ドラマ「昼顔」に不倫告白投稿が殺到!9つの体験談を紹介
UPDATE:2019.08.27

ドラマ「昼顔」に不倫告白投稿が殺到!9つの体験談を紹介

結婚

2014年7月17日から2019年9月25日までフジテレビで放送されていたドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」。主婦の不倫を描いたドラマですが、視聴率は右肩上がりで、公式サイトの最新動画が2日間で5万再生突破の新記録を出すなどかなりの大人気でした。一体どうしてこんなに人気のドラマになったんでしょうか?

また、人気とともに話題になったのが昼顔公式サイトの掲示板に続々と投稿された「不倫告白投稿」です。おびただしい数の不倫告白投稿がされる中、不倫している夫婦の子供と見られる投稿もあったりと、かなり話題に。既に公式サイトの掲示板は閉鎖されてしまっており、今はそれらの不倫告白投稿を見ることは出来ませんが、当時投稿されていた不倫告白9つをご紹介させていただきたいと思います。昼顔にまつわる不倫告白投稿が気になるという方はぜひチェックしてみてくださいね。

「昼顔」ってどんなドラマ?

昼顔は毎週木曜日の22:00~22:54にフジテレビで放送されていたドラマで、放送期間は2014年7月17日から2019年9月25日となっていました。全11話となっており、あらすじは以下のようになっています。

紗和は狭いマンションで夫と二人、子供もなく平凡に暮らす主婦だった。ある日、紗和はパート先のスーパーで、美しい利佳子と知り合った。利佳子は裕福な夫や二人の娘と何不自由なく暮らしながら、遊び感覚で不倫を楽しむ人妻だった。 スーパーで起こった高校生による車上荒らしの一件で、紗和は担任教師の北野裕一郎と出会った。裕一郎には妻がいたが、お互いに惹かれ合っていく紗和と裕一郎。一方の利佳子は画家の加藤に遊び以上の想いを抱き、家庭内に波風を立ててしまった。 利佳子の影響は受けまいと葛藤しつつ、裕一郎と不倫関係に陥る紗和。二人の関係は本気の恋愛に発展していった。しかし、紗和の存在は裕一郎の妻の知るところとなった。弁護士も交えた話し合いの結果、別れざるを得なくなる紗和と裕一郎。 利佳子は娘たちのために加藤と別れ、家庭に戻った。裕一郎も勤務先の高校を退職し、離婚しない意志の妻と遠く離れた場所へ引っ越した。しかし紗和は結局、夫と離婚して一人になった。紗和と裕一郎に残ったのは、忘れがたい愛の記憶だけだった。

引用元:昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜

ちなみにこのドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち~」のタイトルの「昼顔」とは1967年のカトリーヌ・ドヌーヴ主演映画の「昼顔」から来ています。情報番組「ノンストップ!」が「平日昼顔妻」として繰り返し取り上げており、この平日昼顔妻ととは、映画の昼顔の貞淑な妻である裏で昼間に夫に隠れてに売春をするヒロインのように、夫がいない平日昼間に不倫をする主婦のことを指している言葉です。

女性に受け入れられる工夫

しかし、ドラマで描かれていた平日昼顔妻とノンストップ!で報じれていたような平日昼顔妻は全く違います。

違うことはいくつかありますが、その中でも一番大きなものが「夫への不満」「罪悪感」です。ノンストップ!で描かれていた平日昼顔妻はアンケートの結果、170人中122人と78%の女性が「夫への罪悪感はない」と回答しており、全く罪悪感を抱かずにただただ純粋に割り切って不倫を楽しんでいる人がほとんどでした。つまり、不倫はただの遊びでしかなく、夫に不満は抱えているものの離婚するきは一切ないということなのです。しかし、ドラマでは違います。ドラマの登場人物である紗和(上戸彩)や利佳子(吉瀬美智子)は夫や姑など、家族への罪悪感に苛まれ苦しんでいる姿が度々描かれています。また、利佳子(吉瀬美智子)の場合は夫への不満をどんどん募らせていき、離婚する気でいるということが描かれています。

このノンストップ!とはまた違うキャラクター設定には「女性からの批判を避けるため」の工夫がされていたと言われています。女性は「不倫をする女は女の敵」という考えが強いですよね。不倫は家庭や人生を壊してしまうことにもなりかねません。そういう意味では紗和(上戸彩)や利佳子(吉瀬美智子)も女の敵ではあるものの、ドラマですから怖いもの見たさや続きが気になって「見てみよう」という気持ちになります。

更に、昼顔で描かれていた不倫には大義名分があります。昼顔に出てくる紗和(上戸彩)や利佳子(吉瀬美智子)の夫たちは妻を見下す横暴で傲慢な夫や自分のことにしか興味のないセックスレスな夫。つまり、明らかに男性側に非があるということが描かれているのです。このように「こんなひどい夫じゃ不倫してしまうのも仕方ない」と主なターゲットである女性たちに思わせることで受け入れられやすくなります。「あんなひどい夫に毎日虐げられている中で、あんな素敵なイケメンが出て来たら不倫しちゃうよね」という設定にすることで「不倫」というものへの嫌悪感をまずなくしているのです。

