やわらかいは正義!マシュマロおっぱいを手にする為の5つの秘策
UPDATE:2019.09.18

やわらかいは正義!マシュマロおっぱいを手にする為の5つの秘策

悩み自分磨き

女性が憧れて男性が好きなおっぱいと言えば、マシュマロのようにふんわりとしたおっぱい。通称マシュマロおっぱいですよね。おっぱいの90%は脂肪で出来ていますから本来であればおっぱいは柔らかいのですが…

「胸が固くて彼氏があまり触ってくれない」
「昔から柔らかくなくて…マシュマロおっぱいになりたい…」

このようにおっぱいで悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。という訳でこの記事では、おっぱいが柔らかくなくなってしまう理由と共に、今からでも遅くないマシュマロおっぱいの簡単な作り方を伝授したいと思います。誰もが憧れ柔らかいマシュマロおっぱいは簡単に作る事が出来るんです!

そもそも何でおっぱいは固くなっちゃうの?

上記で述べたように胸の90%は脂肪で出来ている訳ですから、全ての女性の胸は本来マシュマロおっぱいでなければおかしいのです。それなのになぜ固い胸の人と柔らかい胸の人がいるのか…胸が固くなてしまった人の理由をまずは説明していきます。

筋トレが原因

ハリのある柔らかい胸を手に入れようと筋トレを頑張っている女性の方は多いでしょう。胸の土台部分である筋肉を鍛える事で土台が安定して綺麗な胸のハリをいつまでも保つ事が出来る訳ですが、きちんとした筋トレの方法でなければ胸が固くなってしまいます。

鍛えるべき筋肉が違い、異なる部分にアプローチしてしまうと、ただ単純に胸板が厚くなってしまうだけだったり、腕や肩だけが逞しくなり理想となる柔らかな胸を手にいれる事ができなくなってしまうのです。筋トレでマシュマロおっぱいを手に入れるコツは以下で詳しく解説していきます。

冷えが原因

胸が固くなってしまうもう一つの原因は冷えです。胸は体から出っ張っている部分になりますので他の部位に比べて冷えやすいパーツであると言えます。体が冷えると酸素や栄養素がスムーズに体内を循環しませんので、皮膚や筋肉悪影響を与えます。同時にリンパの流れも悪くなりますので、老廃物が蓄積し新陳代謝が低下。皮膚や筋肉の再生にも悪影響をきたします。

脂肪は体を冷やさないようにする働きがある一方、一度冷えると温まりにくくなるという特徴があります。胸の9割は脂肪で出来ている為に、冷えると固くなり弾力性が失われます。常日頃から冷え性で悩んでいる方は胸が固くなりやすい傾向にありますので注意しましょう。この場合は冷え性を改善する事でマシュマロおっぱいを手にいれる事が出来ます。

強張りが原因

疲れていると肩や首が凝りますよね?それと同じでおっぱい周辺の筋肉も緊張や疲れが原因で凝り固まります。筋肉が強張ると胸の柔軟性や弾力性が失われてしまいますから固い胸になってしまいマシュマロ感はなくなってしまうのです。

胸は背面の僧帽筋と呼ばれる筋肉からも支えられています。この僧帽筋や胸周辺の筋肉にコリがあると胸が固くなると言われています。最近の女性は特に筋肉の強張りにより硬いおっぱいになってしまっていると言われていますが、その原因は長時間にわたるパソコンの使用や携帯の使用が原因です。コリを防ぎマシュマロおっぱいを手に入れる為には、長時間決まった姿勢で筋肉疲労を蓄積させない事が大切です。

マシュマロおっぱいを手に入れる為の方法

という訳で胸が固くなってしまう原因や理由を上記で説明してきましたが、ここからはプルプルの柔らかくて弾力があるマシュマロおっぱいを手に入れる為の方法を紹介していきます。

現在胸が固くて悩んでいるという女性も安心して下さい。何歳であっても…今からでも日々のトレーニングでマシュマロおっぱいはゲットできるのです!

リンパの流れを良くするマッサージ

胸周りのリンパや筋肉が凝っているせいで胸が固くなってしまっている可能性があるので、まずはリンパをマッサージして解きほぐして上げる事が大切です。バストクリームやオイルを使って行う事で更に高い効果を発揮できます。

  1. 二の腕から脇の下に向かって流す
  2. 脇の下をしっかりとほぐすような感覚で行う
  3. 脇の下からバスト外側~下~中心に向かってゆっくりとマッサージする
  4. 両胸の中心にあるツボをゆっくりと3秒間プッシュする
  5. バストと反対側の手を使って、わき腹から背中あたりのお肉を持ちながらバスト上部に向かって流していく
  6. 両手でバスト全体を丸く包み込むように感覚で仕上げる
  7. バストトップ~デコルテ~耳下のリンパ筋まで下から上に向かって引き上げるようにマッサージする
  8. 後ろで手を組みながら引っ張るような感覚で顔を上に伸ばしバスト全体をストレッチする

このようにしっかりと胸全体の筋肉やリンパの流れを良くするようなマッサージを毎日10分程度行いましょう。血流が良くなるお風呂上りやお風呂に入っている時に行うのが最も効果的です。毎日行うのが大切なので、忘れないようにしましょう。

