りがどんどん結婚してくると焦ってしまいますし、若いうちに結婚して子供を作りたいと思っている女性も沢山いらっしゃいます。

という訳でこちらの記事では若い時に早く結婚する早婚のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。20代前半…早い人は10代で結婚をしたという方も多くいらっしゃる中で、一体どのような良い事と悪い事があるのでしょうか。

早婚のメリットって何?

何歳から早婚になるのか定義は人それぞれ違うかと思いますが、参考までに東京都の平均初婚年齢は30歳です。全国平均でも29歳とアラサーになりますので、基本的には25歳以下での結婚は早婚であると考えて良いのではないでしょうか。

という訳で若くして結婚するとどんな良い事があるのか。まずはメリットから見ていきましょう。

出産と子育ては若い方が良い

若い頃に結婚すると出産と子育ても若い時にする事が出来ますよね。出産も子育ても多大なる体力が必要になる重労働ですから、若い頃の体力がある時に終わらせておく事が出来る早婚はメリットであると言えるでしょう。若い頃に出産をしてしまうと出産後の回復が早く、夜泣きのたびに起こされても若いと体力がありますので毎日の激務をこなす事が出来ます。

しかしこれが晩婚であって体力が衰えてからの出産であると大変。まず出産後の回復が遅く、出産にはリスクも伴います。更に出産後の子育ても若い頃と比較すると体力が落ちている状態で行わないといけませんから大変です。夜泣きで毎日夜中に起こされて面倒を見るのも若い頃であればこなせますが、体力が落ちている年齢を重ねてからだと大変です。

体力がなくなると子育てはとても大変です。特に女性は20代と30代で大きく体力が変わってきますから、子育てを楽しく楽に感じる事が出来る20代の方が楽になるというメリットがあります。夜中に何度も起こされて、次の日も子供と遊ばないといけない…妊娠や子育てなどの体力が必要な事を20代で済ませておくのはメリットと言えるかと思います。

好きな人と同じ時間を歩める喜び

当然と言えば当然ですが結婚が早ければ早いほど、大好きな彼と過ごせる時間は長くなります。例えば10代で結婚したとしたら、平均寿命までのおよそ70年間を共に過ごせるという訳です。若い頃から一緒に生活して共に人生を歩んでいける喜びというのは早婚のメリットであると言えるでしょう。

若い頃に結婚すると彼のステップアップしていく過程を見る事ができる喜びもあるかと思います。晩婚だと彼は既に仕事で成功しているとか、既に自宅を購入しているとか、ある程度人生でやりたい大きな買い物や出来事を経験してしまっている可能性があります。しかし早婚であれば、人生における大きなイベントはこれから沢山やってきますよね。

家を買ったり、車を買ったり、家族が出来たり、会社で出世して給料が上がったり…それ以外にも彼の親族が亡くなったりといった、彼の良い事も悪い事も常に隣で寄り添って人生を歩んでいけるというメリットがあります。大好きな彼であればこれは大きな利点であると言えるかと思います。

子供を沢山産める

子供は1人ではなく3人4人と欲しい…大家族にして沢山の子供が欲しいと思っている女性は多いですよね。そうなると早婚でなければいけません。女性は年齢が上がっていく毎に妊娠と出産に対するリスクが増えていきますし、年齢が上がっていくと沢山の子供を同時に子育てする体力がなくなってしまいます。

という訳で沢山子供が欲しいと思っている方は若いうちに結婚しておくのが良いでしょう。子供を産んでから次に妊娠するまでの期間もきちんと考えながら妊娠計画を立てておくのが良いと思います。沢山子供を産むと国から補助金が出る自治体もありますし、子育てを楽しみたいと考えている人にとっては早婚は大きなメリットであると言えるかと思います。

セカンドライフを楽しむ事ができる

若い時に子供を産むと子供が親離れする時になっても自分自身はまだ若いままです。例えば子供を20歳で出産したとして、18歳の時に大学に行く為に家を出たとします。そうすると自分自身はまだ38歳な訳ですから、子供がいなくなってからの悠々自適なセカンドライフを健康的かつ元気な体で楽しむ事ができるという訳です。

更に若いうちに子供を産むと初孫も第二の子供くらいの感覚で可愛がることも出来ますし、まだまだ元気な年齢ですから積極的に孫の育児を楽しむ事も出来ちゃいます。若いうちに結婚して子供を育てておくと、子育てが終わるのも早いというメリットは大きな魅力の一つと言えるでしょう。

