家で大金を稼ぐネオニートの意味って?ネオニートになる方法7つ
UPDATE:2019.08.09

家で大金を稼ぐネオニートの意味って?ネオニートになる方法7つ

知りたい

ニートと言えば働かずに家にいたり遊んでいたりする人たちのことを指しますが、今新しい「ネオニート」という言葉が生まれているのはご存知ですか?駄目な人だと思われてきた「ニート」とは違い、多くの人から憧れられているネオニートとは一体どのような職業なのでしょうか?ネオニートというとはそのまま「ネオ+ニート」の造語ですが、従来のニートとは全く違う、家にいながらして大金を稼ぎ出すというネオニート。そんな現代人の憧れの職業ともされているネオニートについて解説していきたいと思います。

そして、多くの人が最も気になっているであろうネオニートになる方法についても解説!一体どのようにすればネオニートになることができるのでしょうか?ネオニートになりたい、ネオニートってどんな職業のことなの?とにかくネオニートについて興味があるなどなど、ネオニートについて知りたいと考えている方はぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。それではご紹介させていただきたいと思います!

ネオニートってそもそも何?

そもそもネオニートって一体どんな人たちのことを指しているの?ということからご紹介させていただきたいと思います。仕事がなく働かず家にいる人や遊び呆けている人のことをニートといいますよね。ニートとは(Not in Education, Employment or Training)の頭文字を略してNEET=ニートのこと。元々はイギリスの労働政策で出てきた用語となっています。就学・就労・職業訓練のうちのどれも行っていないという人のことを指しており、つまりは働いていない人おのことです。日本では15〜34歳までの人で通学・家事を行っていない人を指しており、「若年無業者」とも呼ばれています。

日本で初めてニートという言葉を紹介したのは社会科学リサーチャーのウィッタカー敏恵さんだとされており、ニートという言葉を使ってイギリスにおける若者支援政策を紹介したものがマスメディアで「ニート」という言葉が多用され、ニート=働かず家にいる人という言葉が世の中にも広まることになりました。働いていないため収入がなく、実家に住んで親からお金をもらったりして生活している人のことを差しています。

このように、ニートというと働きもしないでダラダラしている人というイメージがありましたが、ネオニートは全く違います。ネオニートははっきりと確立された意味はないものの、ニートの意味から派生して使われている言葉です。ネオニートとは会社に勤めたりしてはいないものの、自宅などでお金を稼いでいる人のことを指しています。更にその中でもいわゆる成功者と呼ばれる人たちのことをネオニートと呼ぶようです。

普通のイメージだと、お金は会社に勤めて働くことで稼ぎますよね。しかしネオニートの場合は自分でお金を稼ぐ方法を見つけています。その点でネオニートは成功者と呼ばれているのでしょう。会社に勤めているということは、その会社の規則に従わないといけません。しかしネオニートの場合は自分でお金を稼いでいるため会社に所属する必要がなく、自由に自分のペースで働くことができるため、ネオニートと呼ばれているのです。家にいながらして会社勤めの人と同じように、もしくはそれ以上のお金を稼ぎ出していることから多くの人から尊敬や憧れを集めているのがネオニートです。

このネオニートという言葉が使われだしたのは2005年テレビ東京の番組で親の遺産を資本金にして、株を始めて稼いでいる人のことを「ネオニート」を呼んだのが初めだとされています。

ネオニートになる方法7つ

それでは、一体どのようにすればネオニートになることができるのでしょうか?ネオニートと呼ばれている人たちの職業は1つだけに留まりません。多くのネオニートと呼ばれる人たちは自分なりに考え出した様々な方法でネオニートの暮らしを楽しんでいます。

ネオニートになりたい!と思っても具体的にどんなことをすればいいのかわからない…そんな人たちのためにここからはネオニートになる方法についてご紹介させていただきたいと思います

ネオニートになる方法その1「ブログを書く」

文章を書くのが好きな人、得意な人はブログを書くというのもネオニートになるための一つの方法と言えます。面白い文章はお金を払ってでも読みたいと思いますよね。それが「本」や「雑誌」ですが、基本的には無料のブログでもお金を稼ぐことが出来ます。それがアフィリエイトです。アフィリエイトを収入源にしたいと思った場合は面白いブログを書くということも大切なことの一つ。

