加圧トレーニングの自宅でのやり方は?使用器具とオンラインレッスンについて詳しく解説!
UPDATE:2020.09.01
自分磨き

加圧トレーニングの自宅でのやり方は?使用器具とオンラインレッスンについて詳しく解説!

腕の付け根や脚の付け根にベルトを巻いた状態で行う加圧トレーニング。

加圧トレーニングは、美容や健康にいいトレーニングとして知られていますが、自宅でできるのでしょうか。

実は、専用の器具があれば自宅でも加圧トレーニングを行うことが可能です!

そこで今回は、加圧トレーニングを自宅で行うための専用器具とオンラインレッスンについて詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

自宅で安全に加圧トレーニングを行うには専用の器具が必要

加圧トレーニングに使う器具は、加圧ジャパンという団体公認のトレーニング器具を使って行う必要があります。

市販のもので、加圧トレーニングと謳っているものはありますが、一部加圧ジャパン公認ではないものもあるため、注意が必要です。

加圧ジャパン公認のもので「加圧サイクル2.0」という持ち運びのできる加圧トレーニング器具があります。

専門のインストラクターから使い方やトレーニングのレクチャーを受けてから使い始めましょう。

 

加圧ジャパン公認器具「加圧サイクル2.0」

加圧ジャパン公認器具「加圧サイクル2.0」があれば加圧トレーニングが自宅で行えます。

詳しくはこちらをご覧ください。

加圧サイクル2.0

 

購入後にまずはインストラクターによる操作説明を受けましょう

加圧サイクル2.0を使うにあたり、インストラクターによる操作説明やレクチャーを受けましょう。

加圧トレーニングの知識を深めて、効果的にトレーニングすることができます。

また、どんなトレーニングを行ったらいいかアドバイスも受けられるので、安心してトレーニングができます。

 

オンラインでの加圧トレーニング指導もおすすめ!

「加圧サイクル2.0」を使ったオンライントレーニングが始まっています!

加圧サイクル2.0の購入から操作説明、レッスンまでトータルでサポートが受けられます。

気になるという方はぜひ問い合わせてみましょう。

 

  • 都内最安値で加圧トレーニングが受けられる加圧スタジオHIWALANI(オンライン会員も受付中)↓

http://kaatsu-hiwalani.jp/

確実に効果を出したい場合は加圧スタジオに通うのがおすすめ

加圧トレーニングは自宅でも行えますが、しっかりと確実に効果を出したいという場合は、有資格のインストラクターのいる施設でトレーニングすることをおすすめします!

ダイエットや筋力向上、リハビリなど、それぞれの目的や希望に合わせて効率よくトレーニングができます。

また、「結婚式のために痩せる」「旅行までに痩せる」「次の健康診断までに健康になる」など、明確な目標のある方は、加圧トレーニングの公認施設でトレーニングが安心でしょう。

  • 全国の加圧ジャパン公認施設の検索はこちら↓

加圧ジャパン加圧トレーニング正規認定施設検索

  • 都内最安値で加圧トレーニングが受けられる加圧スタジオHIWALANI(オンライン会員も受付中)↓

http://kaatsu-hiwalani.jp/

自宅で加圧トレーニングを行う場合は安全に配慮しましょう

インストラクターの指導のもとで施設で行う加圧トレーニングと違い、自宅で行う加圧トレーニングはご自身で体調・安全管理が必要です。

睡眠不足や風邪気味など、少しでも体調に不安がある場合はトレーニングは控えましょう。

 

持病がある方は必ず主治医へ確認してから始めましょう

持病がある方は、必ず主治医へ確認してから加圧トレーニングを始めてください。

また、治療目的で加圧トレーニングを行う場合は、医師・加圧トレーニング指導資格者のもとで行いましょう。

自宅で加圧トレーニングを行い健康な身体を手に入れましょう!

加圧トレーニングを自宅で行いたいという方に向けて、専用機器購入やオンラインレッスンを含めて詳しく解説しました。

いかがだったでしょうか。

加圧トレーニングも、専用器具を購入しインストラクターによるレクチャーを受けることでご自宅でも行えます。

毎日の生活に加圧トレーニングを取り入れることで、健康維持・増進に効果的です!

加圧トレーニングを自宅でやってみたい、という方はまずはお問い合わせください。

 

  • 全国の加圧ジャパン公認施設の検索はこちら↓

加圧ジャパン加圧トレーニング正規認定施設検索

  • 都内最安値で加圧トレーニングが受けられる加圧スタジオHIWALANI(オンライン会員も受付中)↓

http://kaatsu-hiwalani.jp/

自分磨き