若いママでいられる幸せ

何かと見栄っ張りな人が多いのが女性です。女性にとって若さは羨ましい象徴の一つですから、早婚で若いママでいられるというのは大きな幸せの一つですよね。例えば子供の学級会などに参加して「○○ちゃんのママって若くて綺麗だね」なんて言われる事もあるかもしれません。子供と同年代の女性は早婚であれば10歳くらいは年が離れていますから若さでは飛びぬけているでしょう。

若いうちに結婚して子育てをすれば当然周りのママ達よりも若いママでいられます。若いママであれば自分の両親も元気な事が多いですから子供を両親に預けて夫とデートするなんて事も簡単に出来ちゃいますよね。若い夫婦は周りからの援助や手助けを受ける事ができますから、周りの協力を得ながら楽しく子育てが出来ます。

早婚のデメリットって何?

出産は子育てが体力があるので楽であったり、セカンドライフも若い時から楽しむ事ができるなどのメリットを上記で紹介してきました。ここからは早婚のデメリットを紹介していきたいと思います。

お金がない

早婚で最も困る問題が金銭面です。若い夫婦であれば勿論貯蓄額は少ないですよね。夫もまだ若ければ職場の地位も低い事が多く、これからステップアップして高い給料を貰う可能性はあるかもしれませんが将来は未知数です。もしかしたら今の職場を辞めてしまうかもしれませんし、今まで以上の給料は貰えないかもしれません。

早婚であれば貯蓄額が少なく夫の給料形態も将来未知数である問題がありますので、子育てに置いて常に金銭的な心配をしていかなくてはいけないかもしれません。更に子供の為に家を決めないといけませんし、もしも自宅を購入するのであれば住宅ローンを35年間も払わないといけないかもしれません。見通しがつかない金銭的な問題を抱えてしまう可能性が高いのは早婚のデメリットであると言えるでしょう。

反対に晩婚であれば金銭的余裕があるケースが多いです。なぜなら独身時代が長ければ貯蓄が多い可能性がありますし、仕事に打ち込んできた時間が長ければ長い程給料が高い事が多いですよね。晩婚と早婚の違いは金銭的な面が最も大きなウェイトを占めているかもしれませんね。

青春を謳歌する事が出来ない

例えば10代後半や20代前半で結婚して子供を産んだとします。同年代の女性は合コンにいったり遊びにいったり旅行にいったり…自分も独身であればできた事でも結婚すると出来ません。子供の為に生きていかないといけませんから、その為に犠牲にしなければいけない事は数多くあります。独身時代のように気軽にお金を使う事は出来ませんし簡単に自宅を空ける事もできなくなります。

自分個人よりも子供中心の生活になりますので、独身時代の友人が夜中に外で飲んでいても行けません。そういった独身を謳歌している友人を見て羨ましいと感じて結婚を後悔する事は早婚した女性は少なからず一度は経験するはずです。

キャリアが寸断される

若くして結婚するとキャリアが寸断されるというリスクが非常に高いです。特に学生結婚の場合はそれが顕著に出ていて、学生時代に結婚していると「子供がいるから働けないでしょ?」という理由で就活の面接時に断られてしまうといったケースもあるんだとか。現実問題入社してから産休や育休をされてしまうと中小企業としては採用した意味がなくなってしまうと考えます。

大企業であればそれらの環境が整っていることが多いですが、それでも女性の出産や育児への休暇に対する会社の風当たりはまだまだ厳しいと言わざるを得ません。どれだけ学生時代に頑張って勉強してキャリアを積み重ねていても、若い時の結婚や出産で学士時代から積み上げてきたキャリアを活かせないという事はかなり多く、出産や育児が終わってから仕事に就こうと思っても、年齢的な問題や同世代の女性から出遅れてしまった感は否めません。

早婚により自分の仕事や将来に対するキャリアが寸断されてしまうという事はしっかりと理解しておかなければいけないでしょう。自分の夢を子供が産まれたから諦めたという女性は実際に数多くいらっしゃいます。

まとめ

晩婚化が進んでいる世の中ですが早婚の女性は数多くいらっしゃいます。若いママになって楽しく子育てや育児に奔走できて楽しそうと思う反面、若くして結婚して育児に専念するあまり犠牲にしなければならない事も沢山あります。早く結婚して若いママになりたいと思っている方は上記で説明したメリットとデメリットをしっかりと理解してから冷静な頭で判断するようにしましょう。

更に早婚の方は離婚率が晩婚よりも高いというデータも出ています。早婚だとできちゃった結婚で勢いで結婚するケースが多く、実際の結婚生活が全くうまくいかないといった事態に陥りやすいです。彼との将来を結婚前に今一度見直してみてから、後悔のない選択をするようにしましょう!

カップル結婚