顔脱毛するなら自宅でできる家庭用脱毛器がおすすめ!産毛をしっかり処理!
UPDATE:2020.06.16
自分磨き

顔脱毛するなら自宅でできる家庭用脱毛器がおすすめ!産毛をしっかり処理!

顔の産毛処理って結構面倒ではありませんか?

顔は凹凸の多い部位なのでカミソリや電気シェーバーでもシェービングしにくく、間違って傷つけてしまうと化粧でカバーしないといけないので大変ですよね。

そこでおすすめなのが顔脱毛です。脱毛してしまえば毛が生えてこなくなるので自己処理から解放され、顔を傷つけることもなくなります!

この記事では、

  • 顔の自己処理方法
  • 顔脱毛のメリットとデメリット
  • おすすめの顔脱毛方法

についてご紹介します。

自己処理の正しい方法を身に付けることも大切なので、まずはマスターしましょう。

顔脱毛をしたい方、どんな脱毛方法がいいのか迷っている方は、ぜひ最後までお読み頂き参考にしてくださいね。

 

顔の自己処理のメリット・デメリット

まずは、顔の自己処理の正しい方法と、メリットとデメリットを知っていきましょう。

顔をシェービングするときは、カミソリではなく電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーなら刃がガードされているので直接肌に当たることがなく安全できます。

肌表面を余計に削ってしまったり、刃を横にスライドさせても切れることがないので、失敗は少ないです。

肌が渇いた状態で使えますが、処理後のお肌は少なからずダメージを受けているので、保湿はしっかりしましょう。

 

自己処理のメリット

顔を自己処理するメリットは、何といっても自分の好きな時に好きなタイミングでできることですよね。

顔は全面が自分で見えるので処理しやすいですし、電気シェーバーも手ごろな価格で手に入るので気軽な気持ちで始められます。

産毛がなくなると肌のトーンも上がるので顔色が一気に明るくなりますね。お化粧前やお風呂上りなど、スキンケアの延長として処理できるのもメリットです。

 

自己処理のデメリット

顔の自己処理のデメリットは、シェービングは剃ってもキレイな状態でいられるのは2,3日ほどで、またすぐに生えてきてしまうところです。

また、少なからず肌に負担もかかるので、お肌の弱い方や敏感肌の方はシェービングをしすぎると悪化してしまうこともあるでしょう。

特別な日の前など一時的に処理する分には問題ありませんが、常に顔の産毛が気になる方は脱毛した方が楽になります。

自己処理の手軽さもありますが、顔脱毛すれは自己処理自体なくなります。常に産毛のない状態でいられるので、コンプレックスの解消にもなるため、顔脱毛はおすすめです!

続いて、顔脱毛についてご紹介します。

 

産毛処理には顔脱毛がおすすめ!

顔脱毛は、毛を作り出す毛根組織に刺激を与えて発毛を止める方法です。脱毛完了までに期間はかかりますが、脱毛が完了すれば処理の手間がなくなります。

顔の産毛がないだけで顔色が明るくなり、化粧乗りも良くなるので自己処理を続けている方は多いですが、顔も脇や腕毛と同じように脱毛できるのでおすすめです。

続いて、顔脱毛の範囲や脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。デメリットを知ることで顔脱毛で失敗することや後悔することが減るので、しっかりチェックしてくださいね!

 

顔脱毛の範囲

顔脱毛ができる範囲は、眼球周りと鼻の穴以外です。

眼球周りは凹凸が多く脱毛器が当たりにくいのと、デリケートな部分で皮膚も薄いので脱毛は避けた方がいいです。

特に眉下の産毛処理を希望する方は多いですが、脱毛サロンやクリニックでも眼球周りの照射は行っていません。

また、鼻の穴は粘膜に近いのでデリケートなのと、脱毛器が当たらないので照射できません。

眼球と鼻の穴以外は脱毛できるので、気になる額や鼻下の産毛の処理ができます。

顔脱毛のメリット・デメリット

顔脱毛をするメリットとデメリットを見ていきましょう。

産毛がなくなって自己処理がなくなるなら脱毛した方がいい!とメリットばかりに目を向けてしまいますが、デメリットがあることも知っておいてください。

 

顔脱毛のメリット

  • 脱毛が終われば産毛がなくなる
  • 毛穴が引き締まって美肌になる
  • 産毛がなくなって肌が明るくなる

脱毛が完了すると産毛がなくなるので、いつでも気にせずいられるので自信が持てます。産毛がなくなると肌も明るくなるので美白ケアしたい方は脱毛するのもいいかもしれません。

また、毛には油分や水分を弾く働きがあるので、毛がないことで下地やファンデーションの化粧乗りがよくなり、化粧崩れも防げます。

脱毛をすると徐々に毛が細くなって毛穴が閉まってくるため、キメの整った肌も期待できます。脱毛は産毛処理から解放されるだけでなく、美肌まで手に入るというのが大きなメリットですね。

