気分屋な人の特徴9つがコレだ!付き合う時の注意点も解説
UPDATE:2019.08.09

気分屋な人の特徴9つがコレだ!付き合う時の注意点も解説

人間関係

気分屋な人っていますよね。その時の気分によって言っていることややることがコロコロと変化する、そんな気分屋の人。自分で自覚している、していないに関わらずちょっとマイナスなイメージもある気分屋という言葉ですが、逆に人の顔色ばかり気になってしまってなかなか自分の思ったことを口に出すことが出来ないという人からしたら羨ましがられることもあるのが気分屋の人の特徴ではないでしょうか。自分の気分で自由に行動・発言することから気分屋の人は猫のような人と言われることもあります。

気分屋の人は特に悪気があるわけではないものの、思っていることがついつい態度や顔に出てしまったりと、そんなことがあるのではないでしょうか。「機嫌悪いの?」「怒ってる?」などとよく人から聞かれる事があるという人はもしかしたら気分屋な一面がある人かもしれません。自分のテンションが低い時と高い時ではかなりの落差があるというのも気分屋人の特徴ではないでしょうか。普通なら周りに気分の変化を悟られないようにするものですが、気分屋の人はついつい出てしまうのか、それとも隠すつもりがないのか、変化がかなり顕著です。そのテンションの違いはまるで別人なんじゃないかと思うほどの振り幅がある場合もあり、付き合う人は大変だったりしますよね。

そこで今回はそんな気分屋の人の特徴と、付き合っていく上での注意点についてご紹介させていただきたいと思います。「私ってもしかして嫌われてるの?」なんて思ったらただ気分屋なだけだったりすることもしばしば。気分屋な人の特徴や付き合い方を知っておけば気分屋な人に振り回されることなく楽しく付き合っていくことが出来ますよ!それではご紹介させていただきたいと思います。

気分屋な人の特徴9つ

それでは早速気分屋な人の特徴についてご紹介させていただきたいと思います。友達が気分屋な子だったり、職場に気分屋な上司がいたりすると結構振り回されてしまうこともありますよね。仲のいい人ならまだしも、あまり知らない人の場合戸惑ってしまうこともしばしば。しかし、それも気分屋の人の特徴だと知っていれば戸惑ってしまうことも少なくなります。

気分屋というとマイナスイメージを抱かれがちですが、逆に言えば自分に正直な素直な人でもあります。気分屋の悪い面だけでなく、良い面についてもしっかり見ていくようにしましょう。もしかしたらあなたも誰かに気分屋と思われているかも?あなたの普段の行動や、友達や彼氏、家族や兄弟と照らし合わせながら気分屋の人の特徴をチェックしてみてくださいね。

気分屋な人の特徴その1「裏表がない」

気分屋な人は隠すことなくその時の気分が表に出てしまいますよね。コロコロと気分によって態度が変わるというのは、裏表がないという証拠でもあります。いつもにこにこ笑顔だけど裏の顔は…なんて、裏表が激しい人は嫌われますが、裏表がない人というのはどちらかと言えば好かれる事が多いもの。

はっきり言う人のことが苦手だという人もいると思いますが、嘘をつかず裏表がないということは信用できるということでもあります。気分屋な人はその言動で周りの人に影響を与えるにも関わらず、それでも嫌われていない、周囲から人がいなくなってしまわないというのはこの裏表のない性格が好かれているからなのかもしれませんね。

裏表がなくはっきり物事を言う人は敵も作りやすい反面、一度仲間になってしまえば信頼関係がしっかりとできるので、強い絆を作ることができるとも言えるでしょう。ついつい人の顔色が気になって、コロコロ態度が変わってしまうのが悩みという人は気分屋の人を羨ましく思っているかもしれません。

気分屋な人の特徴その2「オン・オフがはっきりしている」

気分屋の人はオン・オフがはっきりしている人が多いようです。この時はオン、この時はオフなど、仕事とプライベートの切り替えが上手なのが気分屋な人の良い面と言えるのではないでしょうか。気分屋の人は気分が乗らない時はどうしてもやる気が入らないのできっぱりやらないと決めます。しかし、やる気がある時には集中して徹底的に物事に取り組む姿勢を見せるのです。やる気がない時は無理してやっても全然いい結果が残せない時がありますよね。その結果、後で結局やり直しになってしまうということも。

また、これはテンションにも影響します。オンの時はハキハキと積極的にどんどんおしゃべりが出来、相手も楽しませることが出来ます。しかし、オフの時は全くの別人のようになってしまうのです。テンションが低く、自分から話すこともなければその場を盛り上げようともしません。無理をしても意味がないと本能的にわかっているのかもしれませんね。

このようなオン・オフの違いを初めて見たという人はもしかしたら「私って嫌われてるのかな?」と思ってしまいますが、そんな事はありません。ただオフになってしまっているだけなので気分屋な人は特に何も考えていないと言えるでしょう。むしろ、オフな部分を見せてくれるというのはあなたのことを信頼してくれている証拠なのかもしれませんよ。

