【狂気】インスタ女子の闇が深すぎる!思わずドン引きな行動9つ
UPDATE:2019.08.19

【狂気】インスタ女子の闇が深すぎる!思わずドン引きな行動9つ

人間関係

今やスマートフォンは誰でも持っているのが当たり前になっており、そんな人たちの多くがTwitterやInstagramなどのSNSをやっていますよね。バーチャルな世界であるSNS上ではキラキラした部分がとっても強調され、とても素敵に見えます。どうみても「リア充」としか言えないような素敵な写真をInstagramに投稿しているインスタ女子は多くの女性たちの憧れとなっていました。しかし、流行りはいつか廃れるもの。Instagramにはキラキラした写真ばかりが溢れていて面白くない、そんな風にだんだんと世間の関心がInstagramやインスタ女子から離れていくと、また別の部分が見えてきます。それがインスタ女子の闇です。漫画の広告などでもSNSの闇についての漫画が宣伝されていたりと、インスタ女子の闇はかなり話題になっているようです。今回はそんな、知ればびっくりしてしまうこと間違いなしなインスタ女子の狂気的な行動についてご紹介させていただきたいと思います。

あなたももしかして痛いインスタ女子だと思われている可能性も…?これから色々と世間から痛い、怖い、ヤバイと思われているインスタ女子の特徴や行動についてご紹介させていただきたいと思いますので、あなたや周りの友達と当てはめてチェックしていってみてくださいね。

インスタ女子の闇は深い

キラキラした素敵なもの、カワイイものでいっぱいのInstagramの世界。そんな世界に住んでいるインスタ女子もキラキラに見えますよね。しかし、実はそんなことはないんです。オシャレな画像を投稿するInstagramで活躍しているインスタ女子は別名インスタグラマーと呼ばれ、沢山のフォロワーに囲まれInstagramで様々なカワイイもの、きれいなもの、素敵なものを発信しています。インスタ女子が何かカワイイ画像をInstagramに投稿すればすぐに「いいね」の嵐!投稿に付けることができるいいねの数は人気の指標にもなり、インスタ女子はいかにいいねを沢山もらうかということに心血を注いでいます。

Instagramで見る世界はどれもがキラキラしていて素敵で、まるで自分が住んでいるのとは別世界のように思えてしまいますよね。Instagramに限らず、写真や映像だけでみる世界は真実ではありません。その写真や映像の形に切り取られてしまった、都合のいい世界なんです。映画やドラマだって、作品として完成させるから美しくなるわけで、編集しないまま全部を包み隠さず見せれば音響や監督やカメラマン、スタッフ、いくつも設置されたカメラなど、様々な「裏方」の情報が見えてしまいますよね。

つまり、Instagramの世界は切り取られた世界なんです。本当の世界はInstagramほどキラキラしているわけではないということ。しかし、インスタ女子はInstagramでキラキラしたところだけを見せることにこだわっています。それを仕事にまでしているならまた別かもしれませんが、そうではなくただ虚栄心を満たすためだったり、他人にアピールするためだけInstagramに力を入れているインスタ女子は「痛い」と思われていることが今では多くなってきました。

自撮り写真についても同じことが言えます。Instagramではとても魅力的な人に見えたけど、実際会ってみたら全く雰囲気も顔も違ったなど。写メ詐欺なんていいますが、Instagramもそれと全く同じです。写真が映しているのは真実ではないということです。しかし、そのギャップをあえて隠すかのようにInstagramでは自分の姿を偽っているという、インスタ女子のそんな部分に多くの人は闇を抱えているようです。

思わずドン引きしてしまうインスタ女子の行動9つ

それではこれから、思わずドン引きしてしまうインスタ女子の行動についてご紹介させていただきたいと思います。もちろん、全てのインスタ女子に当てはまるわけではなく、これはほんの一部のインスタ女子に当てはまっているだけです。とは言え、あなたが普段見ているインスタ女子の中にも実は裏でこんな痛すぎる行動をしているインスタ女子も存在しているかもしれません。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その1「人を選ぶ」

インスタ女子の中で最も大切なことはなんでしょうか?それは「インスタ映え」です。Instagram上で映えることが全てなので、実際の人間関係はそこまで気にしていないというインスタ女子も少なくないんだとか。インスタ女子の周りにいて相応しいのはインスタに映える可愛かったり、イケメンの友達です。そのため、周りにいてあまり映えない、地味な子や見目がよくない子はInstagramの写真に映らないように除外します。