 

顔脱毛のデメリット

  • 脱毛完了まで通わなくてはいけない
  • 費用がかかる
  • 脱毛時の痛みがある

顔脱毛のデメリットは、脱毛が終わるまで通わないといけないことと、費用がかかることです。

脱毛が終わればそれらの時間やコストはなくなり、今後も顔の自己処理にかかっていた費用や時間はなくなるので、長い目でみれば経済的です。

通うのは面倒ですが、継続的に自己処理していた方は、処理の時間がなくなると思えば数回の辛抱かもしれません。

また、脱毛には痛みがあり、特に額は脂肪がなく骨に近いので痛みが出やすい部位です。顔全体の脱毛は15~30分程度で終わりますが、中には痛みが我慢できない・・・という方もいます。

照射前にしっかり冷やしてもらったり、脱毛クリニックでは麻酔が使えることもあるので、痛みを緩和する方法は色々あるため、あまりに痛い場合は相談してみましょう。

顔脱毛するなら自宅ケアがおすすめ

メリットが多い顔脱毛ですが、デメリットの脱毛サロンやクリニックに通う手間や脱毛時の痛みが気になる方は、自宅でケアできる家庭用脱毛器がおすすめです。

顔なら自己処理の延長として照射するだけなので、意外と簡単に脱毛できます!

しかも、家庭用脱毛器を持っていれば好きな時に処理でき、顔だけでなく全身の脱毛にも使えるのでお得です。

自己処理と脱毛サロンのいいとこ取りなので、脱毛したいけど通うのが面倒・・・という方に向いています。

脱毛の痛みについてですが、照射時の痛みはしっかり冷やせば緩和できます。

脱毛サロンやクリニックでの脱毛は、施術者のタイミングで行われるので痛みを感じやすいです。家庭用脱毛器なら保冷材でしっかり冷やして感覚が鈍くなってきたことを確認して、自分のタイミングで照射できるので痛みは少ないです。

家庭用脱毛ならドクターエルミスゼロがおすすめ!

家庭用脱毛器なら「ドクターエルミスゼロ」がおすすめです!

コンパクトなデザインで持っていても疲れずに顔脱毛ができ、1台あれば顔だけでなく全身の脱毛もできます。顔専用のアタッチメントもあるので、お肌に優しい脱毛ができます。

料金は49,800円です。1台で顔以外も使え、エステのフェイシャル代わりにもなるので、そう考えるとかなりお得ですね。

クレジットカードで支払えばリボ払いやボーナス一括払いにもできるので、手持ちがないけどすぐに顔脱毛したい方でも大丈夫です!

DR.ELLEMISS ZERO [ドクターエルミスゼロ]

ドクターエルミスゼロの脱毛効果

家庭用脱毛器だと、脱毛サロンの業務用脱毛器には劣るイメージかもしれませんが、ドクターエルミスゼロは高出力の安全な光を照射できるので高い脱毛効果が期待できます!

脱毛サロンには通わないといけませんが、自分で持っていればもっと頻度を多くして脱毛できるので、その分脱毛効果は高くなります。

そのため、脱毛サロンと比較しても脱毛効果にそれほど違いはありません。自宅でいつでもできる分、回数を増やして脱毛効果を上げていきましょう。

ドクターエルミスゼロの使い方

ドクターエルミスゼロの使い方は簡単なのでご安心ください!

照射前に顔をシェービングして照射したくないほくろや濃いシミ、心配な方は生え際や眉毛に保護テープを貼ってガードします。光を見ないようにサングラスをかけてください。

あとは顔全体に照射していくだけです。高速の連続ショットだから顔の上を滑らすようにするだけでOK!痛みが気になる方は保冷材を当てて肌の感覚を鈍らせると痛みが緩和できます。

また、注意点としては唇と眼球周りには使わないことです。唇は毛穴がないので毛が生えてきませんが、肌が薄くデリケートな部位なので照射しないようにしましょう。

眼球周りも避けて、眉下の脱毛もしないようにしてください。まぶたは薄いので光を通してしまいます。最悪失明する恐れがあるので、眉上だけの使用にしてください。

まとめ

顔の自己処理方法や脱毛方法、おすすめの家庭用脱毛をご紹介してきましたがいかがでしたか?

脱毛をすれば産毛がなくなってすっきりし、晴れた空の下で光が当たっても産毛が浮くことがありません。

家庭用脱毛器は1台持っていれば顔以外にも全身ケアできるので、脱毛サロンでは恥ずかしいVIO脱毛も自宅でこっそりできますよ。

ドクターエルミスゼロなら美肌効果もあるのでおすすめです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

自分磨き