「ごめんなさい」が言えない、謝らない女にイライラする時5つ
UPDATE:2019.07.30

「ごめんなさい」が言えない、謝らない女にイライラする時5つ

人間関係

 

「ありがとう」や「ごめんなさい」は当たり前のように使われている言葉ですが、とても大切な言葉ですよね。中でも間違ってしまった時に謝罪の気持ちを伝える「ごめんなさい」という言葉はトラブルが起こった相手との関係にしこりを残さないためにもとても大切なことです。これを無視して、自分の非を認めたくない。謝りたくないという気持ちを優先して謝らないと相手と気まずくなってしまうということも。

「ごめんなさい」はとてもシンプルな言葉ですが、でもシンプルだからこそ大切な言葉でもあります。実はそんな、ごめんなさいが言えない女、謝らない女が彼氏をイライラさせてしまっているという現状があるのです。そこで今回はそんな、彼氏が思わずイライラする謝らない女についてご紹介させていただきたいと思います。もしかするとあなたも誰かに謝らない女だと思われてしまっているかも…?謝らない女にイライラする瞬間を知って、反面教師にしましょう!これから謝らない女についてご紹介させていただきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人を思い浮かべながらひとつひとつチェックしていってみてくださいね。

謝らない人は意外に多い!

普段からきちんと「ごめんなさい」が言える人にとってはなかなか理解出来ない謝らない人。実は謝らない人って少なくないんです。普段はとってもいい子で、一緒に居て楽しいけど、でも何かあった時に絶対に謝らない…そんな友達がいるという人もいるようです。一体どうしてそこまで謝ることが出来ないのかと不思議になってしまいますよね。

親切心で注意しただけなのに謝るどころかふてくされたり、素っ気ない返事をされたり…一度ならよくても、それが何度も何度も続くと流石に疲れてしまいます。また、このような謝らない人の場合、もしかすると自分が悪いとすら思っていないということもあるから大変です。しっかり非を自覚していて、それでも素直に謝れないというだけじゃなく、本気で「私は悪くない」と思っている場合もあるんです。ここまでいくともうどうすればいいかわからなくなってしまいますよね。

ちょっと余計になことを言って誰かを怒らせてしまった時、素直に謝罪することは出来ているか、自分に問いかけてみましょう。「悪気はなかった」そう思って謝る必要なんてないと思い込んでしまうかもしれませんが、それはあくまであなたの言い分です。怒っている方は悪意を感じたのかもしれないし、ただ言葉にむかついたのかもしれない。それはわかりませんが、言葉に対して怒っているということは事実。

そんな時「やだ!絶対謝らない!」と自分から謝らないことが当たり前になってしまっていると、最初はよくてもだんだんとあなたの周りの人は離れて言ってしまいます。彼に甘えているつもりだったとしても、彼も心の中では「どうして謝れないんだろう」と悲しんだり、呆れたり、イライラしたり、怒っているかもしれません。

謝らない女にイライラする瞬間5パターン

それでは早速これから謝らない女にイライラする瞬間についてご紹介させていただきたいと思います。きっと「いるいるこんな人!」と共感してしまうことが沢山あるのではないでしょうか。また、もしかしたら自分がそうなってしまっていないか?ということも確かめながら見ていくといいでしょう。人の振り見て我が振り直せ、他人から学ぶことは一杯ありますよね。謝らない女からこそ謝ることの大切さを学びましょう!

謝らない女にイライラする瞬間その1「失言をした時」

誰しも間違いはありますよね。人間は完璧ではありません。世界には沢山の人が居ますが、世界中を探しても完璧な人は居ないでしょう。たまに間違った指摘をしてしまったり、思わぬ失言をしてしまったり。特に言い合いやケンカの最中だと、お互いヒートアップしているので思っても居ないような酷いことを口走ってしまったりしますよね。

また「〇〇って言ってたじゃん!」と責めてたものの、実は彼氏はそんなことは言っていなかった時。彼氏にしっかりと説明され、そんなことは言っていなかったと理解したとしましょう。そうしたら普通は「私の勘違いだった、ごめんね」といって仲直りすればいいですよね。しかし、謝らない女の場合はここで謝ることができないのです。

なんだか謝りづらい、謝ったら全面的に自分が悪いことになってしまう…そんな思いから謝らないでいると、彼氏は「どうして謝らないの?」とモヤモヤ、イライラすることでしょう。どうしても納得行かないという時にはまたしっかりと話し合えばいいと思いますが、明らかに自分に非がある、自分が間違っていたという場合には少しくらい気まずい、謝りづらいと思ってもきちんと謝ることが大切です。「ごめんなさい」を上手に使いこなしている人は絶好のタイミングで謝罪が出来るので上手に仲直りすることが出来るんです。

