アトピー・敏感肌でも脱毛できる?施術を受ける時の5つの注意点
UPDATE:2020.04.14
自分磨き

アトピー・敏感肌でも脱毛できる?施術を受ける時の5つの注意点

アトピー肌の方だとサロン脱毛出来ないと思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、アトピー肌や敏感肌の方でも通えるサロンは多くあります。

むしろ、自己処理をするよりも、しっかりと専門的なサロンやクリニックで施術を受けた方が肌へのストレスを軽減して脱毛を行うことが出来るのです。

しかし、施術の方法をちゃんと選んだり、注意事項を守る必要があり、医師の診断を受けながら脱毛することが必要不可欠になります。

そこで、この記事では、アトピー肌の方が脱毛を自己処理でやらない方が良い理由や、サロンで施術を受ける時の注意点について詳しくご紹介していきたいと思います。

アトピー肌・敏感肌だけど脱毛をしたいとお考えの方は是非参考にしてみて下さいね。

【期間限定キャンペーン】

アトピー肌でもサロンに通うことは出来る

アトピー肌の方はサロン脱毛や医療脱毛が出来ないと思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。

むしろ自己処理でやるよりも肌を傷つけること無く脱毛出来ますし、脱毛することでもメリットもあります。また、軽度なアトピー肌であれば永久脱毛を行うことも可能となっています。

もちろん、症状の重さによっては全ての脱毛を出来るという訳ではないですが、アトピーの方も問題なく脱毛出来る方法も存在しています。

対応しているクリニックやサロンをしっかりと選択することで、今まで以上に上手くアトピーと付き合っていくことも出来るはずです。

アトピーの方に脱毛をおすすめする理由

脱毛はアトピーや敏感肌の方ほど行うべきものです。肌へのストレスを軽減出来るので、脱毛をしっかりとすることでアトピーの対策にもなり得ます。

また、毛が伸びすぎると刺激が強くなってしまうので、伸びきる前に小まめに脱毛することが好ましい方法でもあります。一度ムダ毛の処理を行っておけば、自己処理を行う必要もなくなりますし、物理的な刺激を少なくすることが出来るのです。

アトピーの方が自己処理を避けるべき

アトピーの方がカミソリや毛抜きを利用してムダ毛の処理を行うことは好ましくありません。肌へ大きなダメージを与えてしまいますし、症状が悪化するリスクがあるのです。

軽度なアトピーや敏感肌の方は、症状を悪化させない為にも、自分で処理を行うのではなく、クリニックやサロンでプロの脱毛施術を受けるのがベストだと思います。

カウンセリングを受けた上で、リスクが少ない方法やアトピーでも問題ない方法を選択するようにしましょう。

自己処理でムダ毛の処理を行い、症状が悪化してしまったという方も多いのではないでしょうか?サロンでしっかりと脱毛することが出来れば、症状を軽くすることも出来ますし、メリットが多くあるのです。

アトピー肌の方のサロン選びのポイント

アトピーで肌の方がサロンでの脱毛を希望する時には、サロン選びが重要になります。

まずは医師の診断を受けれることが重要になります。主治医に相談することは大前提として、脱毛受けるクリニックやサロンにも専門的な知識を持った医師がいると安心して施術を受けることが出来ると思います。

万が一トラブルがあった時にもしっかりと対応できるような機関を選択しておく必要があると思います。

また、脱毛の方法は「ハイパースキン脱毛」がおすすめとなっています。施術時の痛みや熱がほとんどないので、肌への刺激を極力抑えながら脱毛を行うことが出来るのです。

もし、アトピーや敏感肌の方で脱毛をしたいとお考えの方は、ハイパースキン脱毛を提供しているサロンを選ぶことが良いと思います。

他にも「SSC脱毛」「SHR脱毛」「メディオスターネクストプロ」などの方法がアトピー肌に向いていると言われています。

今の自分の肌の状態をしっかりと把握し、親身になって相談してくれるサロンを選択することが出来れば、症状が悪化するようなことはなく、安心して脱毛施術を受けることが出来るのではないでしょうか?

アトピーの方が脱毛をする時の5つの注意点

それでは、ここからはアトピーの方が脱毛をする時の注意点について詳しくご紹介していきたいと思います。気を付けないと症状が悪化する危険性もあるので、細心の注意を払って施術を行うようにしましょう。

また、自分だけで判断することも絶対にNGです。出来るだけ多くの医師の助言を受けるようにしましょう。

施術を受ける前に主治医に相談する

脱毛施術を受ける前に、主治医への相談は絶対に欠かすことが出来ません。アトピーや敏感肌と言っても個人で症状の重さが違いますし、人によってはサロンやクリニックでも脱毛を行うことが不向きの可能性もあるので、脱毛を受けたいという旨をしっかりと担当の医師に相談する必要があります。

