目指せ鎖骨美人!デコルテラインをきれいに見せる3つの方法
UPDATE:2019.10.01

目指せ鎖骨美人!デコルテラインをきれいに見せる3つの方法

自分磨き

「綺麗な女性」に見せるためには胸を大きくしたり、脂肪を減らして身体を引き締めたり、メイクをバッチリにしたり髪型にこだわったりと色々な方法がありますが、その中でも「デコルテラインをきれいにすること」は理想的な女性像を作るために必要な大きな要素となっています。

デコルテとは首から胸元までの部分を指す言葉で、デコルテラインを美しくすることで露出が多くなくても美人に見せることができますし、胸元に付けたアクセサリーをさらに魅力的にすることができます。

そこで今回は鎖骨などのデコルテを綺麗にする方法を3つ紹介したいと思います。また男性からみた鎖骨美人、綺麗なデコルテラインの人の印象などもまとめているので是非チェックしてみてください♪

「デコルテ」って一体なに?

冒頭でも軽く紹介しましたが「デコルテ」について説明したいと思います。元はファッション用語で使われていてフランス語で「襟ぐりが深い」という意味を指します。服を作る時などに主に使用されていた言葉ですが、現代では首元から鎖骨、そして胸元までの部分を一般的にデコルテと呼んでいます。

日本では「鎖骨美人」という言葉があるように、綺麗な鎖骨に惹かれる男性は多く存在します。そのため「デコルテライン」を綺麗にするように心がける女性が少なくないのです。

また首元は頭部を常に支えている事から疲労が溜まりやすく、鎖骨から胸元まではリンパが集中しているため、デコルテをケアすることで美肌や疲労回復効果が期待できるというメリットもあります。そのため美容、健康両方からデコルテのケアが推奨されています。エステでもデコルテを重点的にケアするコースなども存在しますし、自分でもマッサージをしている人も多いと思います。

デコルテラインを綺麗にすることは実は胸が小さくて悩んでいる人にもオススメです。胸を大きくすることは難しいですが、デコルテラインを美しくすることはそこまで難しくありません。谷間が作れなくても綺麗な鎖骨を見せることで女性としての魅力をアップさせることができます。

「デコルテライン」をきれいに見せる3つの方法

では早速本題のデコルテラインをきれいに見せる方法を3つ紹介していきたいと思います。デコルテラインは夏だけではなく、一年中みられる部分でもあると思います。もちろん着る服によっては完全に隠れる場所ではありますが、しっかりとケアをしておけば「綺麗な女性」に近づくことができると思います。

「デコルテライン」をきれいに見せる方法その1:鎖骨をくっきり見せる

デコルテラインを綺麗に見せる一番の方法は鎖骨をくっきり見せることです。綺麗な鎖骨をしているだけでデコルテは美しくなります。そのため鎖骨のケアは怠らないようにしましょう!胸に自信がない人は胸を強調させるのではなく、鎖骨が綺麗に見えるような服を選ぶと良いと思います。綺麗な鎖骨の作り方は下で詳しく説明しているので、そちらもチェックしてみてください!

「デコルテライン」をきれいに見せる方法その2:しわをなくす

どれだけ顔をメイクやエステなどで若々しくしても、デコルテラインにしわがあるとそれだけで一気に老けて見えることもあります。ケアをする時や鏡で自分を確認する時に顔だけで終わる人も多いですが、少し目線を下にずらしてデコルテラインのケアも一緒に行いましょう。

顔と同じくくらい重要な部分だという認識を持って綺麗に見えるようにケアを頑張りましょう!逆にデコルテラインにしわがなく綺麗に見せることができれば大きなアンチエイジングにもなると思います。ケアの仕方は顔と同じで良いので方法は分かると思います。

「デコルテライン」をきれいに見せる方法その3:肌の乾燥を防ぐ

3つ目の方法は肌の感想を防ぐことです。鎖骨がくっきりしていて、しわがなくても肌がカサカサだと台無しになってしまいますね。なめらかで艶やかな肌だとより「デコルテライン」を美しく見せることができると思います。またマッサージをする時にも乾燥していると肌を傷付けることにもなるので、潤いは大切です。

しわ同様にケアを疎かにしないように努力しましょう。顔に化粧水を塗ったり、クリームを塗る人は多いと思います。それと同じように「デコルテライン」もケアをするのが一番良いですね。きっとしわがなく潤った肌になるはずです。

「鎖骨美人」の一番の敵はむくみ!?

