加圧トレーニングが筋肉痛になりにくい理由を徹底解説!
UPDATE:2020.07.22
自分磨き

加圧トレーニングが筋肉痛になりにくい理由を徹底解説!

加圧トレーニングをまだやったことがない方の中には、

「筋肉痛が辛いんじゃないか」と心配する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は意外にも加圧トレーニングは、しっかりと追い込んでも筋肉痛がひどくなく、疲労感の少ないトレーニングです!

そこで今回は、その加圧トレーニングと筋肉痛について詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

低負荷なので関節・筋肉に過度な負担がかからない

加圧トレーニングの特徴は、通常のウエイトトレーニングと違って重いダンベルなどの重りを使わずに、「低負荷」でトレーニングできることです。

通常のウエイトトレーニングでは、重いダンベルやバーを使ってぎりぎりまで追い込むため、関節や筋肉に痛み(筋肉痛等)が生じて回復に時間がかかります。

一方で加圧トレーニングは、重い重量を使わずにトレーニングできるので関節や筋肉への負担が少なく、早く回復することができます!

LEAN BODY

加圧トレーニング中は血流を制限しているので低負荷でも高負荷と脳が錯覚!

加圧トレーニングでは、専用のベルトで血流を適切に制限しているため、低負荷でも高負荷な運動をしていると脳が錯覚し、より多くの筋肉を動員するように指令を出します。

そのおかげで効率よく、多くの筋肉を使ってトレーニングができる仕組みになっています!

加圧トレーニングは低負荷なのでリハビリにも応用されている

加圧トレーニングの特徴として、リハビリにも応用されているということがあります。

 

リハビリ目的で毎日加圧トレーニングを行うこともある

加圧トレーニングは疲労感があまり残らず回復が早いため、リハビリ目的では毎日など高頻度で行われることもあります!

ケガや病気などで急速に衰えた筋力を集中的に鍛えたい、そんな場合にも安心してできるのが加圧トレーニングです。

加圧トレーニングは、毎日行うこともできるくらい負担の少ないトレーニングといえます。

 

加圧トレーニングは女性や高齢の方でも安心してトレーニングできる

筋肉をつけたり、筋肉を維持した方がいいのはわかるけど、

  • 筋トレはきつそう
  • 膝を痛めたことがあるから心配

など不安を感じる女性や高齢の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、重いダンベルなどの負荷を使ったトレーニングで膝を痛めた、手首を痛めた、という話もよく耳にします。

自己流や間違ったフォームでの筋トレは、関節を痛める恐れがあります。

ただ、加圧トレーニングでは、元々重いダンベルなどは使わないため関節や筋肉に負担をかかりにくいトレーニングです!

筋肉痛や関節痛が心配という方は、加圧トレーニングを検討してみることをおすすめします。

LEAN BODY

筋肉痛が少なく効果の高い加圧トレーニングを始めてみよう!

加圧トレーニングと、筋肉痛を含めた身体への負担について詳しく解説しました。

いかがだったでしょうか。

アンチエイジング、健康維持・増進に筋トレなどの運動はとても重要です。

ただ、筋肉痛が辛い・関節を痛めるなど、身体への過度な負担は避けたいですよね。

そんな方には、低負荷でもトレーニング効果の高い加圧トレーニングがおすすめです!

まだ加圧トレーニングをやったことがないという方は、ぜひこの機会に体験へ行ってみましょう。

全国の加圧トレーニングの正規認定施設はこちらから検索ができます。

加圧ジャパン加圧トレーニング正規認定施設検索

 

自分磨き