男同士の純愛「おっさんずラブ」はなぜ面白い?愛される7つの理由
UPDATE:2019.10.24

男同士の純愛「おっさんずラブ」はなぜ面白い?愛される7つの理由

TV・映画

2019年8月23日からは「劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」が公開されたりと大人気のおっさんずラブ。

初回の放送は2016年12月31日0時40分の単発ドラマ版で、そこから話題になり2018年4月21日から6月2日まで連続ドラマ版が放送。最終回目前のepisode6と最終回のepisode7はTwitterの世界トレンド1位になるなど世間からも多くの注目を集め、社会現象となっていました。

おっさんずラブはタイトルの通り、おっさん同士の「ラブ」のドラマであり、そこに描かれているのはマイノリティな人たちの恋愛模様ですが、一体なぜここまで多くの人に愛される作品になったのでしょうか?

今回はそんなおっさんずラブが多くの人に愛される理由についてご紹介していきたいと思います!

おっさんずラブのあらすじ

主人公の春田創一(春田創一)は33歳にもなって実家暮らし、おまけに私服もクソダサいというダメダメ系男子。好きなタイプは「ロリで巨乳」、趣味は「ゾイド」、合コンでは酔っ払って後輩にタクシーに詰め込まれて帰宅するという…これだけ聞けばヤバさしかない男性ですが、不動産会社での仕事に誇りを持ち、人当たりも良く、地域の誰もから愛されるいわゆる「人たらし」なのでした。

28歳から彼女がいないという彼はロリ巨乳な彼女を作るべく後輩の栗林歌麻呂(金子大地)たちと共に合コンに繰り出します。そして、そこでロリ巨乳の彼女………ではなく、巨根のイケメン彼氏・牧凌太(林遣都)と運命の出会いを果たします。

その後、会社の部長である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)にも愛を告げられ、更にはただの友達だと思っていた幼馴染の女の子、荒井ちず(内田理央)からも告白され…という、突如モテ期が訪れた春田の周りで起こる恋愛模様が展開していきます。

おっさんずラブが愛される7つの理由

それではここからはそんな、おっさんずラブが多くの人から愛されている理由についてご紹介していきたいと思います。おっさんずラブを見たことがあるという人はもちろんのこと、気になっているけど見ようか迷っているという人もぜひチェックしてみてください。

おっさんずラブは男性同士の恋愛を描くドラマということで、人によって抱くイメージは様々だと思いますが、笑いあり、涙ありの正統派ラブコメディとなっています。楽しくドラマ自体を楽しみながら、心を癒やしてくれたり、人を愛する大切さを改めて思い出させてくれたり…とっても沢山の魅力が詰まっています。

愛される理由その1「ストーリーが面白い」

まずはなんと言ってもそのストーリーの面白さが人気の秘密です。映画は1本ですが、ドラマの場合は連続して何本かの話が続いていくため、視聴者を離さないように1話ごとに展開を広げ、次回に繋げなければいけません。「次回が気になる!」そう思うからこそ次も見ようと思いますよね。

おっさんずラブの1話目ではひょんなことから2人は春田の実家で同居することになりますが、なんと終盤、牧がお風呂に乱入。シャワー中の春田に「巨根じゃダメですか?」と迫り、ずぶ濡れになってキスをするという超衝撃の展開が描かれます。徐々に話が進んでいくのかと思ったら、突然のこの展開には驚いてしまった人も多い様子。

そして2話では牧と部長が春田を取り合って会社の屋上で大喧嘩を始めます。シリアスなシーン、コメディシーン、胸キュンシーンなど目まぐるしく変わる展開に視聴者は釘付けになってしまうというわけですね。

愛される理由その2「キャラクターが魅力的」

おっさんずラブは主に「天空不動産」という春田、牧、部長らが所属しているオフィスを中心にストーリーが展開していきます。

天空不動産にはこの他にも生意気でぶっとんでいる若手営業マンの栗林歌麻呂(金子大地)、実は牧の元カレである武川政宗(眞島秀和)、ゴシップ大好き瀬川舞香(伊藤修子)らが働いています。

また、春田の幼馴染の荒井ちず(内田理央)や居酒屋わんだほうの店主でちずの兄・荒井鉄平(児嶋一哉)、黒澤部長の元妻・黒澤蝶子(大塚寧々)など、メインの3人を取り巻く人たちはみんなキャラが濃く、魅力的です。これだけ沢山のキャラクターが登場していると誰か1人くらいは影が薄くなりがちですが、どのキャラクターにも「名言」と呼べるようなセリフがあります。