面白い文章を書き、たくさんの人が読みたくなる、そして誰かに教えたくなるようなブログになればアフィリエイト収入もどんどん増えていくことになります。難しいのが安定した収入を得ることですが、逆に考えるとブログで安定した収入を得る方法さえ見つければネオニートになることを成功させたと行ってもいいでしょう。後はブログを書きながらその生活を維持していけばいいのです。株やFXなどがどうしても苦手だという人はこのブログでの収入を目指すのがいいかもしれません。

ネオニートになる方法その2「Youtuberになる」

今話題のYoutuberもネオニートの職業の一つと言えるのではないでしょうか。自分の好きなことで生きていく、というキャッチフレーズで話題になりましたよね。現在でも有名なYoutuberの人たちが多く活躍していますが、自分が好きなことや気になることを動画にしてYoutubeにアップし、動画をたくさんの人に見てもらうことで収入を得ています。多くの人はスマートフォンを持つのが当たり前になった現代らしい稼ぎ方といえるでしょう。

安定した収入を得られるとはいい難いYoutuberですが、自分の好きなことでお金を稼ぎたいという人や目立つことが好きだという人、コツコツ何かを続けるのが好きだという人には向いている職業と言えるかもしれません。ただし、Youtuberになりたい人はたくさんおり、実際Youtubeにも多くの動画を投稿しているYoutubeが存在していますが、その中で安定した収入を稼ぎ出しているというYoutuberはほんの一握りです。とても華やかに見える世界ですがその裏では熾烈な争いが繰り広げられているため、負けずに努力し続けられるかどうかということがYoutuberで成功するために必要だと言えるでしょう。また、そのように多くの人がやっているYoutuberという職業は新しいことがとにかく大切です。誰かと同じようなことをしていても注目されないので、新しいこと、他の人が考えつかないことをやるということがYoutuberにとって大切なことと言えるでしょう。

ネオニートになる方法その3「Webライターになる」

特別なスキルはないものの、ネオニートになってみたい!そんな風に考えている人にはWebライターになるというのがおすすめです。ネット上のニュースやコラムなどの文章を書く人のことで、普通のライターが雑誌などに掲載する文章を書くのに対し、Webライターの場合はインターネット上の文章だけを基本的に書いています。

そのため、インターネットの流行や流れにはある程度詳しくなる必要があるでしょう。Webライターは最初は収入は少ないものの、未経験からでも始める事ができるのが魅力です。また、自分でどんどん面白い文章がかけるようになっていけばその分見てくれる人も増えていくため、文章を書く楽しみを感じながら続けていけるということが強みではないでしょうか。また、自分のペースで続けていけるというメリットもあります。

ネオニートになる方法その4「小説を書く」

インターネット上に投稿された物語がブログになったり書籍化されたりなど、かなりありますよね。出版社に持ち込んで本を出版するとなると大変ですが、インターネット上なら手軽に出来ますし、見る人も無料で手軽に見ることができるのですぐに反応を見ることが出来ます。

書籍化や映画化になれば大きな収入を得ることが出来ますが、契約関係で後で問題になることも多いため、契約の際には専門家に相談することも大切です。

ネオニートになる方法その5「ネットオークションを始める」

手持ちのものをネットオークションに出して収入を得ることも出来ます。リサイクルショップを巡り、いいものを安く仕入れてネットオークションに出品するという方法で儲けているネオニートも存在しています。

ネオニートになる方法その6「株やFXを勉強する」

本気でネオニートになりたい。誰かの力に頼ることもなく、また安定して自分の力で稼いでいきたいという人は株やFXについて勉強してみるといいでしょう。本気で勉強する必要がありますが、将来をのことを考えればYoutuberやブログで稼ぐよりもずっと実用的で自分の力になります。

ネオニートになる方法その7「不動産を買う」

資本金があるという人は不動産物件を購入し、家賃収入によってお金を稼いでいくという方法もあります。不動産物件を購入したから絶対にお金を稼げるという訳ではありませんが、うまく成功させることができれば長く収入を得続けることが出来ます。今は古い家をリノベーションするのが流行しているため、流行を取り入れたりすれば人気物件になって家賃収入もアップさせることができるかもしれません。

親の遺産があるという人や、多くの資本金があるという人は不動産物件を購入し、家賃収入で生活していくという方法を考えてみてもいいでしょう。

まとめ

ネオニートになる方法について、いかがでしたでしょうか?多くの人が憧れるネオニートですが、決して楽をしている訳ではなく、むしろ自分の力で収入を得ていることからするとニートとは全く違うということがわかったと思います。最初から大きな成果が得られるわけではありませんが、コツコツ続けることが大切ですよ!

知りたい