付き合ってもいいの?マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向11選!
UPDATE:2019.09.24

付き合ってもいいの?マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向11選!

恋愛男性心理

いつの時代もマザコン男は存在しています。マザコンだということを隠さないマザコン男も居れば、普段はそんな素振りを見せないのに、母親の前だと急にゴロにゃん状態になってしまう隠れマザコン男も!男らしい彼だと思ったのに、実はマザコンだった…なんてことも少なくないんです。結婚しようと考えていた相手が重度のマザコン男だったことが発覚し、結婚を諦めた人もいるほど。

「マザコン男ってそんなにダメなの?」と思う人もいるかもしれませんが、でもよく考えてみてください。結婚してからはお義母さん、となるわけです。そんな時に夫がマザコン男だったらどうなると思いますか?お義母さんに意地悪をされたり理不尽なことを言われたとしてもマザコン夫は「母ちゃんは悪くない」とお義母さんのことをかばい、あなたのことを責めるかもしれません。もちろん、本当にあなたに非がある場合は仕方がないかもしれませんが、明らかにいびられているというのに味方をしてもらえないは辛いものですよね。

実際、夫のマザコンぶりに嫌気がさして離婚をしたという夫婦も少なくないんです。そんなマザコン男、出来るなら避けたいと思ってしまいますよね。そこで今回はそんなマザコン男の特徴や心理。恋愛傾向についてご紹介させていただきたいと思います。あなたを将来的に悩ませることになるかもしれないマザコン男について知って、出会った時にもしっかりと対処出来るようにしておきましょう。

そもそもマザコンって?

そもそもマザコンってなんなの?と思う人もいるかもしれません。マザコンとは、母親に依存している人のことを指します。一般的には男性のことを指しますが、マザコンという言葉に男性の意味が含まれている訳ではありません。マザコンは和製英語で、正式な心理学的な用語ではないものの、日本では広く知られている言葉です。(英語圏でのマザーコンプレックスという言葉は母親から子供への精神的・肉体的暴力を表す言葉として知られているため、英語圏で使う場合は注意が必要)

日本人の言うところのマザコンは何歳になっても子供の時のように母親に依存し、母親離れが出来ていない人のことを指します。何かあれば「俺の母ちゃんは~」と母と比べる発言をしたり、何か困ったことがあれな母親に助けを求めます。そして、彼女や妻の意見よりも母親の意見を聞こうとします。

このようなマザコンですが、実は日本ではかなり否定的に捉えられているものの、欧米諸国では肯定的なイメージのようです。伝統的に一族や家族の絆を重視する価値観が強いイタリアでは、大人になってからも母親を大切にする人は「マンモーネ」と呼ばれ、家族思い、母親思い、家族を大切にしていると思われているようです。アメリカでも、親孝行な息子と思われる程度の認識なんだとか。

このように海外との考え方の違いもありますが、どちらにせよ行き過ぎたマザコン男と付き合う場合は大変なこともあると考えておいた方がいいと言えるでしょう。とはいえ、行き過ぎておらず、あなたのことも尊重しているようならそれはマザコンではなく「母親思いの孝行息子」と言えるのかもしれません。実際、欧米以外でも、中国や韓国でも母親を大切にする男性は多く、韓国には大きくなっても母にべったりの息子をさす「ママボーイ」という言葉も存在しています。

母親に依存して何事も自分で決める事ができないマザコン男なのか、それとも家族や母親思いの孝行息子なのか、それはあなた自身がその彼と実際に付き合ってみて判断すべきと言えそうです。実際、「マザコン男性は優しい」という意見もあります。母親をないがしろにする息子より、母親を大切にする息子の方がいい、ある意味ではそんな風に言えるのかもしれません。この辺りの線引も難しいため、マザコンという言葉に明確な線引はないようです。ですのでここでは一般的な、結婚したら苦労するであろう母親に依存しきっているマザコン男について書いていこうと思います。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向11選

それでは早速これからマザコン男の特徴や心理、恋愛傾向についてご紹介させていただきたいと思います。どうしてもマザコン男は嫌だ、今付き合っている彼が孝行息子なのか、マザコン男なのか見極めたい…そんな風に思っている女性は是非これからご紹介させていただく特徴や心理についてチェックしてみてくださいね。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その1「自分で決めることが出来ない」

マザコン男は何か決断を迫られた時、自分で決めることが出来ません。人生の大切な場面で悩んでしまった時、確かに誰かに意見を聞きたい時もありますよね。それが後押しになってくれたり、冷静になれるきっかけになることもあります。しかし、いくらなんでもいつも自分で決めずに母親に判断を仰いでいるようならそれはマザコン男の可能性大。デートの時やあなたとの付き合いでの大切な場面でも「ママに聞かないとわからない」という状況になってしまうかもしれません。なかなか決めることが出来ずに時間ばかり過ぎてしまうのはもったいないですよね。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その2「母親と比較してくる」