この医師は普段通っている皮膚科などの先生が好ましいですね。投与している薬なども脱毛に関係しているので、絶対に自分だけの判断で施術を受けないようにしましょう。

もし、サロンやクリニックでも医師の診断を受けることが出来るという時には、主治医にも相談しているという事は伝えるようにすれば、スムーズに話が進んでいくと思いますよ。

また、アトピーの症状が悪化している時には、無理に施術を行わずにアトピーの治療に専念することをおすすめしています。

ステロイドなどの薬の使用を控える

アトピーの治療にはステロイドと言う薬剤を使っている人が多いのではないでしょうか?日常的に使用している人がほとんどだと思いますが、実は脱毛の施術を受ける時にはステロイドの使用を控える必要があるのです。

ステロイドは脱毛とは逆に毛が濃くなったり増えたりする副作用があるので、脱毛の施術を受けても効果を実感することが出来ない可能性があります。

さらに、ステロイドはアレルギーへの過剰反応を抑制する働きがあるので、使用中は免疫力が低下している為、感染症にかかるリスクも大きくなっています。

その為、サロンなどでもステロイド剤を使用している方には施術を断る場合がほとんどになります。内服のステロイドの場合は1か月前、外服のステロイドの場合は2週間前には使用をやめて施術に備える必要があります。

上記でも解説したように主治医に相談することは必要不可欠なのです。ステロイドの使用を一時的とは言え停止した時には、肌にどれくらいの症状が出るのかなどを把握する必要があるのです。

また、サロンやクリニックによっては、ステロイドの使用中でも医師の同意書があれば施術を受けることが出来る場合もあります。アトピーでどうしてもステロイドの使用を止めることが出来ないという方は一度相談してみると良いと思います。

【期間限定キャンペーン】

生活習慣を整える

肌の調子は生活習慣が大きく影響を与えます。もし、ステロイドの投与を一旦中止するのであれば、今まで以上に生活習慣に気を使い、肌への刺激やストレスを出来るだけ少なくする必要があります。

寝不足、食事の方より、運動不足などは肌へ大きな影響を与えるので、いつも以上に気を付けるように心がけましょう。

また、ステロイド以外での保湿なども必要になりますし、もし湿疹などの症状が出てきた時には無理に施術を受けずに、自分の肌の状況に合わせるようにしましょう。

肌への刺激を少なくすることを一番に考え、症状が悪化しないように対策を行っていく必要があると思いますよ。

光脱毛での色素沈着に気を付ける

通常、照射の威力は弱くなっており、痛みを伴わないだけではなく肌への刺激も少ないとされているエステサロンの脱毛ですが、光レーザーなどの脱毛を行う場合は、注意が必要になります。

アトピーや敏感肌の場合は、肌を守る力が弱くなっているので、光レーザーを照射すると、刺激によって色素沈着を引き起こす可能性があるのです。

脱毛の方法は医師に勧められた方法や、サロンやクリニックで推奨している方法を選択する必要があります。

もし、知識が少ない人にカウンセリングを受けてしまうと、本来適していない方法をすすめられる可能性も0ではないので、しっかりと自分で把握しておく必要があると思いますよ。

アフターケアを徹底する

脱毛の施術を行った後は、アフターケアをしっかりと行うことが重要になります。もちろん、通常の肌の方もアフターケアは大切ですが、アトピーの方や敏感肌の方は特にアフターケアが重要になります。

何もせずに放っておくと、さらに肌を守る機能が弱まってしますし、乾燥しやすい状態にあるのでとにかく保湿することを忘れずにしましょう!

最近の脱毛機は刺激がかなり少ないとは言え、0ではありません。少なからずストレスを感じているので、何も感じていなくてもアフターケアを行うことは必要になります。

万が一トラブルが起きてしまった時の対処方法についても事前に確認しておくようにしましょう!施術を受けた後でもサポートを行っているサロンを選ぶと良いかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では、アトピー肌や敏感肌の方でも脱毛施術を受けることが出来ることや、施術を受ける時の注意点について詳しくご紹介させていただきました。

まず、アトピー肌の方が脱毛を受ける場合、ステロイドを使用しているかどうかが最初のポイントになります。

ステロイド薬剤を利用している人の脱毛を断っているサロンやクリニックは多く、主治医と相談して予め準備をしておくことが必要になります。

また、脱毛の方法についても、出来るだけ刺激が少ない方法を選択する必要がありますし、カウンセリングを行い自分に合った方法で脱毛を行うようにしましょう。

アトピー肌・敏感肌と言っても症状の重さは個人によって異なるので、使用するべき方法についても異なると思います。

自分だけで判断せずに、しっかりと医師と何度も相談をするようにして、万全の体制で施術を受けるようにしましょうね!

特に今回ご紹介した5つの注意点を守って施術を受けることが出来れば、今まで以上に刺激を少なく綺麗な肌を目指せるのではないでしょうか?

自分磨き