僧帽筋を鍛える

筋肉の凝りや衰えが原因で首や肩凝り、猫背になってしまったら僧帽筋を鍛えるのが効果的です。筋肉を鍛える事で胸の筋肉をほぐして柔らかいマシュマロおっぱいを手にする事が出来ます。僧帽筋は背中にある筋肉なのですが、ここを鍛える事で猫背解消する事もできますから、いつまでも綺麗で整った胸をキープする事ができるという効果もあります。

  1. 足を肩幅よりも開きつま先を立てて上半身を支える
  2. 対角線上に手と足を伸ばして身体がぶれないようにキープ

これを両方行う事で効率的に僧帽筋を鍛える事が出来ます。ジムで背中を鍛えるマシンを使うのが最も効率がいいのですが、自宅で出来る上記の自重トレーニングでも十分な効果を発揮する事が可能なので、まずは自宅で行うのが良いでしょう。

正しいブラジャーを選ぶ

綺麗で柔らかいマシュマロおっぱいを維持するのに必要なのは美乳を記憶させる正しいブラジャーの選択です。上記のトレーニングで胸が柔らかくなっても、自分にあっていないブラを装着していると全てが台無しになってしまい、せっかく綺麗で整った胸を手に入れても全て無意味になってしまいます。

正しいブラジャーをつけて理想的な形と柔らかさを体に記憶させる事で美乳は完成していくのです。サイズ選びのポイントを以下でまとめますので是非参考にしてみて下さい。

  1. 姿勢を正した状態で息を吸い込みきつくない物
  2. カップサイズに悩んだ時は大きい方を選ぶ
  3. アンダーは絶対にジャストサイズで選ぶ

ちなみにストラップは比較的太めの物で外側についているものを選ぶのがいいです。太いものは胸の重みをきちんと支えて吊り上げてくれますし、外側についていると胸のはみ出しを防いでくれるという効果もあります。

乳腺を発達させる

硬い胸は沢山脂肪をつけると柔らかい胸になります。これは単純明快な方法ですよね。硬い胸の人は脂肪が足りない可能性があり、それならば脂肪を胸にだけ沢山つければ良いという訳です。

胸は90%が脂肪で出来ていて、残りの10%が乳腺で出来ています。乳腺を守ろうと脂肪がまわりについて胸は大きくなっていくという仕組みになっています。つまり胸にだけ脂肪をつけるには乳腺の活動を発達させれば良いという訳です。

乳腺の発達にはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンを活発化させる必要があり、この女性ホルモンが活発になる事で乳腺を発達させて胸に脂肪をつけて大きく柔らかくする事が出来ます。

女性ホルモンの分泌を整えるのに必要な事は…

  • 適度な運動
  • 適切な食事
  • 質のいい睡眠

この3点が非常に重要です。食事はたんぱく質中心を意識して、毎日適切な運動を心がけます。毎日コツコツと習慣にする事が大切なので、ジムに通ったり、毎日自宅に戻ってから筋トレをしたり、軽く走ったり…何でもいいので毎日必ず運動をするようにしましょう。

すると疲れから質のいい睡眠も取れるようになります。胸を大きくするには寝ている間に分泌される成長ホルモンがとても重要なので、毎日少なくても7時間の質の良い睡眠は必須です。以上3点を心がけることで乳腺の活動を発達させる為に必要な女性ホルモンが分泌され、乳腺を守る為に胸に脂肪が蓄積しやすくなるという良い循環が生まれます。

胸に脂肪が沢山つく事でマシュマロおっぱいになっていきますので、上記3点を常に心がけた生活を送るようにしましょう。

冷えを解消する

上記でも説明したように硬い胸の原因が冷えである方はとても多いです。そういう方は水分補給をこまめにして血流の流れを改善する必要があります。血流と水分補給は実はかなり密接な関係があり、身体の水分量が不足すると血液の水分量が減って血流が悪くなります。血流が悪くなると体の隅々まで血液が行き渡らなくなり冷えの原因になってしまうのです。

という訳で1日最低でも1リットルから2リットルの水分を補給するようにしましょう。喉が渇いたから飲むのではなく、冷えを改善する為に飲むという事を意識するといいと思います。

更に冷えを解消するのに最適なのはお風呂で湯船に浸かるというものです。最近ではお風呂は浸からずシャワーだけという方が多いかもしれませんがこれは冷えを助長させてしまう原因の一つです。体が冷えてしまうと脂肪がどんどん硬くなってしまうので、硬くなった体を温める為にも湯船に入るのはとても効果的です。38度くらいのぬるめの温度で10分~20分程度は必ず浸かるようにすると冷え改善に効果的で、血行の循環が良くなるだけでなく睡眠の質も向上していきます。

まとめ

理想のマシュマロおっぱいを手に入れる為の秘策を5つ紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。自分の胸が硬い原因は何か…という事をまずは探ってみるのが良いでしょう。筋肉不足や運動不足が原因であれば女性ホルモン分泌で柔らかくなりますし、慢性的な冷え性持ちで冷えが原因である可能性が高いのであれば冷えを改善する事でマシュマロおっぱいになります。

何が原因でマシュマロおっぱいじゃなくなってしまったのかをしっかりと把握し、自分に合ったより良いトレーニング方法を模索してみるのが良いかと思いますよ!

悩み自分磨き