彼女や奥さんのことを自分の母親と比較してくるのはマザコン男の大きな特徴とも言えます。「母ちゃんはこうだったからこうしてほしい」「母ちゃんはもっとこうしてくれたのに」などなど、何かにつけてあなたと母親と比較することでしょう。料理の味を甘めにしてほしいくらいなら可愛いものですが、あれこれママと比較されるのでは疲れてしまいますよね。このように誰かと比較して否定するような人はマザコンかどうか以前に、一緒にいると疲れてしまうことでしょう。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その3「自信がない」

常に自信なさそうにしている人っていませんか?そんな人はもしかしたらマザコン男の気質があるかもしれません。今まで何もかも母親に頼ってきたので、自分の選択には不安があるんです。だからいつも自信がなさそうにしています。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その4「母親の意見が第一」

マザコン男の特徴として、彼女や妻の意見より何よりも母親の意見を尊重するという特徴があります。あなたと彼の母親の意見がぶつかった場合、あなたの方が正しかったとしても彼は母親の意見を重視するかもしれません。このようなマザコン男の場合、彼女や奥さんになった時に旦那が味方をしてくれなくて困ることになるかも知れません。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その5「偏食がち」

好き嫌いが多いという人ももしかしたらマザコン男かもしれません。マザコン男が作り出されるのは、母親が甘やかしてきたからということも少なくないようです。息子が嫌がる食べ物は出さないので、好きなものしか食べず、偏食がちになるというわけです。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その6「よく母親を褒めている」

よく母親のことを話題に上げてきたり、よく褒めているという男性はマザコン男の可能性が高いです。「うちの母ちゃんはこんなに凄い」などという話と何度も聞かせてくる場合、いつも母親のことを考えているマザコン男だと言えるかも知れません。大切な家族である母親のことを考えるのは悪いことではありませんが、いつも母親の話ばかりでは親離れ出来ていないんじゃないかと思ってしまいますよね。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その7「常に母親の肩を持つ」

マザコン男にとって、大好きな母親が全てです。それは妻や彼女でも同じ。どんな状況であれ母親を優先するため、妻や彼女は辛い思いをすることになるでしょう。姑がいい人なら何の問題もないかもしれませんが、姑があなたをいびってくるような人ならあなたが辛い思いをするかもしれません。なぜなら、あなたが辛い思いをしていてもマザコン男は助けてくれないからです。むしろ「母ちゃんになんてこと言うんだよ!」とあなたに対して怒りを向けてくるかもしれません。正しいか正しくないかの判断も冷静も出来ない…ここまで行くとかなり重度のマザコン男と言えるでしょう。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その8「母の料理と比較する」

マザコン男の料理の好みは母親によって作られています。何か料理を作っても事あるごとに「母ちゃんはもうちょっとこうだったな~」「もっと母ちゃんみたいに作って欲しい」と言ってくるようだったらマザコン男かもしれません。もちろん単に家庭の味が好きだという可能性もあります。そこは他の特徴とあわせて男性を観察してみて、マザコン男なのかどうかの判断をするといいでしょう。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その9「母に呼ばれたら即帰宅」

マザコン男は常に母親が一番!なので、大切な用事があったとしても母親に呼び出されたらすぐ帰宅してしまいます。「母ちゃんがアップルパイを焼いてくれたから帰る」このような理由でデート中でもどんな時でも帰ってしまうようならマザコン男と言えるでしょう。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その10「ファッションセンスが独特」

重度のマザコン男の場合、服を母親に選んで貰っていたり、母親のファッションセンスが染み付いてしまっている場合があります。そのため、特徴的なファッションになってしまっていることも。サイズが大きすぎたり小さすぎたり、服装のセンスが古すぎるという場合、もしかしたらマザコン男かもしれません。

マザコン男の特徴・心理・恋愛傾向その11「ママと呼んでいる」

マザコン男は子供の時の延長で母親のことを「ママ」や「マミー」と呼んでいる場合もあるようです。また、この場合母親の方も「〇〇くん」と呼んでいる場合も。ただし、帰国子女だったりハーフ、クォーターの場合など、海外の文化的背景から「ママ」「マミー」と呼んでいる場合もあります。

まとめ

マザコン男の特徴や心理についていかがだったでしょうか?ひどく言われがちな「マザコン」ですが、逆手に取って上手く立ち回ったり、むしろ彼の母親と仲良くなることで逆に男性をうまく手玉に取るということが出来る場合もあります。

マザコン度にもよりますが、マザコン男は女性次第は素敵な彼・夫になる可能性も秘めています。後悔しないようにしっかり見極めてくださいね。

恋愛男性心理