不妊治療の連続が影響!?不妊様にならないための5つの対処法
UPDATE:2019.10.15

不妊治療の連続が影響!?不妊様にならないための5つの対処法

悩み

最近巷でよく言われている「不妊様」という言葉をご存知でしょうか?「夫婦で避妊をせずに定期的に夜の営みをしているにも関わらず2年以上たっても妊娠しない」というのが定義とされており、なかなか赤ちゃんができない女性がなってしまうものです。

子供が欲しいのに妊娠できないことから他の人の幸せな話や報告にイライラしてしまい、周りに八つ当たりをしてしまうとそれは「不妊様」かもしれません。

不妊様になってしまうのは一体どんなことが原因なのか?不妊様になってしまうと大切な友達をなくしたり、周りからウザがられたりしてしまいます。そうならない様にしっかりと原因を知り、対処していくことが重要です。悩んでいるのはあなただけではありません。落ち着いた気持ちを持って妊娠に励んで行きましょう。

「不妊様」と呼ばれてしまう理由は?

普通に妊娠するための努力をしている人と「不妊様」の違いは?「不妊様」は妊娠したという知人の報告が素直に喜べなくなったり、赤ちゃんや子供を盛るだけでイライラしてしまいます。

●「不妊様」と呼ばれ始めた原因

不妊様は自分の子供ができない、妊娠しないということを開き直って人に八つ当たりしたり、悪い態度を取ったりすることから。「一体は何様なの?」と皮肉を込めて”様”が付けられています。はっきり言うと良い事ではありませんね。気持ちは分かりますが、やはり周りの人には少し避けられしまいがちです。

不妊様の特徴

なかなか子供ができない人も「もしかすると自分の不妊様になってないかな?」と不安に思う人もいると思います。自分で感情をコントロールするのは難しいですが、一般的に言われている不妊様の特徴をご紹介します。もし当てはまる人は少し気を付けた方がいいかもしれません。

妊娠中や子供がいる友人・知人にイライラ

子供が欲しいという感情が大きくなり、囚われてしまうと妊娠している、子供がいる友人に対してイライラしてします。楽しそうに話をしているとか、SNSで家族の写真をアップしているとか、そういうちょっとしたことも不快な気持ちを持つようになってしまいます。

またそのイライラが強くなるとテレビの芸能人の妊娠のニュースや全く知らない妊婦にも過剰に反応してしまいます。生活していると当たり前にたくさんあるものがドンドンイライラの原因となってしまいます。

辛いアピールが激しい

「なかなか妊娠しない」「子供ができない」と辛いアピールが多くなるのも特徴の一つです。常にネガティブな気持ちになっているので聞いている方も嫌になってきてしまいます。不幸だということを押し付けるように言うようになったら危険のサインかもしれません。

不妊様になってしまう原因

分かってはいても「不妊様」になってしまうことはあります。そこにはなかなか子供ができない上で起こる原因がいくつかあるのでまとめました。自分が不妊様にならないためにも原因を知っておくことはとても大切です。

不妊治療でホルモンバランスが崩れる

ホルモンと妊娠は大きく関わっています。不妊治療中にホルモン剤が処方されることもありますが、これが原因でホルモンのバランスが乱れる人もいます。ホルモンのバランスが崩れると影響が出やすいのがストレスです。イライラが募ってしまったり生理周期が乱れたりもします。

なかなか止めることができないですが病院の先生にも相談をして対処してもらいましょう。これが大きな原因の一つになります。自分のせいだと追い詰めないことも必要ですね。

医療費がかさみストレスになる

不妊治療の医療費は決して安くはありません。また不妊様と呼ばれる定義にもある通り2年以上妊活をしていることも条件です。長く不妊治療をしているはずなので医療費も膨大なものになっているでしょう。

お金に余裕がある、ないは別にしていも高額な医療費はストレスになります。平均で100万円になると言われている不妊治療費ですが、長引いた人の中には1000万以上になったという人もいます。長くなればなるほどストレスは大きくなりますね。これだけお金を使ったのにと悲観的になってしまうかもしれません。

不安や焦り、精神的ダメージ

妊娠できない期間が長くなると自分の女としての価値がないのではないか?と不安になってしまいがちです。周りから優しい言葉をかけられたりすると一層落ち込んでしまいます。

またもしかしたら次はうまくいくかも?やっぱりだめだった…の繰り返しは精神的に大きなダメージになります。頭の中が妊娠のことでいっぱいになってしまい疲れてしまいます。

