貧乳でも巨乳でもない?Cカップ女子に対する5つの本音
UPDATE:2019.10.24

貧乳でも巨乳でもない?Cカップ女子に対する5つの本音

悩み知りたい

一般的にAカップ、Bカップは貧乳と言われており、巨乳はDカップやEカップ以上だと言われています。ではどちらでもない「Cカップ」ってどんなイメージを持たれているのでしょうか?

Cカップ女子の意見では「あれ?Cカップで思ってたよりも小さい」とか「スレンダーに見えるから丁度良い」という人もいますが、男性からはどう思われているのか気になりますよね?

そこで今回は「Cカップ女子」に対する男性の本音を5つに分けて解説していきたいと思います。また実際に「Cカップ」だという女子の意見もまとめています!今AカップやBカップでもっとバストをアップさせたいと思っている人は特に読んでもらいたいと思います♪

Cカップって貧乳?巨乳?

冒頭でも簡単に説明しましたが、一般的にはA、Bカップは「貧乳」と言われており、「巨乳」と言われるのはDカップ以上、人によってはEカップ以上という人もいます。そのため「Cカップ」というのはどっちにも属さないいわゆる「普通」と言われるカップなのです。

これ以上落ちると「貧乳」の仲間入りをしてしまいますし、頑張ってバストアップすれば「巨乳」と呼ばれるようになります。大きさとしてはよく言われるのは「コンビニの肉まん」と同じくらいです。「大きすぎず小さすぎない」Cカップはそんなサイズ感なのです。そのため貧乳なの?巨乳なの?と言われれば「どっちでもない」というのが答えになると思います。

Cカップ女子は自分をどう思ってる?

最初の実際に自分がCカップだという女子の意見をまとめていきたいと思います。特にA,Bカップの女子はCカップになるとどういう意見になるのかを参考にして欲しいと思います!イメージと実際にCカップになるのとでは意見が異なってくるようですね。

意外と小さい

Cカップと言うと巨乳ではないですが、そこまで小さくもないイメージがあると思います。しかし、実際にCカップになると「こんなもんなんだ」と予想よりも小さいと感じる人が多いようです。そのためずっとBカップだと思ってたけど、下着屋さんでちゃんと図ったらCカップだった!なんて話もよく耳にします。自分がBカップだと思っているそこのあなた!もしかしたらCカップだと判定されることもあるかもしれませんよ。

またアンダーによっても大きく変わってきますね。アンダー65のCカップとアンダー70のBカップでは容量は同じだと言われています。そのためCカップとは言えBと変わらないくらいの大きさに見える人もいます。

ダイエットを躊躇する

女性は常にダイエットを意識している人がほとんどだと思います。体型を維持して太らないように努めたり、節制して体重を落としたいと考えていると思います。しかしCカップ女子は一番ダイエットに躊躇するカップ数なのです。ダイエットをすれば体重を落として細くなることはできますが、バストも一緒にダウンすることがあります。

ギリギリ貧乳から脱出したCカップですが、ダイエットで小さくなってしまうとまた貧乳と呼ばれるゾーンに入ってしまいます。そのためダイエットを躊躇する人が多い傾向があります。

自称Cカップ女子が多い

男性から何カップ?という質問は生きていく中で何度か体験すると思います。それがもし気になっている男性なら少し盛った回答をしたいと考えますよね。Dカップ以上でバストに自信がある人は正直に答えると思いますが、AカップやBカップの人は答えにくい質問でもあります。

そこでよくあるのが「自称Cカップ」です。本当はAカップやBカップにも関わらず「Cカップです」と答えるのです。実際にブラで寄せたりパットを入れればCカップくらいなら工夫次第で見せることができるのです。

モデル体型になりやすい

日本人でモデル体型と言われる人には実はCカップの人が多くいます。ウエストさえ細くすることができればCカップでも抜群のスタイルに見えたりします。グラビアアイドルのような豊満なバストではないにしろ、しっかりとスタイルを作れば綺麗な体になることができます。

またEカップ以上の女性はバストと共に体の別の部分にも脂肪が付きやすいと言われています。そのためウエストが引き締まっている人はなかなかいないのが現実ですよね。シュッとしたスタイルを目指したいならCカップは意外と理想的なバストなのかもしれません。

意外と肩がこる

巨乳とは呼ばれないものの、しっかりと肩がこるのがCカップの特徴でもあります。大きさはコンビニの肉まんくらいだと言いましたが、重さは500mlのペットボトルくらいになるので、ちゃんと肩はこりますね。思ってたよりも小さい割にはちゃんと肩がこるというのは少し残念な気もします。

「Cカップ女子」に対する5つの本音

Cカップ女子が自分のCカップに対する意見は分かっていただけたと思います。では今度は「Cカップ女子」に対する男性の本音を紹介していきたいと思います!実際に男性からどう思われているのか?なかなか聞く機会はないと思いますが、実はこんなことを思っていたのです。

