女性器の基本構造(外観&内部)と3大性感帯の仕組みを紹介!
UPDATE:2019.07.17

女性器の基本構造(外観&内部)と3大性感帯の仕組みを紹介!

オトナ知りたい

実は個人差が激しく十人十色の女性器。ずーっと自分の体についているものでありますが、その構造や名称などを詳しく把握していないという方は意外に多いかと思います。女性器の名称と基本構造をしっかりと把握して理解しておく事は、セックスにも役立ちますし気持ち良い位置をしっかりと覚えておくのはとても大切な事なのです。

という訳でこちらの記事は女性器の基本構造と名称、それぞれの部位が何に使われているのかという点を詳しく解説していきます。自分の体の大切な部分ですから、しっかりとここが何でどういう働きをしていると言う事を把握しておくようにしましょう。

女性器の外観と内部

引用元:女性器形成外科

まずは女性器の外観の名称と構造を紹介していきたいと思います。セックス経験済みの男性はもしかしたらマジマジと見た事があるかもしれませんが、女性はあまりジックリと観察する事なんてありませんよね。セックス中はもちろん、オナニー中もジックリと観察する事は位置的にできないと思います。

どこに何があり、それがどのような働きをする部分なのかを一つ一つ解説していきたいと思います。自分の体の事ですからしっかりと理解して覚えておきましょうね。

大陰唇

いわゆる女性器の割れ目の両側のぷっくりとした部分の事を大陰唇と呼びます。個人差がありますが脂肪が多いのでプニプニとした感触であり、毛が生えている人と生えていない人がいます。大陰唇は触られたり舐められたりすると性的興奮を強く感じる部分であり、性的興奮を感じる事で充血して肥大化していきます。しかしこれも個人差があり肥大化する人とあまりしない人がいます。

小陰唇

 

引用元:大阪美容皮膚科・美容外科【MAクリニック心斎橋】

大陰唇の内側にある通称『ビラビラ』と呼ばれる部分が小陰唇。大きさも形も色も十人十色です。左右対称ではない事に悩む女性が多いのも特徴です。普段は閉じていて膣内に最近なが侵入する事を防いでくれる働きをしています。基本的に膣内に雑菌が入る事を防ぐ役割をしてくれていますが、セックス中は左右に開いて男性器の挿入を迎え入れてくれます。

陰核(クリトリス)

引用元:陰茎 ウィキペディア

女性器の上の方に一している部分で豆みたいになっている所がクリトリスです。男性器の亀頭の名残と言われている部分で、人により快楽は異なりますが基本的には強い快楽を得る事ができる部分と言われています。男性の亀頭は尿道になっていますが、クリトリスはただ単に快楽の為だけについている器官であり、それ以外に使い道がないという女性特有の変わった器官です。

クリトリスは性的興奮を感じている時はむき出しですが、性的興奮を感じていない日常生活中は包皮の中に隠れています。皮の大きさや厚さは人それぞれ個人差がありますので、どれ位の性的興奮でむき出しになるかも人それぞれ違います。クリトリスで性的興奮を感じないという方は包皮が包んだまま剥けない人でクリトリス包茎とも呼ばれています。

尿道口

クリトリスから真下の部分にあるのが尿の出る部分である尿道口です。指で触っても分からない位に小さな穴なので触感ではなく見て確認するようにしましょう。鏡越しだと確認しやすい位置にあるのが特徴です。性感帯ではありませんが、セックスのプレイに尿道責めというものがありますので快楽を感じる人もいます。デリケートな部分なので雑菌が入らないようにセックス中のプレイの一環として利用する場合は注意しましょうね。

引用元:ロート通販オンラインショップ

 

尿道口のさらに下にあるのが膣です。出産時は赤ちゃんが子宮頚部から産道を通って出てくる場所、セックスにおいては男性器を挿入する部分にあたります。ちなみに膣は女性は全員が性感帯と感じているかもしれませんがこれも個人差があります。膣内が気持ち良いという方、膣口と呼ばれる部分が気持ち良い方など感度は様々でこちらも十人十色です。ちなみにクリトリスから膣口までの小陰唇に囲まれた部分の内側を膣前庭と呼びます。

女性器の中で気持ち良い部分はどこ?

