偽乳と本物の決定的な3つの違いとバレちゃうシチュエーション
UPDATE:2019.11.18

偽乳と本物の決定的な3つの違いとバレちゃうシチュエーション

悩み

いつの時代も女性は大きくて豊満なバストに強い憧れを抱くものです。バストが大きければ腰周りのくびれも強調する事ができ、大きなヒップを更に際立たせる事が出来るので女性特有のしなやかなで綺麗なスタイルを演出する事が出来ます。

しかし小さな胸を急激に大きくするなんて普通の生活を送ってい手は難しいですよね。日々の運動や食生活の改善などで育乳は出来ますが、それも長く継続的な努力が必要不可欠です。

そんな時にふと考えてしまうのが豊胸。つまり偽乳です。昔に比べたら技術の改善でかなり気軽になった豊胸ですが、それでも夫や大好きな彼にバレるのが怖くて踏み出せないという方が多いでしょう。偽乳と本物はどんな所が違うのでしょうか?彼にバレやすいシチュエーションと合わせて解説していきます。

偽と本物はどう違う?

シリコンバッグを入れたりヒアルロン酸を注入したり脂肪を注入したりと言った形で、偽乳を作る方法は昨今では多岐に渡り、値段も違います。しかし偽乳と本物の胸では決定的に違う点が3つあると言われています。その3つの違いとは一体何なのか…まずはその点から解説していきましょう。

自信

偽乳の女性は自分の胸に絶対的な自信を持っている方が多いのです。思春期の頃から少しずつ大きくなってきたナチュラルに大きな胸を持っている方は大きな胸を隠す傾向にありますが、偽乳で手に入れた偽りの大きな胸を女性はおおっぴらに見せる傾向にあると言われています。でもこれは良く考えれば当然のようにも思います。自分は大きな胸が欲しくて手に入れた訳ですから、それを見せびらかそうと思う気持ちは当然の感情です。

理想のバストを手に入れた女性は自分の大きな胸を隠そうという気持ちは全くありません。常に自信に満ち溢れていて、大きな胸を露出できるような服装を好む傾向にあります。反対にずっと胸が大きな女性は恥ずかしいと感じて隠す傾向にあります。大きな胸と見せびらかしているか隠しているか…手術などで大きな胸を手に入れたのに隠す女性は普通はいませんから、自分のバストに対する自信でその女性が豊胸したのかしていないのかを判断する事が出来るようです。

触感

当然の事ですが豊胸は胸の中にシリコンや脂肪を注入して大きくしている訳ですから、何の作用も施していないナチュラルな胸と比較すると大きく触感が異なります。簡単に説明すると柔らかさに大きな違和感があるという訳です。

豊胸したバストは筋肉などで硬くなっている事が多く、ナチュラルな女性のバストの胸の柔らかさと比較すると段違いです。男性であっても触った時に違和感を感じる可能性は非常に高いと考えて良いでしょう。骨のように硬いバストになっている人も多くいると言われています。

見た目

偽乳は見た目でも簡単に判断する事が出来ます。最近の技術であれば高いお金を支払う事で偽乳であっても柔らかくてナチュラルなバストを作る事は可能なのですが、見た目の違和感や不自然さは払拭するのが難しいです。そもそも違和感がある位に美しくて綺麗なバストを作りたいと考えるからこそ豊胸をする訳ですから当人にしては違和感があっても綺麗なほうが良いという方がとても多いんですね。

見た目で偽乳を判断する場合に見る事が多いのは横乳です。横乳が不自然すぎるくらい丸い場合であったり、乳首や乳輪も偽乳では大きな違和感があります。乳首や乳輪はバストの大きさに比例して大きくなっていくので、巨乳の人はそれなりに乳首や乳輪が大きいのが自然です。しかし豊胸の方は元々は小さな胸だったので乳首や乳輪のサイズはそのままですから、バストの大きさと比例していかないという訳です。

天然で胸が大きな人はそれに比例して乳首や乳輪は大きく発達していくはずです。元々胸が小さな人は豊胸したからといって乳首と乳輪が成長する訳ではありませんので、このバランスに違和感が発生してしまうという訳ですね。

偽乳がバレちゃうシチュエーションとは

小さな胸がコンプレックスで豊胸手術をした事があるという女性はとても多いです。パーソナルな部分ですから周りの人には言わないでコッソリ行う事が多く、大好きな彼に豊胸がバレるのが怖いという方も多いでしょう。彼と出会う前に豊胸手術を完了していれば彼からすれば彼女は元々胸の大きな女性という事になりますからね。

という訳で大好きな彼や夫に偽乳がバレてしまう一般的なシチュエーションを紹介していきたいと思います。

触られた時

男性に最もバストの違和感を感じさせてしまうシーンは触られた時です。カップルであればいずれはセックスをするはず。その時に胸に全く触らない男性なんていませんよね。男性は視覚と触覚で基本的にはセックスを楽しむものですし、胸が嫌いな男性はいませんから必ず揉み心地を確認します。その時に違和感を感じてしまうのが豊胸した胸です。