謝らない女にイライラする瞬間その2「遅刻してしまった時」

彼氏とのデートや友達との遊びの待ち合わせで遅刻してしまったり寝坊してしまったりして、待たせてしまったという経験があるという人は多いのではないでしょうか?生きていれば遅刻や寝坊くらいしてしまうこともありますよね。しかし、大切なのはしっかり謝ることです。

数分ならまだしも大幅に遅刻してしまっているのに一切謝らない。それどころか悪びれる素振りすらない。そんな謝らない女には男性もうんざりしてしまっているかもしれません。時間を無駄にしたいと思う人なんていませんよね。時は金なりといいますが、時間はお金では変えない、誰にとっても大切なものです。

デートや待ち合わせに遅刻するということは、そんな大切な時間を相手から奪ってしまっているということ。「遅刻くらい」と思う人もいるかもしれませんが、逆に他の誰かが大幅に遅刻して、謝らない悪びれもしないだったらどう思うでしょうか?「遅刻してきたのにどうして謝らないの?」とイライラしてしまうことでしょう。

いつも自分を甘やかして許してくれる彼氏にも、気心知れた友達にも、遅刻しちゃってごめんね、待たせて貴重な時間を使わせてごめんなさい。そんな風に謝って反省しているんだということを示すことが大切です。謝らない上に更に何度も何度も遅刻を繰り返しているようだと、さすがの彼氏のイライラも最高潮に達してしまっているかもしれません。

謝らない女にイライラする瞬間その3「彼氏を不安にさせた時」

ずっと連絡を放置してしまっていたなど、何らかの理由で彼氏を不安にさせてしまっていたという時。そういう時はあるということは人間だから仕方ないもの。一人になりたい時もあるし、忙しい時もある。何となく返事を返すのが面倒だった時だってありますよね。寝てしまって返事を返すのを忘れてしまったという時もあるかもしれません。中にはケンカをしてむかついたからずっと連絡しなかった、返事をしなかったという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

これらについてはカップルによくありがちななんでもないことですが、でも、彼氏を不安にさせてしまったということに対しては一言「心配かけちゃってごめんね」の言葉があるといいでしょう。この時、ごめんねの言葉もなく「ああ、忙しかったから」などと返してしまうと彼氏はずっと不安な気持ちのままです。「俺に言えないだけで何かあるのかな?」「怒らせるようなことしたかな?」と、不安を抱え続けるままになるのは辛いですよね。彼の不安を知りながら謝らないなんて意地悪はやめて、優しく謝って彼を不安から開放してあげましょう。

謝らない女にイライラする瞬間その4「ぶつかった時」

一緒にいる時に足を踏んでしまったり、手がぶつかってしまったり、間違って引っ掻いてしまったり。そういうこともありますよね。そんな時はもちろん誰にも悪気はないはず。しかし、わざとではないからと言って謝らないのはNG。こんなちょっとしたことにくらい謝ればいいのにとイライラされてしまいます。「あ!ごめん!」とすぐに謝るようにしましょう。

謝らない女にイライラする瞬間その5「傷つけた時」

彼氏や友達を思わぬ言動や行動で傷つけてしまった時。「やっちゃったな」と思いつつなかなか素直になれないという人も少なくないようです。しかし、ずっと意地を張っていてもいつかは仲直りしなければいけません。それならお互いが辛い思いをしないうちに、早めに「ごめんね」と伝えておくのが一番ですよね。

謝らないことで「この子は俺のことどうでもいいのかな?」「私ってちゃんと友達だって思われてないのかな?」と相手を不安にさせて、余計に傷つけてしまう可能性があります。これが続けばそもそも付き合っていくことや、友達として一緒にいることができなくなってしまう可能性も。関係にしこりを残さないためにもしっかり謝るようにしましょう。

まとめ

「ごめんね」たったひとことですが、この言葉の効果は大きいものです。世の中には対価ではなく「ごめんなさい」の、謝罪の言葉を求めている人も居ます。謝ることは自分の気持ちを相手に伝えることでもあり、謝らないことは自分の気持ちを相手に伝えていないと同じこと。悪いことをしたのに「悪い」と自覚できていないならそれは認知が歪んでしまっています。一体どうしてこの人はこんなに怒っているのか、どうして怒らせてしまったのか、しっかり考えてみることをおすすめします。

自分の間違いを認めること、謝ることは「負ける」ことではありません。自分のやったことを受け入れて、相手に謝罪の気持ちを示し、相手を思いやって慰める言葉です。英語でも「I’m sorry」は謝罪の意味以外にも「お気の毒に」という意味を持っていますよね。

謝ることは仕事上だけでなく恋人、友達、家族、兄弟、様々な人間関係でとても重要なコミュニケーションの言葉の一つです。「ごめんね」「ごめんなさい」を上手に使えるようになることで、あなたの周りの人間関係は今まで以上にもっと素敵になっていくはずですよ。

人間関係