  1. 思ってたより小さい
  2. 美乳の人が多い
  3. 巨乳好きから見たら貧乳
  4. スタイルがよく見える
  5. 理想的なカップ数

今回は以上の5つで解説していきます。やはり女性と男性では意見が変わってきますね。自分ではこうだと思っていたのに…ということがあると思います。

本音その1:思ってたよりも小さい

本音その1は「思ってたよりも小さい」です。これは女性と全く同じ意見ですね。あまり恋愛経験がない男性が、Cカップの女性のおっぱいを見てガッカリすることも珍しくないようです。ブラジャーの胸を盛る技術はドンドン上がっているので、普段見ている胸のイメージのまま夜を迎えると「あれ?こんなもんか」と思うようです。

それだけではなく男性のおっぱいに対するハードルは結構あがっています。特に初めて経験する時などはAV女優の大きな胸を基準としている場合が多いので、現実を知ってガッカリするのです。さらに多くの男性が女性のバストサイズを勘違いしている傾向にあります。恐らくですが実際にEカップくらいのバストが一番望ま望れいてる可能性が高いのです。

本音その2:美乳の人が多い

本音その2は「美乳の人が多い」です。大きさにガッカリする人は多いかもしれませんが、経験を積んだ人からすると「Cカップ」は美乳の人が多いというイメージがあるようです。小さすぎずちゃんとおっぱいを感じることが大きさで、理想的な形をしている場合が多いのは事実だと思います。

その代わり自称CカップではなくちゃんとCカップの必要はあると思います。ナチュラルなCカップの女性は美乳になる可能性は高いのです。大きさではなく形にこだわる男性には人気のカップになっています。自分の体型に合ったバストならきっと綺麗に見えるはずです。

本音その3:巨乳好きから見たら貧乳

本音その3は「巨乳好きから見たら貧乳」です。ギリギリ貧乳じゃない!と思っている人は多いと思いますが、巨乳好きな男性から見ると貧乳と言われる可能性があるようです。上記でも言いましたが巨乳はDカップかEカップ以上というのが一般的なので、巨乳ではないのは確かのようです。男女共に思ったよりも小さいという意見があるように、人によっては貧乳と言われるようですね。

そのためCカップで満足せずにDカップ以上になれるように食生活を改善したり、女性ホルモンが発達するように促したり、エクササイズをしたりして上を目指す必要がありそうです。その時は今のスタイルをなるべくキープすることが必要になりそうです。

本音その4:スタイルがよく見える

本音その4は「スタイルがよく見える」です。服の種類に関係なく上手に着こなすことができるカップ数でもあると思います。小さすぎると似合わない服や、大きすぎると変に見える服もありますが、Cカップならどっちにも対応できることが多くあります。そのため男性からするとスタイルがよく見えることが多いようです。

またブラジャー次第では小さく見せることも大きく見せることもできます。自由自在に楽しむことができるのはもしかしたらCカップだけかもしれませんね。またイメージ的にですがCカップ女子には細い人が多いという理想を抱いている人も多いようです。それなりのおっぱいと引き締まった体があれば巨乳にも負けない女性の魅力が出るのだと思います。

本音その5:理想的なカップ数

本音その5は「理想的なカップ数」です。巨乳が好きな男性も多いですが、Cカップを理想とする男性が多いことも明らかになっています。手にフィットする丁度良いという意見も多くあります。また将来垂れる心配も少ないギリギリのラインなのも公表の理由となっています。大きいバストが好まれることも多いですが、将来形が崩れてくることは心配されているようです。

Cカップの「普通」というのは聞こえは悪いかもしれませんが、見方によっては大きな武器にもなりそうですね。男性から見た時には様々な意見があるようですが、全体的に見ると良い意見が多いと思います。

まとめ

今回はバストサイズの中でも「Cカップ」に注目してご紹介しました。Cカップ女子が自分のCカップに対する意見や男性の本音をまとめました。どちらにも共通してあったのが「思ってたよりも小さい」でしたね。男女共に「こんなものなのか」と思う人が多いようです。現在A、Bカップの女性は目指すべきはDカップ以上なのかもしれませんね。理想的だという意見が出ているのも確かですが、巨乳と呼ばれたいのならやはりDカップ以上は必要になりそうです。

将来垂れる心配がなさそうというのが男性のイメージでありましたが、実際にケアを疎かにすればCカップでも垂れますし、ちゃんと対策をすれば垂れる心配はありません。カップ数というよりもケアをするかしないかが重要ですね。

自分でカップ数を測ることもできますが、ちゃんとした方法で知りたいなら一度下着屋さんで測ってもらうことをオススメします♪

悩み知りたい