マロの「好きすぎてヤバいから結婚するんすよね?」はシンプルながらもハッとさせられる名言でした。

愛される理由その3「SNS戦略」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

出社なう。 まさかのはるたんとバスが一緒…! 朝から幸せすぎるお。 今日も1日、がんばるぞー♬

武蔵の部屋【公式】さん(@musashis_room)がシェアした投稿 –

おっさんずラブには公式Instagramの他にもう一つ「武蔵の部屋」というInstagramアカウントがあります。これは春田のことを「はるたん」と呼び、愛情を注ぎまくっている黒澤部長のアカウントという設定で、本編とリンクした様々な写真が掲載されています。

投稿される写真は主に「はるたん」で、しかも隠し撮り画像です。テレビだけでなくInstagramでもドラマの世界を楽しめると大人気になりました。

愛される理由その4「脇役も輝いている」

上でもご紹介の通り、おっさんずラブは脇役もとても魅力的です。恋愛ドラマというとどうしてもメインキャラクターよりに描かれがちで、脇役に関しては雑になってしまうこともありますが、おっさんずラブは脇役と呼ばれるキャラクターたちもとても丁寧に描かれています。

「そういえばあの人どうなったっけ?」とならないため視聴者もモヤモヤしないで済みます。

愛される理由その5「愛することの大切さが描かれている」

コミカルなシーンが多いおっさんずラブですが、男同士の恋愛を描くに当たって避けては通ることが出来ない部分の感情についても描かれています。

ドラマから察するに牧は元々ゲイだったようですが、春田は今まで異性としか付き合ったことがありませんでした。そんな中、急に男性から迫られる戸惑い、戸惑いから生まれる苛立ち、不安、葛藤の中で春田は牧に冷たい言葉を言い放ちます。

黒澤部長は、春田を好きになってしまったため長年連れ添った妻である蝶子さんと別れを決意します。牧と別れた春田と同居を開始した部長は結局は振られてしまいますが、どこかで別れを予感しながらも全力で春田を愛する、そんな部長に心を打たれた人も多かったのではないでしょうか。

LGBTを題材にした作品はとてもセンシティブな部分がありますが、そこに深く踏み込むことなく、ただただ「誰かを愛することの大切さ」が描かれています。男も女も関係なく、その人のことを好きになる。見終わった後には「誰かを好きになるっていいな」と思わせるような、そんなドラマです。

愛される理由その6「差別や偏見がない」

おっさんずラブの世界では差別や偏見が描かれていません。今ではLGBTは広く受け入れられるようになってきていますが、差別や偏見は現代になってもまだ残っています。

しかし、おっさんずラブの世界では「男同士で!?」と驚くことはあっても、登場人物の誰も、男性が好きだということを批判したり気持ちを否定したりすることはしません。

おっさんずラブの世界は男が好きな自分、ありのままの自分を登場人物みんなが受け入れてくれているというとっても優しい世界なんだお。

とはいえ全く偏見がなく、異性同士の恋愛と同じように描いている訳ではなく、牧のセリフ「世間はいつだってうるさいです。でも結局、今の自分たちにとって一番大事なものは何かってことだと僕は思います」からもわかるように、偏見があることは踏まえた上で、登場人物から差別や偏見を無くしています。誰もがみんな春田や牧や部長を認めてくれている、だからこそ視聴者も難しいことは何も考えず、ただただその登場人物の「想い」を応援することが出来るのです。

愛される理由その7「最終回が神」

おっさんずラブは全7話となっていますが、最終回目前の6話は超波乱の展開に!どのくらい波乱だったのかというと、あまりの展開に視聴者から脚本家に怒りのコメントが殺到することになってしまったほど。

春田と牧の楽しいデート回から一変、視聴者は絶望の淵に叩き落された6話。7話が放送されるまでの一週間を鬱々とした気持ちで過ごし「もうだめだ」そんな気持ちで見た7話は…あまりにも神すぎてお赤飯を炊いた人もいるらしいです。最高のハッピーエンドでTwitterはお祭り状態。世界トレンド1位にもなるなど日本のみならず海外でも話題になりました。

今まで周りから流されるままだった春田が初めて自分から行動し、感極まって半分泣きながら牧にどストレートに愛をぶつけるシーンは涙無しには見られません…。「終わりよければ全て良し」なんて言葉がありますが、6話で味わった地獄もこのラストのためにあったのかと思えばむしろ最高のスパイスだったと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?おっさんずラブは笑って、泣いて、そして愛することの大切さを思い出させてくれるような、真っ直ぐな愛を描いたドラマです。

しかもキャストがイケメン揃い!で胸キュンシーンも数え切れない程あります。これはもう見るっきゃありませんよね。おっさんずラブをまだ観たことがないという人はぜひ1話から、観たことがある人という人もおさらいのつもりでまた1話から観てみてはいかがでしょうか。

TV・映画