気分屋な人の特徴その3「性格がはっきりしている」

裏表がない性格の気分屋の人は、とてもはっきりしています。思ったことを隠すことが出来ず態度に出てしまうため、敵を作ることもありますがはっきりしている人の方が好きな人には気分屋の人は好かれることになるでしょう。また、気分屋の人は物事の正しさ以上にその時の気分で意見を口にします。そのため、後になると全く意見が変わってしまうことも。周囲の人はこのような気分屋の人の一面に困らされてしまうこともあるかもしれません。

しかし、相手や状況によって自分の意見を変えることをしないのも気分屋の人の特徴です。どんな人に対してもはっきり物を言うので、周りの人から憧れることもあるようです。部下が気分屋なら大変ですが、上司が気分屋なら尊敬されることもあるかもしれませんよね。

気分屋な人の特徴その4「ノリがいい」

その時の気分に左右されるものの、基本的にノリがいいというのも気分屋の人の特徴の一つとなっています。その場が楽しければ素直に盛り上がり、そして他の人たちのことも盛り上げようとするムードメーカーとも言える存在です。

しかしもちろん、落ち込んでいる時や怒っている時などは態度が一変。普段のノリの良さはどこへ行ってしまったのか、全く別人のような態度でむすっとしているということも。周りに合わせることが出来ないのも気分屋の特徴ですもんね。そのため、普段の明るい時と落ち込んでしまっている時の落差に周囲は振り回されてしまうことでしょう。この落差こそ「気分屋」と言われる原因にもなった大きな特徴の一つなのではないでしょうか。とはいえ、周りの人たちも「あの人は気分屋だから気にしないでいいか」とわかるようになればあまり問題もないのかもしれません。

気分屋な人の特徴その5「空気を読まない」

周りの状況や相手に左右されて言うことを変えたりしない気分屋の人は空気を読みません。自分の気分のまま行動しているのが気分屋なので、空気を読んだら気分屋ではありませんよね。だからといってデリカシーがないだとか、そういうことでもないものの周りの人は「この人全然空気読めないな」と思っていることでしょう。

周りの目を気にしてしまう人は必要以上に空気を読んでしまうことがありますよね。しかし、気分屋な人は周囲の反応を気にしていません。嫌われてしまったとしても、空気の読めないやつだと言われたとしても、それ以上に自分の気持ちをはっきりと表現することが大切なんです。

もちろんだからと言って気分屋な人が落ち込まないという訳ではありません。あの時は言い過ぎちゃったかな?と反省したり落ち込んでしまうこともしばしば。しかし、気分屋なのはもう性格ですからなかなか治すことも難しいもの。ですがこの空気を読まない発言はその場を凍りつかせる可能性もあれば、いい結果をもたらすこともあります。気分屋の良い面も悪い面も含んだ一面と言えるのではないでしょうか。

気分屋な人の特徴その6「自制が利かない」

気分屋な人は自制心が弱いという人が多いようです。自分の感情や欲望を上手にコントロールすることが難しいのです。普通なら言わないところではっきり言ってしまったり、気分を抑えないといけないところで素直な感情を表に出してしまったり。湧き上がってくる感情を抑えるのが苦手というのも気分屋な人の特徴です。このような特徴のある気分屋の人はついつい感情的になってしまうことも。

気分屋な人の特徴その7「お人好し」

気分屋な人というとワガママで自分のことしか考えていないと思われているかもしれませんが、以外とお人好しな一面があります。裏表のない素直な気分屋の人は、相手の言葉もストレートに受け取りがち。騙されやすくお人好しな一面があります。

気分屋な人の特徴その8「飽きっぽい」

気分によってやる気やテンションが変わる気分屋の人はとても飽き性だと言えます。熱中したらとことんやり込むものの、飽きっぽいので「え?もう飽きたの?」とびっくりしてしまうくらいの速さで飽きてしまいます。するとどうするのかというと、また新しい興味の対象を見つけています。いろんな事に挑戦できるのはいいことですが、途中で投げ出してしまうためあまり成果をあげることが出来ないこともあります。

気分屋な人の特徴その9「ストレス耐性が強い」

気分屋の人はストレス耐性が強いというメリットがあります。嫌なことがあると引きずってしまい気持ちをなかなか切り替えられない人っていますよね。しかし、気分屋の人はコロコロ気分が変わるので、引きずるということもありません。ストレス社会で気分屋の人はある意味では得なのかもしれません。

気分屋の人と付き合う注意点

このような気分屋の人と上手に付き合うためにはどうしたらいいでしょうか?注意点をいくつかご紹介いたします。

  1. 気分屋だということを理解する
  2. 放っておく
  3. 自然体で付き合う
  4. 相手に合わせない
  5. 機嫌が良い時に話すようにする

まとめ

気分屋の人の特徴についていかがでしたでしょうか?性格なのでどうしても治すのは難しいですが、注意点に気をつけながら付き合っていけば楽しく付き合っていけるはずですよ。

人間関係