胸の谷間で女性の脳は変化する!コミュ力がUPする3つの理由
UPDATE:2019.08.29

胸の谷間で女性の脳は変化する!コミュ力がUPする3つの理由

人間関係悩み

女性らしさの象徴である「胸」はセクシーな女性の特徴の一つとしても知られ、そんな胸によって出来る「胸の谷間」は男性をドキドキさせることが出来ますよね。自分の胸の谷間が見えると女性としてなんだか自信が付いたように感じる…そんな女性もいる一方で、バストサイズが控えめでなかなか思うように胸の谷間が出来ないことに悩んでいる女性も少なくありません。

女性と幸福度には一体どんな関係があるのか?その関係性を追求すべく、女性下着メーカーとして有名なワコールが「谷間向上研究所」を発足。そして、そんな谷間向上研究所の活動の一環として行われたのが杏林大学名誉教授・古賀良彦さんによる「ブラジャーを付けて胸の谷間を作ることによって、一体女性の脳にどんな変化が現れるのか?」ということを検証するための実証実験です。

この記事では実証実験の内容やどのような結果が出たのかということについてご紹介させていただきたいと思います。

実験の概要について

まずは古賀良彦教授による「ブラジャーを付けて胸の谷間を作ることによって、一体女性の脳にどんな変化が現れるのか?」という実験がどのような条件下で行われたのかということについてご紹介していきたいと思います。

古賀良彦教授は昭和46年慶應義塾大学医学部卒業、昭和51年に杏林大学医学部精神神経科学教室に入室し平成2年に助教授となり、同11年に主任教授となりました。そして現在は慶應義塾大学の名誉教授をされています。日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会名誉会員、日本催眠学会名誉理事長、日本ブレインヘルス協会理事長という肩書も持っており、「香りや食品が脳機能に与える影響の精神生理学的研究」が専門分野となっています。

実験概要は以下のようになっています。

  • 実験施行日…2019年3月21日
  • 実証実験者…古賀良彦教授
  • 調査対象…20代女性(9名)
  • 被験者条件…実験時健康に問題がない右利き、胸の手術等を経験していない
  • 検証方法…前頭葉血液量測定実験、自律神経効果測定実験、情緒測定アンケート

実験の結果、コミュ力が上昇することが判明

上の実験概要だけでは何のことかがよくわかりませんよね。これから古賀良彦教授が行った実験内容についてご説明していきたいと思います。

まず、被験者として集まってもらった20代の9名の女性のために2種類のブラジャーを用意します。1つはつけると胸の谷間が出来るブラジャーで、もう1つはつけても胸の谷間が出来ないブラジャーです。そして、それらのブラジャーを着用したままニュース映像についての話題を別の女性と1対1で3分間話し、その時に脳の血液の量がどう変化していくかを観察するという実験となっています。

この実験の結果、胸の谷間が出来るブラジャーを付けているときは、胸の谷間ができないブラジャーを付けている時に比べて、言語を話す能力が活性化され、自律神経の働きがアップ。更にポジティブになるという結果が出たのです。

胸の谷間で女性の脳が変化する理由3つ

それではこれから、胸の谷間が出来るブラジャーを付けていると一体どのような仕組みで女性の脳が変化するのかということについてご紹介させていただきたいと思います。しっかりと実験の内容を知ることで胸の谷間と女性の脳の関係について知ることができるはずですよ。

理由その1「左の前頭葉の脳血液量が増加」

まず、言語を司っている左の前頭葉の脳血液量が増加することで言語能力がアップしているこということが明らかになりました。以下が検証方法となっています。

◆検証方法

XブラとYブラ、2種類のブラジャーを着用のうえ、ニュース映像の内容を題材に、それぞれ3分間、1対1の会話が実施された(会話相手は女性)。会話時の前頭葉16部位の血液の変化量が、近赤外線スペクトロスコピー(右画像:Spectratech OEG-16ME)で計測され、Xブラ着用時とYブラ着用時の差異を比較検証。着用順による影響がないよう、被験者9名のうち5名はXブラを先に着用、他4名はYブラを先に着用したうえで、それぞれ会話が実施された。

引用元:胸の谷間があると女性のアクティブ度、ポジティブ度が向上するってホント?