「デコルテライン」には鎖骨を綺麗にくっきりとさせることが一番だと紹介しました。では「鎖骨」をくっきりと綺麗にするためにはどんなことが必要になるのでしょうか?鎖骨付近は老廃物が溜まったり、リンパが滞りやすい部分になります。もしケアをしたいなかったのならかなりむくんでいるはずです。そのむくみのせいで鎖骨が埋もれてしまうのです。

そこで今回は鎖骨のむくみをとる方法をいくつかご紹介したいと思います。自分でも簡単にできるので是非実践してみてください♪

鎖骨のむくみをとる方法①:マッサージ

一つ目の方法はオーソドックスな「マッサージ」です。鎖骨はとてもリンパが滞りやすい部分です。実はこの鎖骨のリンパをマッサージすることで肩こりの解消になったり、顔のむくみが取れたりもします。リンパというのは血液で回収しきれなかった老廃物を回収して運んでいるものです。そのリンパをしっかりと流すことで綺麗な鎖骨になるのです。

ではどうやってマッサージするのかご説明します。最初は首から鎖骨に向けて指で押し流していきます。右なら左手で、左なら右手でやるとやりやすいです。指の先で痛いと感じるくらいの力で鎖骨に向かてグッと押し流します。

その後は鎖骨の内側から外側に向けて同じように指で押し流していきましょう。鎖骨の上と下で分けて行うとしっかりとリンパを流すことができます。ちなみに痛いと感じる時は滞っている証拠です。最初は少し痛いと思いますが、やっていくうちに気持ち良さに変わるはずです。

そしてやる時はお風呂上りでクリームを塗る時などがオススメです。何も付けなくてももちろんマッサージをするのに良いですが、もし乾燥していると肌が傷ついてしまうこともあります。そのためクリームなどで塗っている少し滑りやすい時にやると肌を傷つけずに済みますよ。

鎖骨のむくみをとる方法②:肩を回して筋肉を整える

マッサージでかなりむくみが取れますが、さらに肩を回して普段なかなか使わない筋肉を整えましょう。では肩を回す方法を説明していきます。先ほどは右側は左手、左側は右手でしたが今度は右側は右手、左側は左手で鎖骨を持ちます。そうすると肩がきゅっと内側に入るような感じになると思います。

そうしたら鎖骨を持ったまま肩をぐるぐると回しましょう。肘で円を描くように大きく回すと効果が大きくなります。前回し、後ろ回しを5回ずつゆっくりとやりましょう。これを3セット行えば肩周りの筋肉を整えることができるはずです。色々なストレッチ方法がありますが、これが一番効果が大きいようにおもいます。

できればリンパマッサージを行った後にやってください、滞っていた老廃物がこれでさらに流れていき、筋肉の調整も行えます。セットでやるものだという認識で良いと思います。マッサージとストレッチをやっても10分もかからないのでお風呂から出た後のルーティーンにすることをオススメします。

鎖骨のむくみをとる方法③:姿勢をよくする

これはどちらかと言うと鎖骨がむくまないようにする方法のようにも思います。またデコルテラインを綺麗にするためにも必要なことですね。どれだけ鎖骨のむくみをとって綺麗に見せても姿勢が悪いと綺麗に見せることはできません。

また「猫背」でいると一気に鎖骨付近がむくんでしまいます。リンパも滞ってしまいますし、老廃物もまた貯まります。そのため姿勢を良くすることは重要です。姿勢をピシッとすることが辛いという人は背筋の力が足りない可能性もあります。長時間良い姿勢をキープしたい人は背筋を鍛えるのも良いと思います。

さらにデスクワークなどで猫背になりがちな人は1時間に1度で良いので胸を大きく反らしましょう。これを行うだけで効果はかなり大きなものになります。両手を広げてラジオ体操のように大きく反らせることがポイントです。座りながらだとできないので、何かのタイミングで立ち上がった時にやると良いですよ。

鎖骨フェチの男性は多い!?

女性でも男性の鎖骨が好きだという「鎖骨フェチ」は多くいます。逆に女性の鎖骨に魅力感じる人も多くいます。綺麗なデコルテラインを作ることは魅力的な女性に近づくためには必要なのです。

また鎖骨は痩せていなくてもくっきりと見せることができます。もちろん脂肪が多すぎると完全に埋もれてしまいますが、そこまで脂肪が多くないのなら鎖骨美人を作ることができます。

女性としての魅力を磨きたいと思うならまずはデコルテラインを意識してみても良いと思います。おっぱい、お尻、足など男性が女性の好きな部分は沢山あると思いますが、デコルテラインも魅力の一つなのです。

まとめ

今回は「デコルテライン」をきれいに見せる方法を3つ紹介しました。特に鎖骨を綺麗にすることが「デコルテライン」をきれいに見せる一番の方法だと思います。鎖骨はケアをすれば「デコルテライン」がきれいに見えるだけではなく、リンパを流して老廃物を消すこともできます。その影響は肩こりや顔のが取れるなど、良い事尽くめです!

仕事中などは胸を強調する服が着れない人も多いと思います。足を大胆に出す服を着れない人も多いと思います。露出することが難しいと思いますが、デコルテラインは比較的出しやすい部分ではありますよね。また夏だけではなく冬でもVネックのセーターなどを着れば見せることはできます。

一年中女性の魅力を出すことができる「デコルテライン」をこの機会に美しくしてみてはいかがでしょうか?

自分磨き