ナイトブラは本当に必要?メリットデメリットで比較!着用をやめた理由も
UPDATE:2020.07.20
自分磨き

ナイトブラは本当に必要?メリットデメリットで比較!着用をやめた理由も

「最近下着屋に行くと必ずといって良いほどナイトブラがあるけど本当に効くの?」
「寝るとき専用のブラって、着けたほうがいいの?昼用のブラと何が違うの?」
「寝ている間に育乳できるなんて、信じられないんだけど…」

ナイトブラは気になるけど、今一つ買うに踏み切れない……というあなた、このような疑問を持っていませんか?

加齢によるバストの衰えは放置していればどんどん進んでいきます。ナイトブラは着けるだけで、バストにかかる負担やダメージから守ったり、形が崩れてしまったバストを整えるケアとしての効果があります。

この記事では、そもそもナイトブラは必要なのか?着用を悩んでいる女性のためにナイトブラを着ける重要性と効果について、着けるメリットとデメリットを分かりやすく比較し解説します。

また実際にナイトブラをつけて効果を実感できなかった人の本音とやめた理由についてもご紹介したいと思いますので、最後までお見逃しなく!

結論からいえば、ナイトブラは着ける必要がある!

ナイトブラは本当に必要か?という疑問に関していえば、着ける必要はあります。

年々注目が高まっているナイトブラですが、まだまだ半数以上の女性が「ノーブラまたはカップ付きインナーで寝ている」というから驚きです。

ここでは、昼用ブラとの違いや何も着けない・カップ付きインナーで寝た場合の違い、着けるだけで育乳やバストケアが出来るのかの真意について言及していきます。

昼用ブラとナイトブラの違い

昼用ブラとどのような違いがあるのかというと重力の向きに違いがあります。通常のブラは「立つ」「歩く」「走る」といった上から下へ縦の動きが多く起きているときの状態に合わせて作られています。

一方眠るときの体勢は、「仰向けで寝る」「横向きで寝る」「寝返りを繰り返す」といった中心から上へ横へといろいろな方向へバストは動きます。バストにかかる重力の向きが異なるため昼用のブラは寝る時には不向きです。

ナイトブラは熟睡中どの方向にバストが動いても良いように、やさしく全体を包み込み脇や背中に流れていくのをガードしてくれます。

ノーブラやインナーで寝る場合との違い

何も着けない状態で寝てしまうと眠っている間、脇や背中へバストは流れていってしまいます。たとえるなら、水風船の口を開けたまま水がこぼれ出てしまうようなイメージです。

バストが上下左右に何度も動いてしまうとバストラインが崩れ、皮膚が伸びてハリを失い、バスト全体が垂れる原因になりかねません。

これはカップ付きインナーやブラトップで寝ている人、日頃からブラをしていない人も同じで、きちんと守られていないバストというのは内部から傷を負っています。

ナイトブラは寝ながらでもしっかりと揺れや圧迫、締め付けなどからバストを守り、流れていくのを防いでくれます。

育乳やバストケア効果はあるのか

昼用のブラを着けて寝たり、何も着けないで寝ると血行不良や冷え、脇や背中にバストが流れっぱなしの状態になります。

どちらにしてもバストを潰してしまうことなどからサイズダウンしてしまったり、左右の形がアンバランスになって型崩れ、垂れ乳の原因に。

寝る時に専用のナイトブラを着けることは重力や振動からしっかりバストを守り、内部のクーパー靭帯の損傷を防ぎます。

また流れていたバストを集めて正しい位置に定着させたまま包み込むことで育乳やバストケア効果も期待できるというわけなんです。

他にもナイトブラでバストを守ることは安眠にもつながります。リラックスした状態で良い睡眠がとれれば、美バストに必要な女性ホルモンの減少を抑える効果も期待できますよ。

ブラグランデ Tokyo

ナイトブラを着けて寝るだけで得られるメリット5つ

ここからはナイトブラのメリットについてさらに深堀してご紹介していきたいと思います。

次にデメリットもご紹介しますが、デメリット以上にメリットに魅力を感じるなら是非ナイトブラを試すべきだと思います。

種類によっても色々な特徴や機能がありますが、ここでは一般的なナイトブラのメリットを5つあげていきますね!

