人たらしは褒め言葉!7つの特徴と周りから好かれる人になる方法
UPDATE:2019.08.23

人たらしは褒め言葉!7つの特徴と周りから好かれる人になる方法

人間関係知りたい

最近はポジティブな意味で使われることが多い「人たらし」という言葉。あなたの周りにも「人たらし」と呼ばれるような人たちが存在しているのではないでしょうか?普通、「○○たらし」というと「女たらし」など、だらしない、悪い人間のような言葉で使われますよね。「人たらし」という言葉も昔はどちらかというとあまり良くない意味で使われている言葉でした。しかし、そんな人たらしという言葉は現在では一種の褒め言葉にもなっているのをご存知ですか?

それどころか、世の中には「人たらし」になりたいという人はかなり増えているんです。人たらしな芸能人というと、有吉弘行さんが有名なようですが、自分の周りを見回してみても、意外とそんな人たらしな特徴を持っている人はいるものです。別に特別ずば抜けて魅力的な部分があるわけでもない…そう感じるのになぜか上司や先輩、周りから可愛がられている人がいたら、その人はもしかしたら「人たらし」なのかもしれません。

人たらしの特徴として、周りの人から好かれるという部分もありますがもう1つ、モテるという特徴もあります。周囲から愛される人たらしはいつの間にかモテているのです。誰でも一緒に過ごせばその人のことを好きになってしまうような人。出来るものなら自分もそんな魅力的で素敵な人になりたいものですよね。一体、そんな人たらしの人にはどんな特徴があるんでしょうか?この記事ではそんな、人たらしの人の特徴と周りから好かれる方法について解説していきたいと思います。人たらしの人の特徴や好かれる言動・行動を身に着けてあなたも人たらしになっちゃいましょう!

人たらしってどんな意味?

なんとなく「人たらし」という言葉について知っていても、はっきりとした意味は知らないという方も少なくないのではないでしょうか?上でも簡単にご紹介させていただきましたが、本来の「人たらし」という言葉の意味は悪いイメージの言葉でした。なぜなら、人たらしという意味は「人を騙す人」や「人を騙すこと」を意味していたからです。実は、人たらしと辞書で引いてみるとこちらの悪い方の意味しか載っておらず、現代で使われているようないい意味の人たらしは辞書には無いんです。言葉は時代とともに変化していくものですよね。そのため、辞書も数年に一回改定され、新しい言葉や意味が追加されたりします。しかし、良い意味で使われる人たらしがまだ辞書に載っていないということはつまり、「人たらし」がいい意味で使われるようになったのはごくごく最近からということ。

「誑す」と書いて「たらす」です。この「誑す」は「たぶらかす」とも読むことができ、人を巧みな言葉、甘い言葉で誘惑して騙すという意味となっています。数多くの女性を誘惑して遊ぶ男性のことを「女たらし」と言いますが、この女たらしの「たらし」も「女誑し」と書きます。このことからもわかるように、人たらしとは元々は甘い言葉、相手が喜ぶような言葉を使って巧みに相手を騙し、自分のいいように操るという意味なのです。

どうして「人たらし」が良い意味になったの?

本来は悪い意味で使われるはずの人たらしという言葉。それが一体なぜ良い意味で使われるようになったんでしょうか?昔なら人たらしと言われたら嫌な気分がしたでしょうが、今ならば褒め言葉なので、素直に喜ぶ事ができます。このように人たらしという言葉の意味が真逆になったのは、実は「豊臣秀吉」がきっかけになっているんです。豊臣秀吉と言えば、農民生まれにも関わらず天下統一を果たしたあの、戦国武将の豊臣秀吉です。

この豊臣秀吉という人は他人の懐に入り込むのがとても上手な人物だったそうです。そのため、部下はもちろんのこと、目上の武将からも気に入られ、信頼されていました。そんなどんな場所に入り込んでもすぐに回りから愛されることが出来る豊臣秀吉のことを作家の司馬遼太郎は新史太閤記で「人たらし」と表現したのです。作家の司馬遼太郎と言えば、言葉を扱うプロですよね。そんな司馬遼太郎がこのように豊臣秀吉を表現したことで豊臣秀吉は人たらしの天才として認知されるようになり、ついには豊臣秀吉のように誰からも好かれる人のことを「人たらし」と呼ぶようになったのです。

人たらしの代名詞、豊臣秀吉にはとても有名なエピソードがあります。小学校の授業などでも語られるので、聞いたことがあるという人がほとんどなのではないでしょうか?豊臣秀吉は織田信長草履取りを命じられていましたが、寒さが厳しい冬の時期には織田信長が履く草履を自分の懐の中に入れておき、温めておいたそうです。今までは冬の間冷たかった草履が温かいことに気づいた織田信長は豊臣秀吉の細やかな気遣いに心を掴まれたんだとか。ほんの些細な思いやりのように思えますが、このようなことに気づけたり実際に実践したりするのはすごいことですよね。豊臣秀吉はとても周りのこと見ていて、相手のことを考えているのです。