不妊様にならないための5つの対処法

精神的に追い込まれるとどうしても卑屈になったり、落ち込んでしまったりします。気を付けている人もで急にプツンと糸が切れたような感じにもなってしまいます。

どのようにしてその気持ちを抑えられるのか?最終的にはあなた次第ではありますが、うまくはけ口を作ることで落ち着きを保てるようになるはずです。

不妊治療は長い目で見て行っていく必要があります。無理せずにゆっくりと向き合っていきましょう。

1.不妊治療以外のことを考える時間を作る

不妊治療を行っている人に一番気を付けるべきとしているのがこれです。ずっと頭の中が妊娠のことになってしまうとどうしても悪いことばかり考えてしまい、不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。意識して考えないようにすることも大切です。

●旦那さんとの会話を楽しもう

特に中には旦那さんとの会話の大半を妊娠のことにしてしまう夫婦がいらっしゃますが、普段の会話も楽しむようにしましょう。2人で出かける時などはなるべく別の話題で盛り上がると気持ちもリフレッシュできます。

●注意点

注意点としては「考えないようにしよう考えないようにしよう」と自分を殺して我慢していると、一気に崩壊する時もあります。辛い時は辛いという思いをしっかりと旦那さんに伝えるようにしましょう。

2.自覚することが大切

今、自分がどんなことを考えていて、どんな風に周りの人を見ているのかを自覚することは大切です。自分の黒い感情から逃げていると良くない方向へ向かってしまいます。しっかりと向き合うことで「自分はこんな気持ちなのか」と気付かされます。

●思っていることを書き出す

頭でなかなか整理できない状況に要るので、まずは自分が思っていることを何でもいいので紙に書きだしてみましょう。実は一心不乱に紙に書きだすことはストレス解消にもなります。さらに目で見ることで、客観的に自分の考えを知ることができ対処できます。

●自分の気持ちを知ると周りが見える

不妊様になってしまう時は自分のことで頭がいっぱいになります。自分とちゃんと向き合い整理することで周りが見えるようになります。普段では気付けることも、状況によっては見えてこないものです。「悲劇のヒロイン」にならないように周りに気遣いができるようにしておきましょう。

3.自分一人だけだと思わない

不妊で悩んでいる人は日本中、世界中にたくさんいます。「自分だけ…」という考えで良い事が起こることはありません。一人で抱えこむと大きな負担にもなりますし、心理的にストレスになります。

●同じ仲間を見つける

悩んでいる仲間を見つけると精神的に楽になることができます。これは相手の女性も同じなので、不妊で悩んでいる人と同じ悩みを共有することはストレスの大きなはけ口になります。自分だけじゃないと思うことはとても重要なことです。

●注意点

仲間を見つけると楽になることは間違いですが。仲間が先に妊娠をすると一気に大きなストレスになる場合もあります。同じ仲間だと思っていたのにと…これは不妊様になる大きな原因の一つになります

対処方法としてはお互いに妊娠した時の約束ごとを決めておくと良いかもしれません。報告の仕方をあらかじめ決めておくとショックを小さくすることができるかもしれないですね。

4.黒い感情を持つことは悪いことじゃない

実際に妊娠の報告を受けたりした時に、自分と比較して黒い感情が出てしまうことはなかなか我慢できるものではありません。重要なので黒い感情を持っていることをしっかりと理解しそれを出さないことです。黒い感情を持つと「なんて私はダメなんだ」と負のスパイラルになってしまうこともあります。

●黒い感情を持ったことを認める

黒い感情を持ったことに対して自分をけなしたり、自己卑下するのではなく、しっかりと認めることが重要です。ネガティブな感情を嫌うのではなくその感情を認めて受け止めることで落ち着きを保つことができます。

この感情を表に出すか、自分の中で消化するかこの差は不妊様になるかならないかの分かれ目なのです。

5.落ち込みそうな場面から逃げ出す

電車に乗っている時に赤ちゃんがいて気になるようなら、すぐに車両を変更する。職場で子供の話になりそうならトイレに行く。など黒い感情を生み出しそうな場面から逃げ出すことも重要になると思います。聞きたくない話、声、光景になりそうな時はその場からいなくなるというのも一つの手です。

●助けを出せる人を作る

職場の上司、旦那さん、自分の母などすぐに話ができる人を持っておくことも良いと思います。同じ相手ばかりだと相手の負担にもなるので数は多い方がいいかと。ヤバイと思ったら話を聞いてくれる味方は多ければ多いほど良いと思います。

まとめ

不妊治療が続くと精神的に追い詰められてネガティブな気持ちになってしまいます。長い戦いにもなるのでうまくストレスを吐き出していきましょう。

この記事では5つの対処法をご紹介しましたが、他にも方法はたくさんあると思います。しっかりと自分を持って落ち着くことが大切になります。時には糸が切れてしまいそうになると思いますが、そんな時は誰かに甘えても良いのではないでしょうか?

この記事を読んで不妊治療で悩んでいるか女性が少しでも楽な気持になってもらえれば幸いです。心からあなたを応援しています!

悩み