  1. 胸の形をキープできる
  2. 血液やリンパの流れが良くなる
  3. 安眠をサポートしてくれる
  4. 乳首の黒ずみを予防できる
  5. 上半身の冷えを防げる

ナイトブラのメリットその1:胸の形をキープできる

やはりナイトブラの一番のメリットと言えば「胸の形をキープできる」ことです。

垂れ乳、離れ乳を予防することができるので、形が崩れることを防げます。ナイトブラは寝ている時の胸を支える作りになっています。

先ほども説明しましたが寝ることを想定していない昼用ブラで寝ると胸が流れてしまい、その結果垂れ乳や離れ乳となるのです。

ナイトブラの需要が高まっているとはいえ、ノーブラで寝る女性は全体の7割を占めているそうです。何も守られていないバストは垂れたり、萎んだり、さらに冷えてサイズが小さくなったりと最悪な状態となっています。

数年後の自分の胸のためにもバスト全体をしっかり覆ってくれるナイトブラはオススメです。

ブラグランデ Tokyo

ナイトブラのメリットその2:血液やリンパの流れが良くなる

昼用のブラにはワイヤーで寄せてあげるバストアップ効果があるものが多くあります。

そのブラを着用して寝るとナイトブラよりも強い締め付けで血液やリンパの流れが悪くなってしまうのです。

血液やリンパの流れが悪いと冷え性や肩こりの原因ともなるので、もし悩んでいる方はナイトブラにしてみるのも良いと思います。バストに対してだけではなく女性の体全体に効果を生み出すのです。

また締め付けが強いブラにはもう一つリスクがあります。それは陥没乳頭になってしまうことです。

最近ではこの陥没乳首になる女性が増加しており、締め付けが強いブラが影響していると言われています。もし陥没乳首で悩んでいるなら「ナイトブラ」に変えると乳首の悩みも解消できるかもしれません。

ナイトブラのメリットその3:安眠をサポートしてくれる

ナイトブラの大きな魅力の一つとして「安眠をサポートしてくれる」と言うのがあります。

ナイトブラは素材や着心地にこだわったゆったりとした着心地が特徴です。ごつごつとした余計な装飾も少なく睡眠の邪魔をしない快適な作りになっているものが多いようです。

他にも人は寝ている時に何度も寝返りをしますが、寝返りによる揺れや振動、圧迫にも負けず、バストを正常な位置に優しく固定したままバスト全体を守ることができます。

バストを潰してしまいその不快感で目覚めるといったこともありません。安心してぐっすり眠る時間が長くなればより良質な睡眠につながります。

また寝付くまでにかかる時間も短縮されるデータが出ており、人によってはナイトブラを着けないと寝られない!なんて声も。なかなか寝れないという人はナイトブラに変えてみても良いかもしれませんね。

ナイトブラのメリットその4:乳首の黒ずみを予防できる

バストトップが黒くなるのは摩擦による色素沈着なども原因の一つ。ムダ毛の処理をしている部分が黒くなるのは摩擦で擦れているからなのです。

そのためバスト全体をしっかりと包み込んでくれるナイトブラを付けることで乳首の黒ずみ予防にもなります。

バストトップは非常にデリケートな部分なのでパッドからはみ出てしまったり、ノーブラでいると直接衣服に擦れて肌トラブルを起こしたり、黒ずみを悪化させてしまいます。

そうならないためにもまずは黒くなる原因を少しでも減らすことが必要です。綺麗なバストトップであることも美しいバストの条件ですよね。

ナイトブラのメリットその5:上半身の冷えを防げる

意外と知られていない「バスト冷え」。特にバストの斜め下の部分は冷えやすく血行不良になりがちに。

女性ホルモンの乱れや肌のくすみ、栄養が行き届かずバストを小さくしてしまうといったさまざまな悪い影響があります。

夏場でも扇風機をつけていたり、エアコンを着けている時はかなり体が冷えています。ノーブラの方は特に上半身が冷えやすくなっているので要注意。

ナイトブラによってはそんなバスト冷えを防ぐ保温機能を持つものもあります。また昼用よりも面積が大きくなるのでナイトブラを付けるだけでもバスト全体を暖かく包んでくれますよ。

ルーナ

デメリットもあるの?種類やサイズを間違えない事!