これは彼氏にしても同じで、性格なんて似の次。とにかく大切なのはインスタ映えすることです。写真映えするイケメンを選ぶのがInstagramに命をかけるインスタ女子のやり方なのです。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その2「映え重視で決定」

どこか旅行にいきたいと思った時、何かしたいことがあったり、行きたい場所があったり、何か見たいものがあったり…そんな理由で決めることが普通ですよね。しかし、インスタ女子の場合はインスタ映えするかどうかで出かける先や予定を決めます。

もはや自分がInstagramを操作しているのではなく、Instagramに操作されているような…インスタ女子のそんな一面を感じさせる話ですよね。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その3「あざとい投稿」

インスタ女子のInstagramの投稿の中には、自撮りではなく誰かに撮ってもらったかのような写真が沢山投稿されていることがあります。しかし、友達なら一緒に写真を撮るでしょうし、彼氏とでもツーショット写真を撮るはずです。また、友達と一緒に写真を撮ったならいいねを貰うためにタグがついているはず。それもない他人撮影の写真は一体誰が…?

なんだかいろいろ考えてしまいますが、そんな写真の中でさり気なくブランド物のバッグやブランド物の時計を自慢したりということを、時としてインスタ女子は行うことがあります。あからさまにブランド物を自慢するのは下品、という訳でさり気なく匂わせるというあざとい投稿です。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その4「パパ活」

最初に聞いた時は冗談かと驚いてしまいましたが、どうやら事実のようです。インスタ女子の中には、キラキラしたInstagram上の世界を保つためのお金を手にするため、パパ活を行っている人もいるようです。Instagramでキラキラするのはタダでは出来ません。カワイイスイーツやオシャレなホテルに泊まるにはお金が必要ですよね。Instagramの世界には元々のお金持ちのインスタ女子も入れば、一切にはそんなに裕福ではないインスタ女子も居ます。

お金がないインスタ女子はパパ活をして、Instagram上のキラキラ生活を意地しているんです。Instagramの上がキラキラしてさえいれば、実生活はいくら荒んでしまっていても構わない…そんな極端な考え方になってしまうインスタ女子ももしかしたらいるかもしれませんね。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その5「平気で嘘をつく」

インスタ女子が一番大切にしているのはいかにインスタ映えする写真を撮るかということです。そのためには嘘を付くのなんて当たり前。例えば、いいねがもらいやすい手料理やインテリアの投稿。よく見てみると毎回壁紙や床材が違ったり、テーブルが違ったり…。一体どれだけ広いの?とツッコミたくなってしまいますがそんな家に住んでいるとも考えにくいですよね。つまり、嘘をついているということです。嘘がバレると炎上してしまうため、とても巧妙な嘘をつきます。インスタ女子にとってはInstagramの世界の中が現実なのかもしれませんね。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その6「試着した服を自分のもののように投稿」

インスタ女子の間ではカワイイコーデをアップするのも流行しています。「今日のコーデ」というタグと一緒に最新の流行を取り入れたカワイイファッションの写真を1枚。しかし…その写真、実は買った服じゃなくて試着室で試着した服なんです。試着した後で買うインスタ女子も居ますが、元から買うつもりはなく、自分が買った服のように見せかけてInstagramに投稿するために試着するインスタ女子も存在しています。試着室というのは買う前にサイズ感などを確かめるために着る場所ですよね。それがInstagramの写真撮影のために占領されてしまったら迷惑極まりないです。

思わずドン引きなインスタ女子の行動その7「写真を撮ったら捨てる」

インスタ女子の行動の中でも世間に大きな衝撃を与えたのがこの行動ではないでしょうか?新しいスイーツというのは見た目も可愛い、物珍しい、美味しそうと話題になってニュースなどでも取り上げられますよね。

もちろん全てのインスタ女子ではなく、一部のインスタ女子ではあるのですが、そんな一部のインスタ女子たちはインスタ映えする写真が撮れたらスイーツそのものは捨ててしまいます。インスタ女子がほしいのはスイーツではなく、スイーツを持っている自分の写真なのです。インスタ女子はダイエットをしている人も多いので、食べると太ってしまうため食べずに捨ててしまうようです。

まとめ

インスタ女子の闇について、いかがでしたでしょうか?キラキラしているように見えるInstagramの世界ですが、それは切り取られた一部にしか過ぎません。あまりにそんな世界に執着してしまうと、どんどん現実から切り離されていってしまうことになるので、現実にしっかりと足を付けておくのが良さそうですね。

人間関係