人たらしの特徴7つ

人たらしという言葉の意味について、ルーツについてなどご紹介させていただきました。では、そんな人たらしの人にはどんな特徴があるのでしょうか?実は人たらしと呼ばれる人たちにはある共通点が存在しているんです。これからそんな「人たらし」の人の特徴についてご紹介していきますので、自分も人たらしになりたい!という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

人たらしの特徴その1「聞き上手」

人たらしの人は人の話を聞くのがとても上手です。話しているとき、その人が自分の話に関心を持っていてくれていると嬉しいですよね。相手の話にしっかりと耳を傾けて、楽しそうに話を聞いてくれる人には「もっともっと話したい」と人は思ってしまうものなんです。上手に相槌や質問を入れながらどんどん相手の話を引き出すのが上手い人っていますよね。そんな人は周りの人たちから好かれるんです。

人たらしの特徴その2「笑顔が多い」

人たらしの人は基本的にいつも笑顔だったり、ふとしたときに笑顔を魅せたりと笑顔が多いことが共通しています。いつでも仏頂面の人だとどうしても話しかけにくいですよね。しかし、いつもニコニコ笑顔でいる人には話しかけたくなるし、見ているだけでもなんだか幸せを分けてもらっているような気分になりませんか?笑顔はとても大切なコミュニケーションツールです。徐々にでいいので、自然な笑顔を身につけるようにするだけでもあなたの人たらし度がアップするはずですよ。

人を見た目で判断するのはいけないこととは言われていますが、その人のことまだよく知らないうちはどうしても顔で判断するしかありませんよね。そんな時、魅力的な笑顔は大きな武器になります。営業職や接客業など人と接する職業だけでなくどんな仕事でも強い武器になるので、まずは素敵な笑顔を見に付けましょう。

人たらしの特徴その3「リアクションが大きい」

楽しい時は無邪気に笑ったり、がっかりした時はあからさまに顔に出たり。素直でリアクションが大きいというのも人たらしの人の特徴の一つ。ここで大切なのは、お世辞などではなく素直なリアクションだということ。嘘っぽいオーバーリアクションはうざがられることもありますよね。しかし、人たらしの人のリアクションは心からの素直なリアクションなので周りの人から好かれるのです。まるで子供みたいに大袈裟で愛嬌たっぷりな性格は周りから愛される大きな特徴となっているようです。

人たらしの特徴その4「フットワークが軽い」

周りからの人気も絶大な人たらしな人たちはフットワークがとても軽く、周りの人たちからの誘いに乗ることも多いんです。あまり誘いに乗ってくれない人を何度も誘おうとは思いませんよね。フットワークが軽く、誘いには乗ることが多い人たらしな人は周りからの人気もどんどんたかまります。人たらしの人は周りの人からの誘いを断ることがあまりなく、一人でいる時間は本当に少ないもの。あまりにも人から誘いが来るので電話やLINEの通知がたくさん来ている状態になっているということも。

このことからもわかるように、人たらしの人はそもそも「人が好き」です。人が好きで、好きだという気持ちを周りの人たちにしっかり表現しているからこと人たらしの人は周囲の人たちから好かれるのです。

人たらしの特徴その5「ポジティブ」

ネガティブな人とずっと一緒にいると自分までネガティブさが影響されてしまったりして、疲れますよね。ポジティブな人というのは周りの人まで明るくしてくれる力を持っているもの。ムードメーカーのような役割を果たしている部分もあるのが人たらしの特徴です。

人たらしの特徴その6「平等」

人たらしな人は男女の違いや好きな人か嫌いな人かの違いで態度を変えることはありません。そもそもそんな、人によって態度を変えようとすら思わないのが「人たらし」という人です。人によって態度を変える八方美人的な人は世渡り上手とも言えますが、敵を作ってしまうこともありますよね。人たらしは常に平等なのでそのような態度の差から敵を作るということはなくなるのです。

人たらしの特徴その7「人間関係にお金を惜しまない」

人たらしの人は人間関係のためにはお金を惜しまないという人も多いです。遊びの予定や飲み会が続くとどうしても出費が気になってしまいますよね。しかし、人たらしの人は遊びや飲み会以前に人のことが大好き。人といるためにお金や手間を惜しむことはないのです。どうしてもお金がないという場合でも、何かしら工夫して周囲の人たちと楽しむ工夫をしようとします。そしてまた、周りの人たちはそんな人たらしの魅力に惹きつけられるのです。

人たらしのように好かれる人になる方法

人たらしな人のように周りの人から好かれる人になる方法、それは「人を好きになること」です。人を好きになれば無理をせず、自分の素直な気持ちで動くことができます。その素直さこそが人たらしの魅力のです。

まとめ

人たらしについて、いかがでしたでしょうか?人たらしというのは特別なテクニックが必要な訳ではありません。自分が周囲の人のことをまずは好きになること、それだけでも人たらしに近づくことができますよ。

人間関係知りたい