実験では1対1で女性と会話をするときに、胸の谷間ができないXブラジャーよりも胸の谷間が出来るYブラジャーをつけている方が言語能力を司っている左の前頭葉の脳血液量が増えているということが検証によって明らかに。更に、左側前頭葉の血液量を部位別に比較してみると、どの部位でも脳血液の量が増加していることがわかり、その結果、胸の谷間が出来るYブラジャーを着用している時は、胸の谷間ができないXブラジャーを着用しているときよりも脳血液量の増加の平均値が2倍以上もアップしていることがわかったのです。

これはつまり、言語を司っている左の前頭葉の脳血液量が増加したことからもわかるように、胸の谷間が出来るYブラジャーを着用したことで言葉を話す能力が活性化され、よりコミュニケーションが活発になったと考えることが出来るのです。

理由その2「自律神経の活動量が2倍に」

そして、更に自律神経も変化しています。

◆検証方法

ウェアラブル心拍センサー(右画像)を被験者の左胸下部に直接装着。XブラとYブラ、それぞれのブラジャーを着用後、自身の姿を鏡で目視(約1分)、その後指定のTシャツを着用し、さらに鏡を目視(約1分)してもらう。 センサーから得られた心拍間隔(RR間隔)波形を周波数解析することで、心拍変動の低周波成分(LF)と高周波成分(HF)に分解し、自律神経の活動量(トータルパワー)が計測された。

引用元:胸の谷間があると女性のアクティブ度、ポジティブ度が向上するってホント?

胸の谷間ができないXブラジャー、胸の谷間が出来るYブラジャーのそれぞれを着用した時の自分の姿を鏡で見てもらい、その間の自律神経がどのように活用しているのかということを測定し、更に1対1での会話実験を行っている間に自律神経の活動がどのように変化していくのかを測定。

すると胸の谷間ができないXブラジャーを付けている時よりも胸の谷間が出来るYブラジャーを付けている時の方が心拍変動の低周波成分と高周波成分が高くなり、自律神経の活動量が約1.8倍増加という結果が出ました。つまり、胸の谷間が出来るYブラジャーの方が、被験者である女性の活力がアップしたということです。

理由その3「ポジティブになる」

また、女性の「自信」「ポジティブさ」「幸せ」という気持ちが高まるということも実験結果から示されています。

◆検証方法

VAS法※による、「情緒」に関する10項目のアンケートと、「着用感」に関する4項目のアンケートを、Xブラ着用時の実験後、またYブラ着用時の実験後、それぞれで実施。Xブラ着用時とYブラ着用時で、有意な差があるかどうか検証が行われた。

※VAS(Visual Analog Scale)法
感覚や感情の強度を評価する際に用いられる手法。白紙に100㎜の横線を引き、左が「最も良い」、右が「最も悪い」とした場合、現在感じる状況はどの程度かを縦線で引いて示す方法。右から何㎜の場所に縦線が引かれたかを定規で測り、その数値を比較検証する。

引用元:胸の谷間があると女性のアクティブ度、ポジティブ度が向上するってホント?

実験では「情緒」について尋ねる全部で10項目のアンケートを実施。その結果、なんと全ての結果で胸の谷間ができないXブラジャーよりも胸の谷間が出来るYブラジャーの方が良いという結果が出たのです。更にその中でも「幸せである」「わくわくする」「ときめいている」「嬉しい」「自信が持てる」「楽しい」「前向きになる」「ドキドキする」という8項目では胸の谷間ができないXブラジャーと胸の谷間が出来るYブラジャーで統計的にも有意の差が見られたのです。

杏林大学名誉教授によるコメント

では、今回の実証実験を行った杏林大学名誉教授はこのような実験結果が出たことにどのようなコメントをしているのでしょうか?以下で杏林大学名誉教授のコメントを引用します。

ブラジャーを着用し谷間をつくるという行為が、脳や自律神経の機能、そして自分自身の気持ちにどのような影響を与えるかを検証したのが今回の実験です。

予測したよりはるかに顕著な結果が得られ、脳の機能は活性化し、特に言語によるコミュニケーション能力が高まること、さらに自律神経の活動が程よく亢進することが明らかになりました。気持ちはポジティブになり、活力が増すことも分かりました。

胸の谷間は通常衣服に覆われているものの、谷間が強調されているという自覚を持つことによって、自身が女性であるというアイデンティティが強まり、積極性やハッピーな気持ちがもたらされたものと推察されます。

そのような気持ちの変化を支える脳や自律神経の働きも活性化されることが客観的に示されたことが、この研究の成果だと思います。

引用元:胸の谷間があると女性のアクティブ度、ポジティブ度が向上するってホント?

まとめ

被験者は9人でしかも20代と同年代であること、そして女性下着メーカーであるワコールの研究であることを考えるとまだまだ研究結果の信憑性については薄いと言えますが、杏林大学名誉教授も「予測したよりはるかに顕著な結果が得られ」と話している通り、想像していたよりもはっきりとした結果が現れたこともわかっています。

胸の谷間は女性にとって自信に繋がるものですよね。そんな胸の谷間が女性の「自信」「ポジティブさ」「幸せ」に繋がるというのは言われてみればわかる気がします。胸の大きさは人それぞれ個性があり、大きい人がいれば小さい人もいるのは当たり前ですが、胸の谷間が出来るブラジャーを活用すれば自分で谷間を作ることが出来ます。あまり胸に自信がないという人はブラジャーを活用してみてはいかがでしょうか。

人間関係悩み