続いてナイトブラのデメリットを解説していきたいと思います。

バストに効果があるナイトブラですが、着けて寝た時に「うーん…」と思うことも実際にあります。

今回は以上の4つの項目で解説していきます。

  1. 着心地を不快に思う
  2. 昼用に比べて地味
  3. サイズ選びが難しい
  4. 洗濯や収納が増える

メリットデメリット両方を知った上で、どのメーカーのナイトブラが良いか検討しても良いと思います。

種類によってはここにあげたデメリットに当てはまらないものもあるので、あなたの中の条件をクリアできるものが見つかると良いですね♪

ナイトブラのデメリットその1:着心地が悪く感じる

ナイトブラは脇や背中、胸下から脂肪を胸に寄せて着用します。そのため最初の内は締め付け感を感じることも。特に普段からノーブラで寝ているという方は慣れるまでは違和感を感じてしまうかもしれません。

そのため、中にはノーブラ時のときの開放感が恋しくて効果を感じる間もなくナイトブラを挫折してしまう人もいます。着けているうちに慣れることがほとんどですが、合わない人もゼロではありません。

しかし、ナイトブラを着けることで睡眠の質が低下してしまったら元も子もないので、締め付けやゴワつきを感じにくい種類のものを選ぶと良いかもしれません。

ノーブラはバストへの負担が大きくかかるものなので慣れるまではどうしても我慢は必要になります。最初の内は立ち姿勢の時に付けてみると良いかもしれませんよ。

ナイトブラのデメリットその2:昼用に比べて地味

ナイトブラは良質な睡眠の妨げにならないよう、刺繍やビジュー、リボンといった凝られた装飾がない場合がほとんど。

昼用のブラのように華やかなデザインのブラは可愛いですが、やはり眠るときには不向きです。

寝返りの時などに装飾が当たって胸を押しつぶしてしまったり、締め付けによって肩が凝ったり、息苦しかったりと睡眠が浅くなるだけでなく、目覚めも最悪です。

しかし、女性ですから彼氏との急なお泊りや勝負の時、女友達とスパや温泉に行く際も脱いだ時に恥ずかしくないデザインのものを着けていたい気持ちはよくわかります。

最近ではナイトブラもデザインの凝られたものを見かけるようになりましたが、何度もいうように睡眠の妨げにならない事が一番。

昼用ブラのような装飾や派手さはないにしても機能性もデザインも諦めない素敵なブラを着用できたら良いですね。

ナイトブラのデメリットその3:サイズ選びが難しい

ナイトブラはサイズ選びが難しいです。伸縮性があるためサイズ展開が限られていて初めて購入をする方は困惑してしまうかもしれません。

多くはS、M、Lだけだったり、中にはワンサイズのものもあります。ショップでは試着ができるのでまだ良いのですが、通販となると判断に迷う部分はありますよね。

通販で購入する場合の判断ポイントは2つあります。

  • 自分の正確なバストサイズを把握する
  • 口コミや目安表を見てサイズ感を知る

まず「自分の正確なバストサイズを把握する」です。通常バストの測定は何も着けない状態で測定します。正しい測り方は上体を倒した状態でバストの一番高いトップ部分を測定します。

また普段からきちんと測定してもブラがしっくりこない場合、昼用ブラを着けた状態で測定し、気持ち1㎝~3㎝差し引いてみてください。垂れ乳や離れ乳の場合、正規の測り方では合わない場合もあります。

次に「口コミや目安表を見てサイズ感を知る」です。メーカーによっても若干サイズが異なるので、気になるショップのリアルな購入者の声を知るのはとても大切。

「ショップ名 サイズ 口コミ」などと検索したみたり、販売サイトなどにサイズの目安表がないかチェックしてみましょう。見つからない場合は、直接問い合わせると間違いありません。

※サイズ目安表の一例

(参考:「ブラグランデ – BraGrande -」発売!