昼顔の公式サイトに投稿された不倫の告白9つ

それではこれからは昼顔の公式サイトに設置された掲示板に投稿されていたという数々の不倫経験談、不倫告白投稿の中から9つをご紹介させていただきたいと思います。

引用元:「昼顔」★HPの掲示板で不倫経験者が自分語りしまくってるwwwww

不倫告白その1

彼との時間があるから、仕事も家事も育児も頑張れるんです。 平日の昼間にホテルに行くとほぼ満室。私たちのようなカップル多いんだろうなって思いますよ。

まず一つ目は平日の昼間にホテルで不倫を繰り返しているらしい主婦の女性の投稿です。どうやら専業主婦ではないらしく、毎日仕事をしながら育児に家事と奮闘しているようです。忙しい毎日だとたしかに疲れてしまいますよね。しかし、どうやら旦那さんとは癒やし合うことが出来ていない様子。この女性の語ると事によれば、平日の昼間にも関わらずホテルはほぼ満室なんだとか。普通の人は仕事をしている時間ですよね。そんな時間にほぼ満室ということはまさか…と考えてしまいますね。

不倫告白その2

この関係を断つことができず悩んだ時期もありましたが今では欠かせない存在です。夫を愛していないわけではありません。私を女として愛してくれる人が欲しいだけです。

不倫関係への葛藤を抱えている人も居ます。しかし、どうしても欠かすことができない存在…旦那さんに愛情はあるものの「家族」となってしまいセックスレスに陥ってしまっているパターンでしょうか。

不倫告白その3

空白の心・届かぬ思いは別の人に求めました。波長が合う人に巡り合った時、離婚を進める勇気が出ました。裁判までした結果10年以上かかりましたが離婚 そして再婚します。こんな不倫結果もあります。

不倫から裁判に発展し離婚し、そして不倫相手だった人と再婚するという人も。10年間愛が続いたのは素直に凄いなと思います。

不倫告白その4

お互いに相手がいる身で、お互いに惹かれあい、燃えるような恋をして、親の反対を押し切り離婚、元旦那に慰謝料を二人で払い、三年の交際をへて、昨年再婚しました。

こちらも不倫の末に離婚をし、再婚したというカップル。しっかりと慰謝料を支払って新しい関係を踏み出した不倫カップルも少なくないようです。

不倫告白その5

いけないこと、、そんなのわかってます。ただやっぱり女なんです。 女でいたい、、彼との充足した時間が、あるから、子供や家庭でも頑張れるんです。

いけないことだとはわかっていながらも、子供が産まれて母となりながらもどうしても「女」という自分を捨てる事ができない女性も数多く存在しています。女性はいくつになっても女性。母になることも大切だけど、いつまでも女性でいたい。そう思っている女性は少なくないのではないでしょうか。

不倫告白その6

女は愛に飢えると、補充したくなるもの。 それは独身も既婚者も変わらない様ですね。

旦那さんからの愛情を感じる事ができず不倫に走るという主婦の人は本当に多いようです。独身ならば不倫にはなりませんが、既婚者の場合は不倫になります。

不倫告白その7

今は旦那には内緒で前職の上司と連絡を取り合っており、聞き上手で私のことを色々褒めてくれ、大人な彼に少しドキドキしてしまっている自分がいます。 妻や母親としての自分意外の「女としてのワタシ」をたまには出して見たくなる。

上司との不倫関係への一歩を今にも踏み出しそうな女性の投稿です。聞き上手で投稿者さんのことを褒めてくれる大人な上司の方も不倫へ気持ちが傾いているのでしょうか。妻や子供の母親としての自分として毎日毎日頑張ってきたけどそんな毎日に退屈してしまった、刺激がほしい…そんな気持ちの間で揺れ動いているようです。

不倫告白その8

彼との時間はかけがえのないもの。
私の結婚生活が幸せでない分、彼が安らぎを与えてくれます。
子供は大事だし、家庭を守るのは妻の務めですが
心は彼のものです。

家庭のこと。子供のこと。自分の妻や母としての役割をしっかりと認識しながらも、安らぎをもたらしてくれる彼の存在はかけがえのないもの。そんな風に考えている女性の投稿です。結婚生活が幸せではないということで、一体どんな事情があるのか気になりますね。

不倫告白その9

○○に会いたい、俺の事どう思ってる?私の気持ちを確かめようと甘えてくる彼を愛おしく思っている自分がいて、ズルズルとこの関係が続き破滅の道から戻って来れなくなってしまいそうで不安です。

不倫関係は破滅への道につながっている…そんな風に考えているものの、どうしても不倫相手の彼のことが愛しくて不倫をやめることが出来ない。そんな女性も存在しています。

まとめ

昼顔の不倫告白投稿について、いかがでしたでしょうか?完全に割り切って不倫をしている人もいれば、罪悪感や不安を感じながら不倫をしている人もいます。この書き込みをした人の中には別れてしまった人もいると思いますが、不倫を続け、けじめを付けて離婚し再婚した人もいます。とはいえ不倫は周りを巻き込むこともあるということをしっかり考えておく必要があるでしょう。

結婚