上記で女性器の名称と外観&内部の仕組みなどを説明してきましたが、やはり気になってくるのは女性器の中でどこを触ったり弄ったりするのが気持ち良いのかという事。テクニシャンの男性であればそういう構造を理解しているので上手に責めてくれますが、経験の浅い男性であれば気持ち良い部分を説明する必要があるかもしれません。

そういった時やオナニーをする時には自分で自分の性感帯、気持ち良いと感じる部分がどこなのかはきちんと把握しておく必要がありますよね。という訳で女性器の中で気持ち良いと感じる部分を説明していきたいと思います。

クリトリス

引用元:女性の体と心を溶かすセックステクニック上達塾

女性器には三大性感帯というものがあります。そのうちの一つで最も代表的なものがクリトリスです。クリトリスの場所は女性も実は見つけるのが大変と言われていますので、男性は特に正確なクリトリスの位置を見つけるのはとても大変です。パートナーの男性であれば的確なクリトリスの位置は教えてあげるのが良いかもしれませんね。

上でも軽く説明しましたが女性のクリトリスは気持ち良いと感じる為だけに残ったものであるとされていて、男性で言うと男性器の先にあたる亀頭の部分に該当します。精子と卵子が受精した場合はとりあえずは、性別として「女性」として存在し、そのなかで受精卵が胎内で成長する過程で「男性」に変化するわけなのですが、クリトリスはペニスに変化しなかった部分の名残なんです。

男性が男性器を触られて刺激を感じるのと同じでクリトリスは身体の部分としては小さいものの膣外では最も強い刺激を感じる事ができる部位であるとされていますので、セックスだけでなくオナニー中も積極的にクリトリスを弄る事をオススメします。

オナニーやセックスなどでクリトリスを弄り気持ちよくなる最適な方法や『優しく触れる』というものです。いきなり強く激しくいじられても快楽を得る事ができませんので、最初は優しく…少しずつ強度を強めていくのがオススメです。フェザータッチなどで全身の神経を敏感にさせてからクリトリスに触れたり、焦らしながら触れたりなどのバリエーションを沢山持っているのが良いかもしれませんね。

Gスポット

引用元:Yahoo!知恵袋

女性の三大性感帯のもう一つはGスポットです。名前を聞いた事がある人は多いかもしれませんがどこにあるか正確な位置を把握している人は少ないのではないでしょうか。セックスだけでなオナニーでも指で責めることができますので、開発したいと思っている人は位置を正確に把握しておくのが良いと思います。

Gスポットは外からでは形を把握する事ができませんが、膣の中のクリトリスの裏側が正確な位置です。指で触れるとザラザラしている人もいますので、ザラザラしている人は正確な位置を簡単に見つける事ができます。構造としては膣内の性感帯と考えているのが良いでしょう。強くゴシゴシと激しくこすらなくても激しい快楽を得る事ができ、セックスの挿入中でも男性器の亀頭を押し付ける事で高い快楽を得る事ができます。

基本的にはGスポットの位置はオナニーの時に自分で見つけてセックスで感じやすくなるように予め自分で開発しておく必要があると言われています。指で確認する方法は、仰向けに寝て膝を立てた状態で指を膣の中にいれます。中指を少し曲げた状態で膣内に3~5センチ程度いれて、中指の第二関節がちょうど入り口に入る位まで挿入して第一関節の指の腹が触れている箇所がGスポットです。

Gスポットは、尿道海綿体の一部で、神経が集中しています。スキーン腺と呼ばれる、男性では前立腺に相当する分泌腺の存在部位でもあるので、Gスポットを押すと、おしっこを我慢したような激しい快感が走り、膣内に分泌液が分泌されて潤います。Gスポットをしっかり押されたかどうかは、感覚的なものでもわかりますが、愛液の分泌液の量が急に増えたら、Gスポットを探し当てたといってもよいでしょう。

ちなみにGスポットで感じるようになるまでには開発と特訓が必要です。ある程度の経験を積み、開発された後に性的興奮が高まったときに始めてGスポットで気持ち良いと感じる事ができ、Gスポットを開発し続ける事で潮拭きを経験できるようになります。Gスポットの持続的な刺激は女性の快楽を急激に高めてくれる働きがありますので、尿意に似た感覚が置き、潮を吹くことができるという訳です。

ポルチオ

引用元:セックステクニック

女性器の最奥にあると言われている三つ目の性感帯がポルチオと呼ばれる部分です。セックス中の感覚で言うと、ペニスの先端で突かれるととても感じる部分がポルチオです。ポルチオを刺激されGスポットを刺激されることで女性はオーガズムを感じてイクことができると言われていますが、これも個人差や男性のテクもありますので一概にいえる事ではありません。

正確な位置で言うと、女性器の膣の置くにある子宮が少し飛び出しているような部分をポルチオと呼びます。一般的には女性が最も感じる事ができる場所であると言われていて、オーガズムを感じる為には必要不可欠な部分で、長い時間快感を感じる事ができ、開発が完了している人は何度も連続でオーガズムを感じる事ができます。中イキと呼ばれるもので、経験を積むことで長時間継続した快楽を得る事ができるという訳です。

まとめ

意外に知らない女性器の構造と名称、三大性感帯について説明してきましたが皆さんいかがでしたでしょうか。自分の体の構造の話ですからきちんと理解し、どこがセックスの時に気持ち良い部分なのかという事はマスターしておくのが良いと思います。

特にセックス中は三大性感帯をいかに活用するかで気持ちよさは段違いですからしっかりと覚えておきましょう。経験の浅いパートナーであれば自分から教えてあげるのも手ですよ!

オトナ知りたい