他にもバストの形状ややわらかさには個人差があります。カップがパカパカしていたり、締め付けが強くバストが潰れてしまったりとサイズの合わないものを着けてしまうと本来の効果を得られなくなります。

また万が一サイズが合わなかった際には、無料でサイズ交換できるサービスがあるところを選ぶと安心です。

ナイトブラのデメリットその4:洗濯や収納が増える

毎日昼用と夜用の2種類のブラを使用することになるので洗濯の手間や収納など全てが2倍になります。

またナイトブラはバストを包み込むしっかりとした作りになっているので面積が広く昼用のブラに比べてやや大きめです。下着ケースにしまう際にかさばってしまうという心配もあります。

旅行やお泊りとなると、昼用夜用をそれぞれ持っていかなければならないので荷物も多くなるといったデメリットも……。

ナイトブラによっては、アジャスターの調節ひとつで昼夜兼用できるものもあるのでこの際、四六時中育乳とバストケアができるナイトブラ一択にしてしまうのもアリだと思いますよ。

ブラグランデ Tokyo

なぜやめた?ナイトブラをしなくなった人の本音

一度はナイトブラに手を伸ばしたけど、様々な理由でしなくなってしまったという人も中にはいます。

ナイトブラをやめた人の声

  • 「寝ている時に何だかゴワゴワして寝づらかった(女性/31歳/接客・服飾系)」
  • 「機能性を重視しているからか、デザインが可愛くない(女性/29歳/事務職)」
  • 「胸が大きくなるって聞いて半年くらいつけたけど効果が分からなかった(女性/34歳/主婦)」

このように、やめた理由は主に3つ。
「寝心地が悪い」「デザインが可愛くない」「効果が実感できない」他にも「バストを覆って守る構造上、胸が目立って恥ずかしかった…」という声も。

また「すぐにバストアップできると思った」という人、「普段からノーブラで寝ている」という人は比較的やめてしまう傾向が強いようです。

ナイトブラをしないとバストは枯れていくの?

ここでもう一度立ち止まって考えてみてください。

女性のバストは25歳を超えて30代、40代と年齢を重ねるにつれて徐々に変化していきます。上を向いた若く美しいバストはいつの間にか枯れた花のように下に向かって萎んでいってしまいます。

ナイトブラが必要な本当の理由はただひとつ。
睡眠時の外的要因によってバストがさらに老いて枯れていってしまうのを防げるんです。

また快適な睡眠を邪魔しないため飾らないデザインのものが多いですが、種類によってはシンプルでもとてもセクシーにみえるオシャレなナイトブラもあります。彼氏とのいざという時のお泊りにも安心です。

着心地にも配慮されて圧迫感のないノンワイヤーや太紐を採用し肩の凝らない設計にしているものも続々と出ていますので、「ノーブラ派だったけどこれなら気にならないかも」というとっておきのナイトブラが見つかるかもしれません。

30代からは特に機能性のあるブラでしっかりバストを守る事がとても重要です。バストの成長は若い頃で止まってしまいますが、育乳は何歳からでも始められます。

ただバストを大きくするよりも、美しいバストを目指すほうがよっぽど魅力的ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

効果の感じ方は人それぞれ……。けどそれはあなたに合ったナイトブラに出会えていないからかもしれません。

またどうしてもバストアップが諦められない!という方はマッサージをしたり、上半身を冷やさないこと、昼用ブラもきちんとあなたのバストにフィットするものを着用するようにしましょう。何よりバストを守ることを忘れずに!

興味はあったけどなかなか手を出せないでいたという人や一度はやめてしまったけどやっぱりこれ以上バストが垂れるのは嫌だという人も、どんな種類のナイトブラがあるのかこの機会にチェックしてみてはいかがですか?

化粧品と同じように、ブラも年齢に合ったお手入れをするのが大人女性の常識になりつつあります。ぜひワンランク上の自分磨きにナイトブラを取り入れてみてくださいね♪

自分磨き