シリコンバッグで豊胸手術を行なった場合は触られた時にかなり高い確率でバレると思って良いでしょう。最も触感で違和感を感じさせやすい手術なので、バストが非常に硬くなりますから、男性でも高い違和感を感じます。

ヒアルロン酸の注入による豊胸もバレる可能性が高いです。大量に注入して一気にバストを大きくすると肩さが際立ちますのでバレます。豊胸用のヒアルロン酸は顔に注入するものと比較するとい粒子が粗く硬い材質で出来ているので、注入した後に思ったよりも硬くなったと感じる女性がかなり多いと言われています。

最もバレにくいのが脂肪注入による豊胸手術です。注入するのが元々バストの素材である脂肪ですから、注入した直後は違和感がありますが、注入した脂肪がバストに定着すれば本来の胸と変わらない触感になります。経験豊富な男性であればもしかしたらバレてしまうかもしれませんが、それでも大抵の男性であれば全く気付かないでしょう。

傷跡を見られた時

続いて彼に豊胸がバレてしまうのは傷跡を見られた時です。豊胸は手術ですから当然メスを利用します。バスト付近に傷がつくなんて普通は考えられませんから、豊胸手術の知識が全くない男性であっても胸についている傷については違和感を感じるのが当然と言えば当然でしょう。セックスの時などお互いが全裸になって油断している時に見つかってしまうケースがとても多いです。

ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸の場合は、手術で切開はするものの切る範囲は数ミリなのでほとんど目立ちません。ジックリ観察すればかすかに判断できる程度なので気にする必要はないでしょう。

問題はシリコンバッグを豊胸手術でいれた場合です。脇を切開して挿入するという方法が一般的なので、傷跡は数センチほど残ります。シリコンバッグの大きさや種類によっては乳房の下から挿入する事もありますので、その場合は脇よりも傷跡が目立ってしまいます。自分の元々の胸のサイズがどれ位で、どれ位の大きさにしたいかで残る傷跡の大きさが違うのでシリコンバッグを使った豊胸手術です。

仰向けで寝た時

普通のバストは仰向けで寝た時は胸が横に流れますよね。見た目の変化が全くないという違和感から偽乳だと気付かれるケースは多くあります。夜間眠っている時は温泉施設などでくつろいでいる時などの油断している時にバレるケースが多く、自然な流れをしないバストに違和感をもたれてしまうのです。

ヒアルロン酸による豊胸はそこまで硬い触感ではありませんので割と自然にバストは流れになりますので割とバレません。同様に脂肪注入であっても、注入した脂肪がバストに定着すれば自然な流れになりますので全くバレないと言っても良いでしょう。

こちらも問題はシリコンバッグを使った豊胸です。かなり硬い材質を使うケースが多いので、仰向けに寝た時も自然に横に流れる事はなくたっている時と同じ形をバストが維持してしまいます。仰向けになっているのに胸が流れないというのは見た目的に大きな違和感があるのでバレる原因の一つと言えるでしょう。

簡単な偽乳の作り方

ここまでは手術による一般的な偽乳の作り方やバレるシチュエーションなどを紹介してきましたが、手術をするのは怖い…という方向けに簡単に偽乳を作り出す事が出来る方法を紹介していきたいと思います。

ガムテープ

ビックリしている方も多いかと思いますが、実はガムテープは一時的な偽乳を作り出すアイテムとしてはかなり優秀です。どこでも安価で購入する事ができるので、気になる男性とのデートなどに用いるのが良いでしょう。ただしその日にエッチをする気配があったら危険です。そういった危機回避は個人でそれぞれ行ないましょう。

ガムテープを使った簡単な偽乳の作り方は、偽乳の土台となるスポンジ、もしくは靴下などを胸の下にいれ、その状態をキープしたまま胸を固定するようにガムテープでプロテクトするというものです。背中が開いた洋服を着る時にブラをつけられないときなどに有効ですが、肌が弱い方や、今日もしかしたらエッチをするかもしれないという場合は絶対に禁止です。

ヌーブラ

簡単に偽乳を作れる商品と言えば女性の強い味方であるヌーブラですよね。体に直接貼り付けられる粘着式のもので、胸に優しい柔らかい素材で出来ている為に感触も良く、価格はピンキリですが店舗やネットなどで簡単に購入する事が出来ます。

簡単にバストを大きく見せる効果があり、何度も貼り付けることができる粘着力がありますので、高いものを購入しても何度も使い続ける事ができるので経済的です。こちらもガムテープと同じで、もしかしたら今日彼の前で裸になる可能性がある…という場合は絶対につけないようにしましょう。男性からすると目の前で女性がヌーブラをぺりぺり剥がしている姿は見たくないもので萎えてしまいます。

まとめ

女性の憧れである大きなバストを作る事ができる豊胸。偽乳と本物乳の違いやバレてしまうシチュエーション、胸にメスをいれるのが怖いという方の為の簡単な偽乳作りを紹介してきました。大きなバストは女性の憧れではありますが、長い時間をかければ育乳も出来ます。豊胸手術よりもまず先にそちらを考えつつ、メリットデメリットを吟味した上で考えていきましょう!

悩み